リボ払いを続けると40万円損します。

最終更新日:2021年2月22日

リボ払いを続けると40万円損します。

気になるその方法は?

金利が安いカードローンに乗り換えることです。リボ払いは消費者金融並みに高い年18.0%の金利がかかります。
そのため驚くことに、利息だけで数十万円も取られている場合があるのです。

リボ払いを続けると40万円損します。
その利息を少しでも減らすなら
今の返済額のまま、金利の低いカードローンに
乗り換える
ことで、トータルの支払額を
減らすことができます。
おすすめの
金利の低いカードローン会社
  • カードローンのご返済は月々1,000円から
  • 金利年1.8%~14.6%

カードローンに乗り換えると利息や返済期間がどれくらい変わる?

80万円を毎月2万ずつ返済する場合、約40万円も安く1年8ヶ月も早くあなたの返済が終わります!
上記の図であるように毎月同じ金額を返済しているにもかかわらず、
これだけ損をしているかも…!
最終的には利息で約40万円、返済期間で1年8ヶ月もの差がでてしまうのです。
  • カードローンのご返済は月々1,000円から
  • 金利年1.8%~14.6%
カードローン借りてもバレない?
リボ払いからカードローンに乗り換えても、
ご家族やご友人にバレる心配はありません
なぜなら、郵送物をなしに設定でき、ATMで返済すれば通帳に記入されることもないからです。
簡単3ステップ!

金利が高いリボ払いから、カードローンへの乗り換え方法

返済ステップイメージ
カードローンの借入れはコンビニからもできるため移動の手間も少なく済みます。
また銀行カードローンの場合、銀行のキャッシュカードをすでに持っていればキャッシュカードからでも借入れが可能。手続きが完了次第、すぐに借入れができます。
  • カードローンのご返済は月々1,000円から
  • 金利年1.8%~14.6%
実はあまり知られていない!?

リボ払いが怖いと言われる3つの理由

  • 理由1
    危機感を抱きにくい
    理由1:危機感を抱きにくい
    少額でも毎月支払いを続けていると「返済している」と勘違いしやすいです。クレジットカードと同じ感覚になりやすいですが、先にお金を借りるカードローンと実は変わらないのです。
  • 理由2
    金利が高い
    理由2:金利が高い
    リボ払いの金利は年15〜18%ほど。30万円利用した場合、毎月1万ずつ返すと1年で利息は58,000円になります。支払いが長引くほど支払う利息はどんどん大きくなります。
  • 理由3
    返済に終わりが見えない
    理由3:返済に終わりが見えない
    30万円の買い物をし、毎月1万円ずつ返済する場合、毎月の利息は4,438円。支払いの約半分は利息に取られていることになります。そのため、いくら支払っても支払い残高が減らず、返済が終わらない状況が続いてしまうのです。

カードローンの3つの特徴

  • 特徴1
    日本人の約7人に1人はカードローンを利用
    特徴1:日本人の約7人に1人はカードローンを利用
    国内でのカードローン利用者は、全国に※1,800万人以上います。強引な取り立てなどは法律で禁止されているため、多くの人が安心して利用しています。※日本信用情報機構調べ
  • 特徴2
    スマホでサクッとお申し込み可能!
    特徴2:スマホでサクッとお申し込み可能!
    カードローンの申し込みはスマホで完結するものが多く、本人確認も免許証の写真をとって送ればOK。店頭に行って手続きしたり、書類の郵送は必要ありません。
  • 特徴3
    毎月の返済は1,000円から設定可能
    特徴3:毎月の返済は1,000円から設定可能
    カードローンの返済額は毎月1,000円から設定可能なので、リボ払いと変わらない負担で返済が可能です。もちろん指定銀行口座からの引き落とし返済もOK。
おすすめカードローン一覧
カードローン会社 実質年率 限度額 申込み
年1.8%~14.6% 最大500万円
年2.0%~14.0%
※1
最大800万円
※適用金利はお借り入れ額により2.0~14.0%で変動します
リボから乗り換えるならこのカード
厳選銀行カードローン2選
自分にぴったりな
リボの返済方法を検索!

あなたのこだわりに合ったカードローンを見つけるなら!
条件別おすすめカードローン特集