キャッシングアカデミー

最終更新日:

1分で分かるキャッシングの追加融資!借入限度額内なら審査は不要?

Cache_38_P0205

キャッシングの追加融資を受けるために必要な条件

現在キャッシングを利用中で、追加融資を受けたいと考えているが、審査に通るかどうか心配だという方に、追加融資を受けるための条件や申し込み方法、賢く増額するための方法等について、詳しく説明したいと思います。

そもそも、キャッシングの追加融資とは利用限度額に空きがあれば、何度でも無条件で借り入れする事が出来ます。しかし、利用限度額に空きが無い場合は、返済し空きを増やすか増額申請をして融資枠を増やす必要があり、増額審査に通れば、利用限度額を増やすことが出来ます。

しかし、返済実績のない人には増額はしてくれないので、順調な返済実績が半年以上あるかどうかが重要となります。その為、追加融資を考えているのならば、自分の利用履歴を見て確認する事が大事です。返済実績がはっきりしない時は、コールセンターなどに問い合わせて確認する事も出来ます。

追加融資の申し込みは24時間いつでも可能

利用限度額の増額は、スマートフォンやパソコン、ケータイ等から利用している消費者金融の会員画面にパスワードを入力し、ログイン後、増額案内に沿って申し込みします。インターネットからの申し込みなので、24時間いつでも好きなときに利用できるので便利です。

会員画面以外での申し込み方法として、電話での申し込みがあります。こちらも24時間通話料無料で利用できる消費者金融が多いので、もし相談しながら総額を検討したい場合には利用してみると良いです。

しかし、追加融資の審査は、新規契約時に比べて入念に調査される傾向があるようで、2~3日程度の審査時間を要します。その為、すぐに借り入れする事は不可能で、また審査に落ちた場合、限度額の減少等の不利な結果を招くこともあるようなので、慎重に検討することをおすすめします。

「他社での新規借り入れ」よりも「追加融資(増額)」の方が借りやすい理由

他社の消費者金融からの借り入れがある場合、「借入額が年収の3分の1以内」や「借り入れ件数が3社以内」といった条件をクリアしていなければ、新たに他社で借り入れすることは難しいです。

利用者の信用のもとで成り立っているので、常に期日通り返済している等利用状況が良く、会社からの信用も得ているというならば、他社から新規で借りるより、追加融資のほうが審査にも通りやすく、借りやすいと言われています。

消費者金融も利用者からの借り入れがあってこその商売なので、信頼と実績のある客には融資を受けさせたいという考えもあるようです。しかし、度々返済遅延があるなど利用状況が悪い場合は新規申し込みも追加融資も審査に落ちることになるので、返済計画をきちんと考えた上で、キャッシングを利用することが肝心です。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧