キャッシングアカデミー

最終更新日:

アコム・プロミス他、4つのキャッシングが妻にばれて別居中です

ストレスやパチンコギャンブルで気づけば借金200万円

私は30代の会社員です。レンタル店の店長をしています。年収は400万円弱です。妻と結婚し4年がたちます。子供はいません。以前より、私は買い物やギャンブルで浪費癖がありました。

結婚する時、200万円ほどの借金がありましたが、妻には隠していました。仕事や、家庭でのストレスのせいか、ゲームやアクセサリーなどの買い物、パチンコ代、キャバクラなどの飲み代などの費用が給料のなかで大きくなっていきました。

限られた給料の中で家庭にいれる金額を保ったままでこうした費用を捻出するには、アコムなど消費者金融によるキャッシングしかありませんでした。また以前からの借金の返済分にも回していました。しかし、借金は膨らむ一方でした。

返済額が月のお給料を超えて、キャッシングの限界を感じた

毎月の返済額が、給料以上になる月も出てきました。そうなると、返済期日への遅れが出てきます。最初のうちは、私のところへ直接携帯電話での催促がきて、なんとか催促を隠していました。

しかし、借金を借金で返すこともできなくなり、返済の遅延がひどくなる一方でした。すると、カード会社からはハガキによる催促をしてきました。ハガキが見つかれば、すべてがばれてしまします。

私は仕事の合間を見つけて、郵便局へ行っていました。家にくる郵便物をすべて局留めにしていました。最初のうちはなんとか乗り切れましたが、あまりにも郵便の届きが不自然に思った妻が、郵便局に問い合わせ、局留めが発覚しました。これが、すべてのきっかけでした。

郵便局からの督促で400万円のキャッシングがついに妻にばれた

妻が郵便物に局留めとなった郵便物を取りに行ってしまいました。すると、当然、私宛の催促状が複数あることに気付きました。妻は、怒りを通り越したのか、いやに冷静な表情で真実のすべてを話すように私に迫ってきました。

その当時は4社から借りていました。アコム、プロミス、丸井カード、銀行系ビザカード。総額も400万円に迫る金額でした。月々も、10万円近い返済となる状況もありました。

妻には、今現在の借金と、結婚当初からの借金について全てを話しました。妻は、あきれかえった状況で、その日を境に、接する態度が変わってしまいました。

妻の信頼を失い別居状態で、今は任意整理をして一人で返済中です

借金の発覚後、1カ月くらい経ってから、妻から話があると言われました。私が嘘をついていた、借金を隠していた、借金の原因がストレスによる浪費、ということにひどくショックを受け、別居したいと言ってきました。

私への信頼がなくなったとのこと。結局、私が全て悪いので、別居となり、現在も進行中です。私の借金も、任意整理を行うことになり、債権者と和解交渉をし、返済額を圧縮して返済一本としています。

私自身、ブラックリストになってしまったので、今後10年は借金、ローンはできません。給料内で、現金を大切にする生活を今一人で送っています。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧