キャッシングアカデミー

最終更新日:

プロミスの自動契約機を利用する人必見!知らないと損する利用方法

Cache_09_p0208

「お金を借りたいけれど、借り入れのために何を準備すればよいのかわからない!」「家族にバレずにカードローンの契約をしたい!」という方に、プロミスの自動契約機がおすすめです。ここでは、カードローンに申し込むための準備や、申し込みから借り入れを行うまでの流れなど、プロミスの自動契約機について、詳しくお伝えしたいと思います。

プロミスの自動契約機には2種類ある

プロミスの申し込みができる自動契約機には2種類あります。それがプロミス専用の自動契約機三井住友銀行(SMBC)ローン契約機です。ここでは、これらの自動契約機の特徴を説明します。

【2つの自動契約機の特徴】

プロミス専用の自動契約機 三井住友銀行(SMBC)ローン契約機
提供元会社 SMBCコンシューマーファイナンス 三井住友銀行
設置台数 約1,100台
(※2017年9月現在)
約1,400台
(※2017年9月現在)
できること 新規の申し込みや増枠の申し込み、カードの再発行 新規の申し込みなど
設置場所 駅前や人通りの少ない場所など 三井住友銀行内など
営業時間 午前9時~午後10時
(土・日・祝日も稼働,一部午後9時もある)
午前9時~午後9時
(土・日・祝日も稼働,契約機により営業時間、休日が異なる)

プロミスの詳細はこちら

プロミス専用の自動契約機は店舗がしまっていても審査可能!

プロミスでは、自社専用の自動契約機を全国約1,100か所に設置しています。この自動契約機では、キャッシングの新規の申し込みや増枠の申し込みができます。また、キャッシング専用のカードを再発行することも可能です。そのため、基本的には店舗と同様のサービスを受けられます。

プロミス専用の自動契約機は、プロミスの店舗内や駅前などのほかに、人通りの少ないところにも設置されています。自動契約機の営業時間は午前9時~午後10時まで(一部午後9時もあります)で、土・日・祝日を問わず稼働しています。そのため、プロミスの店舗が閉まってしまっていても、審査を受けることが可能なのです。

三井住友銀行ローン契約機でもプロミスの申し込みが可能!

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は三井住友フィナンシャルグループに所属しており、同銀行が提供する「三井住友銀行ローン契約機」でも申し込むことができます。このローン契約機は、銀行が提供するローン契約機のなかでもトップクラスとなる、1,100台以上も設置されています。

三井住友銀行ローン契約機は、三井住友銀行のATMコーナーの近くに設置されていることが多いです。そのため、店舗が営業している平日15時までは周囲に人がたくさんいるかもしれません。ただし、ローン契約機は基本的に平日・土・日を含めて午前9時~午後9時まで(契約機により営業時間、休日が異なります)営業をしています。他人の目を避けたいのであれば、店舗の営業が終わった時間を狙うといいでしょう。

プロミス

01_fact_300x250_orange

おすすめ度5.0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短1時間 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~17.8% 

プロミスに申し込み

プロミス自動契約機を使って契約する3つのパターン

プロミス専用の自動契約機では、申し込みから契約までを行うことが可能です。ここでは、自動契約機を使って契約をする3つの申込方法パターンと利用時のポイントを紹介します。

  • 自動契約機で申し込み→契約
  • Web(ネット申込)で申し込み→来店(自動契約機)で契約
  • 電話で申し込み→来店(自動契約機)で契約

(1)自動契約機で申し込み→契約

自動契約機では、全ての手続きを完了することができます。担当者と顔を合わせることはないものの、オペレーターがタッチパネルの操作の指示をしてくれます。その指示に従って進めていけば、簡単に契約が完了します。

自動契約機で申し込むからといって、審査の基準が違うわけではありません。決裁者が異なるという違いはありますが、基本的には店舗での審査と同じです。ただし、この審査には最短30分ほどの時間がかかります。

無事に審査に通ったら、その場でキャッシング専用のカードを発行してもらえます。また、自動契約機の近くには専用ATMが隣接されているため、すぐにキャッシングできます。専用ATMではプロミス利用の手数料が無料というメリットも見逃せません。

(2)Webで申し込み→来店(自動契約機)で契約

プロミスでは携帯電話やスマートフォンを使ってWebで申し込んだ後、自動契約機で契約をすることができます(注意点※契約方法を「来店」にしている場合)。この場合、カードの受け取りなどを自動契約機で行う必要があります。

この方法は、自動契約機での待ち時間を短縮できるのがメリットです。また、審査に落ちてしまったときには、店舗に行く必要がありません。そのため、あまり時間がない人におすすめです。

なお、Webで契約をすることもできますが、銀行振込による対応となるので時間によっては振り込みが翌日になることがあるので注意が必要です。すぐにお金が必要なときには、店舗(自動契約機)で契約をすることをオススメします。

(3)電話で申し込み→来店(自動契約機)で契約

プロミスでは、電話でも申し込みをすることができます。この場合、申し込み内容を電話口で伝えれば受け付けが完了します。その後、審査に通れば契約方法を「来店」と「郵送」のいずれかから選ぶことができます。このときに来店を選んで、自動契約機で契約を結ぶことができます。

電話での申し込みは、Webと同じだと思われることが多いようですが、実は大きな違いがあります。それは、「郵送」を選ぶと後日契約を結ぶことになり、即日融資を受けられなくなってしまうという点です。そのため、即日融資を希望するなら、必ず「来店」を選びましょう。

プロミス

01_fact_300x250_orange

おすすめ度5.0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短1時間 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~17.8% 

プロミスに申し込み

プロミスの自動契約機では申し込みから借り入れまで可能

プロミスの自動契約機では、画面の案内にそって契約や契約内容の変更、カード発行などの手続きができます。
申込・審査・契約・カード発行の手続きを全て自動契約機で行うことができるので、カードが後日郵送で送られてきて家族にバレる心配もありません。
また、申し込んだその日にカードが発行されるため、すぐに借り入れを行うことができ、急にお金が必要になったときにも安心です。

自動契約機の営業時間

プロミスの自動契約機の営業時間は9時~22時で、土日・祝日も営業しています。営業時間がかなり長いので、自分の生活スタイルに合わせて行くことができるのは便利ですよね。
一部店舗は営業時間が異なりますので、店舗・ATM検索で調べてから向かうことをお勧めします。

自動契約機での借り入れに必要なもの

プロミスの自動契約機で借り入れを行う際には、必要な書類を持参しなければいけません。借り入れに必要なのは、本人確認書類です。
収入証明書類は場合によって必要になります。それぞれ何を持っていけば良いのか、詳しく見ていきましょう。

①本人確認書類

本人確認書類は、運転免許証を持参すれば問題ありません。運転免許証を持っている方は、忘れずに持っていきましょう。では、運転免許証を持っていない方は借り入れができないのかというと、もちろんそんなことはありません。以下のいずれかを持っていけば大丈夫です。

  • パスポート
  • 健康保険証ともう1点本人だと確認できるもの

ここで「本人だと確認できるもの」は、例えば住民票です。
健康保険証ともう1点用意しなければならないのは大変かもしれませんが、運転免許証やパスポートなどの顔写真付きの証明書を持っていない場合は、住民票・納税証明書・公共料金の領収書などを用意しておきましょう。

②収入証明書類

次に収入証明書類ですが、こちらは全ての人が持参しなければいけないものではありません。収入証明書類が必要なのは、以下の方です。

  • 希望借入額が50万円を超える方
  • 希望借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える方

安定した収入を得ていれば、学生や主婦でも利用可能なプロミスのキャッシングですが、高額な融資を受ける場合は、返済可能であるかどうかを慎重に判断するため、収入を証明する書類が必要になります。

ここで注意していただきたいのが、「他社での借り入れ残高」です。「他社で借り入れている額なんて、言わなければバレない?」と思われるかもしれませんが、それは誤解です。
消費者金融でも銀行でも、金融機関が融資を行う際には信用情報機関の情報を元に審査をします。
その情報で他社での借り入れ額はすぐに分かります。審査に不利になることを恐れて嘘の申請をすると、かえって不利になることがありますので、他社から借り入れを行っている場合も、借り入れ残高を正確に報告しましょう。

なお収入証明書類は、以下の中から1点を持参する必要があります。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
  •  ※賞与がない場合は、直近2ヶ月の給与明細書を提出すればOK

ちなみに、提出する本人確認書類や収入証明書類に、個人番号(マイナンバー)が記載されているものがあるかもしれませんよね。

プロミスでは、マイナンバーを収集することはないとホームページに明記してありますし、マイナンバーが記載されている書類を提出する際には、記載されている箇所が見えないように加工するよう指示があります。
面倒でも確実に処理をしてから提出しましょう。

自動契約機を使った借り入れの流れを紹介

営業時間も確認して、必要な書類の用意もできたら、いよいよ自動契約機に行ってみましょう。自動契約機を使った借り入れの流れをご紹介します。

①申し込み

まずは必要書類を持って来店です。自動契約機はタッチパネルで操作できますし、中から施錠もできるため、誰かに邪魔をされることなく安心して申し込みができます。自動契約機の使い方や、契約について聞きたいことがある場合は、自動契約機に備え付けてある電話でマネーアドバイザーに質問ができます。

②審査

申込の内容をもとにして、審査が行われます。審査中は、カードの利用方法の説明ビデオが流れるので、よく確認しておきましょう。審査が終わると、結果と契約可能額が伝えられます。

③契約・カード発行

契約が完了すると、その場でカードが発行されます。ここで発行されるカードは、すぐに利用可能です。

④借り入れ

発行されたカードを使用して、借り入れが可能になります。借り入れは、全国にあるプロミスATMの他、提携ATMで利用することができます。提携ATMは、プロミスのステッカーがあるところです。

主な提携先ATMは、以下のとおりです。

ATM 主な設置場所 営業時間 手数料
プロミスATM プロミス 7~24時 0円
三井住友銀行 三井住友銀行 9~21時 0円
ゆうちょ銀行 ゆうちょ銀行 手続きによる 借り入れ、返済額により異なります。
・1万円以下
借り入れ時、返済時ともに108円
・1万円超
借り入れ時、返済時ともに216円
セブン銀行 セブンイレブン
イトーヨーカドー
24時間営業
イーネット ファミリーマート
スリーエフ
ローソン ナチュラルローソン

※月曜日の0~7時はシステムメンテナンスのため、全てのATMが利用できません。

プロミスATMと三井住友銀行ATMで取引をすると、利用手数料がかからず、節約ができるのでおすすめです。

借り入れまで最短1時間、即日融資も可能

審査時間は最短30分

迅速さが売りのプロミスですが、「安定した収入があるか」・「過去の借り入れ履歴に問題はないか」など、審査はしっかりと行われますので、結果が出るまでは、最短でも30分程度はかかります。
審査結果を待つ間も自動契約機の中で待たなければならないのは、苦痛に感じるかもしれません。そこで自動契約機の中で待つ時間を短くするために、申し込みをwebで行い、審査が終了してから自動契約機に行って契約をするのがおすすめです。

プロミスの自動契約機なら即日融資可能

プロミスの自動契約機を利用すれば、申し込みをしたその日にお金を借り入れる即日融資が可能です。インターネットまたは自動契約機で申し込みをして審査をしてもらい、融資可能となったらATMで借り入れを行うことで、申し込み当日中にお金を受け取ることができます。すぐにお金が必要なときにプロミスの自動契約機は大変便利ですので、活用してみてください。

土日でも借りられる

既にお伝えしたとおり、プロミスの自動契約機は土日・祝日も営業しているため、土日でも契約が可能です。晴れて借り入れ可能となった場合は、発行されたカードを使ってATMで借り入れができます。
プロミスATMは、平日も土日・祝日も変わらず、7時~24時まで営業しているため、自動契約機で借り入れ可能となったら、最寄りのプロミスATMや提携ATMでお金を借りることができます。

プロミスの自動契約機は全国に約1,100箇所

プロミスの自動契約機は、全国各地に存在します。全国約1,100箇所にありますから、自宅近くや勤務先の近くなど、自分の利用しやすい場所にある契約機を選んで使用できます。

自動契約機からの申し込みでも審査と在籍確認は行われる

審査中は自動契約機から出られない

申込が終わると審査が開始されますが、この審査中は、自動契約機から出ることができません。既にお話したとおり、審査には30分程度かかりますので、待っている時間が苦痛に感じるかもしれません。
審査時間中ずっと自動契約機の中にいるのが嫌だという方は、webで申し込みを済ませてから自動契約機でカードを受け取るという流れにすると、待ち時間を短縮することができます。

在籍確認は必須なので時間帯に注意

申し込みの要件として、「安定した収入がある」ことが挙げられていますので、本当に申告した勤務先が正しいかを確認するために在籍確認を行うことがあります。自動契約機からの申し込みでも、この在籍確認は行われます。

在籍確認は、担当者が勤務先に電話をすることですが、この電話は、プロミスという会社名を出さずに担当者個人の名前でかけてもらえるので、勤務先に申し込みが知られることはありません。

「ただ今席を外しております」など、勤務していることが分かれば問題ありませんが、会社の就業時間外などで勤務先に誰もいないという場合、在籍確認が遅れて、融資までに時間がかかることがあります。
自動契約機は22時まで、土日祝日も利用できるのは良いところですが、勤務先に在籍確認が取れる時間でないと余計な時間がかかってしまいますので、注意しましょう。

まずは3秒で終わるお試し診断から

せっかく自動契約機まで出向いても、借り入れができませんと言われてしまうと辛いですよね。そんな悲しい事態を未然に防ぐために、プロミスのホームページでは「お借入診断」として、借り入れ可能かどうか診断ができます。

診断のために入力するのは、「生年月日」・「年収」・「現在他社から借り入れている額」のみですので、わずか3秒で終わります。事前に借り入れ可能かどうかを確認した上で、自動契約機に向かうことをお勧めします。

プロミスのまとめPOINT

  • 三井住友銀行ローン契約機でも、プロミスの申し込みをすることができる
  • Webで申し込み、自動契約機で契約を交わすと待ち時間を短くすることができる
  • 自動契約機の操作で分からないことは、オペレーターに相談できる

プロミス

01_fact_300x250_orange
審査時間
最短30分 
融資時間
最短1時間 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~17.8% 

プロミスに申し込み

プロミスの自動契約機は、人目を気にせず都合の良い時間に申し込みができるため、忙しい方も利用しやすいです。また、即日融資が可能ですので、急にお金が必要になったときにも頼りになります。上手に活用して、安心・安全な借り入れを行いましょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧