キャッシングアカデミー

最終更新日:

キャッシングカードの発行なしで人にバレずにお金を借りる方法

Cache_35_P0064

「キャッシングしたいけれど、カードを見られることで家族や知り合いにバレてしまうのでは……」という不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。 実際に、カードが財布やポケットに入っていたことで、キャッシングの利用が家族にバレてまった経験がある人もいることでしょう。 このページでは、そんな不安がある人たちのために、カードなしで借り入れができる方法を説明しましょう。

キャッシングカードなしで借り入れできる消費者金融会社の比較

ここでは、キャッシングカードを発行しない(カードレス)で借り入れができる消費者金融を紹介しましょう。

カードなしで借り入れをするなら、プロミスモビットがおすすめです。カードなしで借り入れする方法については、「カードなしで契約する裏ワザ」を参照してください。

キャッシング カードなし 特徴 詳細
プロミス キャッシュカード発行なしで1000円単位から借り入れができる 詳細
モビット 郵送物やカード発行も無しで最短即日融資可能 詳細
アイフル 無人契約機でキャッシングカードを受取可能。カード無しでも振込で借りられる 詳細
アコム × カードの発行なしでキャッシングすることはできません 詳細

上の表のとおり、プロミスとモビットはカードの発行なしで借り入れができるのに対し、アイフルとアコムは必ずカードを発行しないと借り入れができません。

イチオシのプロミスを動画で紹介

キャッシングを利用するのが初めてという人にオススメなのが、審査時間が最短30分で、無利息期間があるプロミスです。プロミスの特徴を動画で紹介しています。

カードなしでキャッシングするならプロミス

カードなしで借り入れをしたい人には、プロミスをおすすめします。

プロミスは24時間365日、申し込みを受け付けているうえ、土日・祝日でも22時まで審査してくれるので、最短即日でお金を借りることができます。

しかも、プロミスは1,000円から借り入れが可能。

さらに、初めてプロミスで借り入れをする人は、初回ご出金の翌日から30日間は利息がゼロになる「30日間無利息サービス」が利用できます。
※利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

そして、何と言っても契約手続きで「カード郵送希望なし」を選択すれば、カードが郵送されることなく、お金が指定の銀行口座に振り込まれます。これは、キャッシングを利用していることを家族に知られたくないという人にとっては、とても大きなポイントだと言えます

カードなしのキャッシングが便利な3つの理由

カードを発行しないキャッシングには、どのようなメリットがあるのでしょうか。具体的には、次の3つが挙げられます。

  • 契約が終わった段階ですぐに借り入れができる
  • 人に知られずに借り入れができる
  • カードを見られたり、紛失することがない

①契約が終わった段階ですぐに借り入れができる

1つ目のメリットが、契約が終わった段階ですぐに借り入れができるという点です。

インターネットから口座に振り込みをしてもらうだけなので、スピーディーな借り入れが可能です。

②人に知られずに借り入れができる

2つ目のメリットが、人に知られずに借り入れができるという点です。

通常、カードを発行してもらうために店舗や無人契約機(自動契約機)に足を運ぶか、郵送してもらうことになります。

しかし、店舗や無人契約機(自動契約機)に足を運ぶとなると、知人に見られてしまう恐れがあります。また、郵送を選ぶとなると、カードが届くまでに時間がかかることに加えて、家族に知られる可能性があります。

この点、カードを発行しないキャッシングであればインターネット上で手続きが完了するので、そのような心配はありません。

③カードを見られたり、紛失することがない

3つ目のメリットが、カードを見られたり、紛失したりすることがないという点です。

カードを発行した場合、しっかりと管理することが必要になります。

たまたま自宅のテーブルの上にカードを置いたままにしていたため、家族にキャッシングの利用を知られてしまうなんて事態も……。

また、カードは借り入れをするために持ち歩くことになります。しかし、どこかでカードを落としたり盗まれたりして、それを悪用される可能性が全くないとは言えません。

さらに、カードレスなら、紛失や破損した場合でも再発行の手続きをする手間がかかりません。

プロミス

01_fact_300x250_orange

おすすめ度5.0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短1時間 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~17.8% 

プロミスに申し込み

  • カードなしでキャッシングOK
  • 誰にもばれずに借入可能
  • 今ならはじめての契約で2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえる

カードなしでキャッシング契約ができる裏ワザ

前掲の表で説明したように、カードの発行なしで借り入れができる消費者金融はプロミスモビットのみです。

ここではプロミスとモビットのそれぞれについて、カードレスのキャッシング契約する方法を説明します。

プロミスでカードなしの契約をする方法

プロミスでカードなしで契約する方法は以下のとおりです。

  1. まずは、24時間365日対応しているインターネットから申し込みをする。申込手続きは、プロミスの公式サイトから簡単にできる。
    なお、申し込むときには、契約手続き方法を「店頭」ではなく「Web」にする点には注意。
  2. その後、最短なら30分で審査結果の通知が来る。通知はメールか電話を選べるので、都合の良いほうを選択。
  3. Webでの契約手続きに移るが、このときに「カード郵送希望なし」を選択すれば、カードが郵送されることはなくなる
  4. 契約完了後に、最短ならその日のうちに希望の銀行口座への振り込みが可能となるので、振り込まれたのを確認した後、近くのATMからお金を下ろす。

これで、プロミスでカードレスのキャッシング契約が完了です。

注意点
即日での振り込みを希望する場合は、平日14時までに契約を完了させなければいけません。
土日や平日14時以降で、どうしてもその日に振り込んでほしいという場合には、プロミスの提携銀行を確認してみましょう。
提携銀行であれば、基本的に土日・祝日含め、24時間振り込みの対応をしています。

プロミス

01_fact_300x250_orange

おすすめ度5.0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短1時間 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~17.8% 

プロミスに申し込み

モビットでカードなしの契約をするための条件

モビットでは、カードなしの「WEB完結」の申し込みをするために、以下の条件があります。

  • 三井住友銀行、または三菱東京UFJ銀行のどちらかに普通預金口座がある
  • 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、あるいは組合保険証を持っている

この2つの条件を満たしていない限り、モビットでカード発行なしのキャッシングを申し込むことはできません。

上記の条件を満たしている人は、手元に「身分証明証」「収入証明書」「勤務先を証明できる書類」を準備してください。

申込手続きを行い、審査の結果が来たら契約に進みます。契約が無事完了したら、三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行のどちらか希望する口座にお金が振り込まれます

なお、モビットは10,000円から借りることができます。

モビットの公式サイトへ

アイフルは家族や知人にばれにくい

カードレスのキャッシング契約ができるということで、プロミスとモビットを紹介しました。

しかし、インターネットや電話による口座振込予約を利用すれば、アイフルでもカードなしで借り入れが可能です。

また、カードの発行が必要な場合でも、アイフルなら家族や知人にバレにくいサービスを利用できます。それが、アイフルの「配達時間えらべーる」というサービス。

「配達時間えらべーる」なら、カードを受け取る時間帯を6つのなかから指定できます。しかも、本人以外の受け取りは不可です。

ただし、15時までに手続きをした場合には翌日から、15時以降の手続きの場合は、翌々日からの時間帯指定となります。

  • 午前中
  • 12時〜14時
  • 14時〜16時
  • 16時〜18時
  • 18時〜20時
  • 19時〜21時

また、アイフルの無人契約BOX「てまいらず」を利用すれば、簡単かつ誰にもバレずに即日でカードの発行ができます

「てまいらず」なら、専用の「無人契約でんわBOX」から電話するだけでカードを発行できます。操作などで疑問点や不明点などがある場合には、オペレーターへ質問すれば、回答してくれます。

カードを受け取った後は、提携ATMから借り入れが可能です。

このように、カードの発行が必要になるものの、家族や知り合いにキャッシングのことを知られたくない人にはアイフルもおすすめです。

アイフルの公式サイトへ

消費者金融のキャッシングと提携している銀行一覧

以下の表は、消費者金融と提携している銀行の一覧です。

表にある消費者金融で契約している人は、土日や祝日でも、以下の提携銀行の口座であれば振り込みが可能になります。

消費者金融 提携銀行 詳細
プロミス
(SMBCコンシューマーファイナンス)
三井住友銀行・ジャパンネット銀行
詳細
モビット
三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行
詳細
アイフル
三菱東京UFJ銀行
詳細
アコム
三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行
詳細

みずほ銀行のカードローンなら、キャッシュカードで借り入れができる

消費者金融ではなく、銀行のカードローンを利用すれば、キャッシュカードでお金を借りられる場合があります。

キャッシュカードをそのまま借り入れに使える銀行とは「みずほ銀行」です。

この点、バンクイックの三菱東京UFJ銀行は、キャッシュカードを借り入れに利用することはできません。

銀行 キャッシュカード使用可 特徴 詳細
みずほ銀行 口座を持っていればキャッシュカードから借り入れが可能 詳細
三菱東京UFJ銀行 × カードローン専用のカードが必要 詳細

カードでバレたくないならみずほ銀行がおすすめ

みずほ銀行の口座を持っている人におすすめなのが「みずほ銀行カードローン」です。

もともと持っているキャッシュカードをカードローンにも利用できるので、専用のカードは不要。そのため、家族や知り合いに借り入れをしていることがバレる心配はまずないでしょう。

みずほ銀行カードローン

mizuho-banner-20170925

おすすめ度5.0

審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年2.0%~14.0% 

みずほ銀行に申し込み

キャッシングで延滞すると、遅延損害金が発生する

キャッシングの返済が遅れると、ペナルティが課されます。それが「遅延損害金」です。

遅延損害金は、借りた人が返済期日までに、お金を返さなかった場合に発生する損害賠償金です。そして、返済日から1日遅れた場合でも発生します

それでは、利息(金利)と何が違うのでしょうか。利息は返済期日までに発生するもので、返済期日を過ぎた後に発生するのが遅延損害金です。そのため、遅延損害金は遅延利息とも呼ばれます。

遅延損害金の利率は、利息制限法(改正利息制限法第7条)により最大20%までと定められています。そのため、消費者金融では遅延損害金の利率を20%に設定しています。

なお、返済を遅延すると、信用情報機関にその事実が登録されてしまいます。数ヶ月もの長期の延滞になると、ほとんどの消費者金融や銀行の審査に通らなくなるでしょう。

キャッシングを利用するなら、余計な利息を支払うことがないよう、期日に遅れずに、計画的に返済しましょう。

一般にキャッシングを利用する場合、カードの発行が必要になります。しかし、この記事で紹介したように、一部の消費者金融ではカードレスのキャシングが可能です。
カード発行なしのキャッシングには、周囲の人に知られにくい、借り入れがスピーディーなどのメリットがあります。
カードレスのキャッシングの利用は、自分に合うかどうかをよく考えたうえで決めるのがいいでしょう。
しかし、カードの有無にかかわらず、返済を遅滞することのないように注意しましょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

誰にもばれないでに借りられ
る消費者金融・銀行