キャッシングアカデミー

最終更新日:

キャッシング申し込みの審査に通らない人が押さえるべきポイント4つ

Cache_06

気軽にお金を借りることができる消費者金融やカードローンですが、必ず審査を通過する必要があります。 そのため、「審査にとおるのか」と不安になる人も多いでしょう。 そこで今回は、キャッシング申込みの審査や流れについて、疑問に持ちやすいポイントも徹底解説します。ぜひ確認してください。

消費者金融・カードローンへの申し込み

それではまずはキャッシングの申し込みから審査までの流れについてカンタンに見ていきましょう。

申し込みの審査基準・流れとは

金融機関ごとに多少の違いはありますが、審査の流れは次のようになります。

  • 金融機関へキャッシングの申込み
  • 金融機関では、はじめに申込者の信用情報を審査します。
    信用情報機関や社内データベースに照らし合わせて、申込者の金融機関の利用履歴を調べて、遅延や延滞などの金融事故がないかを調査されます。

  • 属性(申込者の年収・勤務先など)を審査
  • 金融機関の担当者が申込者から提出された情報をもとに属性を審査されます。
    この際、申込者が申告した勤務先に本当に在籍をしているかを職場に電話をして確認をする「在籍確認」も行われます。

  • 融資の可否と融資可能額の決定
  • 金融機関の基準に則って融資の可否と融資可能額を決定し、申込者へ通達します。

審査項目や基準について、各金融機関は情報を公開していないため詳細な内容は分かりませんが、代表的な審査項目は以下のようになります。

項目 内容
本人に関する情報 年収
年齢
性別
独身か既婚か
子供の有無
同居家族の有無
保険の種類
学歴
など
仕事や勤務先に関する情報 勤務先名
勤務先種類
業種
社員数
勤続年数
雇用形態
役職
収入形態
など
借入情報(現在の状況・借入後の希望) 他者からの借入件数
借入金額
希望の借入金額
借入金の用途
借入情報(過去の利用履歴) ローンやクレジットカードの利用履歴
遅延や延滞の有無

消費者金融とカードローンでは審査に違いがあるのか

先に触れたとおり、各金融機関での審査項目や基準は公開されていないため、具体的にどのような違いがあるかを比較することは困難です。

しかし、申込み時に申請する項目がどの金融機関でも大きな違いがないことから、審査項目にも大きな違いがないことが推測できます。

審査は「申込者が貸したお金をきちんと返してくれるか」を判断するために行うものですので、審査項目に大きな違いがないことは容易に想像できますよね。

一方、審査の厳しさについてですが、一般的に銀行カードローンの方が消費者金融よりも審査通過が難しいと言われています。
これは、銀行カードローンと消費者金融の金利を比較すると銀行カードローンの金利の方が基本的に低いため、当然ですね。

クレジットカードのキャッシング枠利用より、消費者金融やカードローンの方がお得な理由とは

クレジットカードをお持ちの方であれば、クレジットカードに「キャッシング枠」が設けられていることはご存じでしょう。
また、クレジットカードの「キャッシング枠」を利用すればいつでも好きにお金を借りることができるので便利ですが、
クレジットカードの「キャッシング枠」と消費者金融やカードローンとの違いは以外とわからない方が多いのでないでしょうか。

一言で言ってしまうと、「キャッシング枠」の金利は高く(基本的に金利18%)、そして返済は一括返済が基本です。

キャッシングと消費者金融やカードローンの違い

クレジットカードの
キャッシング枠
消費者金融やカードローン
  • 緊急で、一時的な現金が必要な人向け
  • 借入額が少額
  • 一括返済が基本
  • 借り入れを複数回繰り返す人向け
  • 急ぎで現金が必要な人
  • 利息を抑えたい人
  • 分割払いが可能

上記表にまとめたとおり、クレジットカードのキャッシング枠は「緊急時の奥の手」といった使い方が基本です。

継続的に借入を行う場合は、利息や柔軟な返済が可能な点で有利な消費者金融やカードローンで借り入れることをオススメします。

審査についての疑問に答えます

審査は不透明な部分が多く、申込みをする人にとっては不安が大きいですよね。
ここでは、不安を解消するために、審査にまつわる疑問を解決していきます。

キャッシングの審査に通るために必要な収入とは

特に収入が低い方にとっては、どれくらいの収入があれば審査を通過できるか不安ですよね。
収入は審査において大きな要素の一つですが、年収が50万円~100万円ほどあれば審査を通過できる可能性はあります。

つまり収入は大きな要素でありながら、あくまで審査項目の一つです。
たとえ収入が低くても、勤続年数が長く収入が安定していたり、信用情報が良好だったり、それ以外の項目で問題がなければ審査を通過できる可能性は十分にあります。

ただし収入が低い場合、借入限度額はあまり多くは望めません。
収入に見合っていない限度額を申込み時に希望すると、その分審査がシビアになり通過が難しくなることが考えられますので、自身の収入に見合った額で申し込みをして、まずは審査に通過することを優先しましょう

借りたお金を毎月キチンと返済し、余裕があれば繰り上げ返済を行うことで金融機関からの信用度が上がっていき、限度額増額のチャンスはいくらでも生まれます。

消費者金融・カードローンやクレジットカードに申し込むと信用情報として残り、審査に通りにくくなる?

消費者金融やカードローン、クレジットカードに申し込むと、その情報は信用情報機関に記録されます。
その際に気を付けなければならないのは、「多重申込み」です。

お金に困っていてすぐに現金が欲しいとき、審査に通過できるかどうか自信がないとつい色々な金融機関に申し込みをしたくなるでしょう。

しかし、短期間で色々なところに申込みをしているのは信用情報からすぐに分かります。

そのため、金融機関からは「手当り次第に申込みをしているなんて、よっぽどお金に困っているに違いない。お金を貸しても返済されないかもしれない」と判断されてしまい、審査通過が難しくなります

そこで、申込みの際には審査通過の可能性が高いと思われる1つか2つの金融機関に絞って申し込みをするのをオススメします。

申込みの記録は信用情報機関に半年間ほど残ります。もし審査に落ちてしまった場合は、記録が消えるのを待ってから申し込みをするほうが良いでしょう。

金融事故を起こした人は、キャッシングの審査に通ることができるのか

金融事故とは、つまり借りたお金の返済を遅延・滞納してしまったり、債務整理を行なったりすることです。
そしてこれらの情報もやはり信用情報機関に記録されます。

融事故の記録が信用情報機関にあるのを「ブラックリストに載る」ともいいますが、その場合、キャッシングの審査を通過するのはほぼ不可能と考えてよいでしょう。

金融事故があってもお金を貸してくれるところは闇金の可能性が非常に高いです。
闇金で借りてしまうと、法外な金利や悪質な取り立てにより人生がメチャクチャになってしまう危険性がありますので、絶対に利用しないようにしましょう。

債務整理の場合には約7年、遅延や延滞の場合は約5年記録が完済(自己破産の場合は債務免除)の後もその信用情報が残ります。
遅延や延滞を行っている場合、まずは速やかに返済しましょう

初めての借り入れなら、大手消費者金融がおすすめ

一概にどこの消費者金融が安全というのはありませんが、特に初心者の方には大手消費者金融の「プロミス」か「アコム」で借り入れすることをおすすめします。プロミスなら最短3分で申し込みが完了し、アコムは審査回答が最短30分で完了します。今日中に借りれるので、初めての人でも利用しやすいのが特徴です。
また、安全に利用するためにも、返済期日や返済方法等はしっかり確認しておきましょう。

審査最短30分のプロミス

01_fact_300x250_orange

おすすめ度5,0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~17.8% 

最短3分申込完了のプロミス

  • 項目の少ないカンタン入力
  • Webなら最短1時間で借りることが可能

30日間金利0円

acom-banner-pc-20170217

おすすめ度4.5

審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年3.0%~18.0% 

審査最短30分のアコム

  • 最短で今日中にお金を借りることが可能
  • 最大30日間の無利息期間

銀行カードローンならバンクイック

これからカードローンでお金をかりたいと考えている方におすすめなのは三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックです。
バンクイックは比較的金利が低く、アルバイトやパートも利用可能なためおすすめです。
長期的な返済が必要な場合でも、金利が低ければ支払う利息が少なく済み、総返済額を少なく抑えることができます

三菱東京UFJ銀行カードローン

mufg-banner-20170430

おすすめ度5.0

審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※商品名は「バンクイック」です。

三菱東京UFJ銀行に申込

楽天カードのキャッシングがおすすめ

楽天カードでキャッシングの申込はできるのか

楽天カードでキャッシングの申込は可能です。
すでに楽天カードを持っている方はもちろん、新規で楽天カードに申し込み、カード発行と同時にキャッシングを利用することもできます。

楽天銀行カードキャッシングの審査基準

クレジットカードのキャッシングは貸金業法に基づいて、利用可能枠は年収の3分の1を超える借入で総量規制がかかります。

主な審査基準として3つ挙げられます。
それが
1.他の金融会社からの借入がどれくらいの額あるのか
2.個人に継続的な収入があるのか
3.貸し倒れリスクがないか
これらの3つです。

これらの点を追加申し込みの場合は信用情報を再度開示して行っていきます。

いかがでしたでしょうか。
今回の解説を通して、「審査通過の可能性を高めるにはどうすれば良いか」が見えてきたのではないでしょうか。
審査はキャッシングを利用する上で非常に重要なポイントですが、審査項目や基準が公開されていないため、不正確な情報や口コミが蔓延しがちな分野です。
そのような不正確な情報に踊らされることなく、自身のステータスや信用情報をしっかりと見極めてから審査に臨むようにしましょう。
審査を通過するには、「急がば回れ」の精神が重要です。
「溺れる者は藁をもつかむ」となって手当り次第に申込みをしたり、闇金などに手を出したりしないようにしてくださいね。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧