キャッシングアカデミー

最終更新日:

キャッシングの審査が通りやすい条件とは?

キャッシングをするときに気になる「審査」。誰もが審査に通過しやすい条件を知りたいと思っているでしょう。それにはまず、審査される項目をしっかり知っておく必要があります。審査項目と通りやすい条件を理解して、スムーズにキャッシングを始めましょう。

キャッシングで審査される項目

属性審査

審査基準として属性審査があります。属性とは簡単に言えば、個人の様々な情報のことです。おもに、年収、勤続年数などの職に関する情報、年齢、共住年数、居住形態(賃貸か持家か)、家族構成、電話、健康保険の種類などが含まれます。こうした属性に関する情報は、コンピューターで点数化され審査の判断基準となります。これをスコアリングシステムといいます。スコアが高ければ高いほど、審査に通りやすいというわけです。

信用情報審査

信用情報機関に登録されているあなたの情報も審査されます。個人信用情報機関に登録されているのは主に、①申し込み情報②クレジット情報③利用記録です。返済延滞がないか、どれくらいのカードローンや銀行に件数申し込んでいるのか、返済総額は今どれくらいなのか、クレジットカードのキャッシング情報などが審査対象になります。

書類確認

本人確認書類が必要です。普通は運転免許証ですが、ない場合にはパスポート、健康保険証などで本人確認が必要です。

在籍確認

安定した収入がキャッシングを受けるためには必要ですが、そのためには何らかの会社に所属している必要があります。申し込みの際に記入した会社に本当に勤めているのか、の確認を在籍確認といいます。多くの場合、勤務先には電話での確認になりますが、消費者金融とはわからないように、その金融機関の名前ではなく担当者本人の個人名での確認をしてくれるところがほとんどですので、在籍確認で会社にばれることはまずありません。

審査を通過するための最低条件

安定収入があること

ローン審査やクレジットカード審査において安定した収入があること、は最低条件です。「安定した」というのがポイントです。アルバイトでも毎月安定した収入があれば、審査に申し込むことができます。一般的にですが、400万円以上の年収があれば、返済能力が高いという評価になります。

勤続年数は長いほどいい

勤続年数も長ければ長いほど、評価は高くなります。それだけ信用できる人物だと判断される可能性があります。

居住年数も長いほどいい

居住年数も長ければ長いほどプラスの評価につながります。引っ越したばかりですと、審査に通るのはかなり厳しいようです。何年以上住んでいればいい、というはっきりした規準はありませんが、最低でも10年以上ですと評価は高くなります。

他社からの借入があるとマイナスポイントに

当然ですが、ほかのキャッシング会社からの借り入れがあれば、マイナスポイントになります。借り入れ件数はなるべく減らしておくのが賢明でしょう。

利用目的が計画的

どんなに勤続年数や居住年数が多くても、決して無審査でキャッシングできることはありません。例えば、ギャンブルや浪費に使うとなると、返済計画がないと見られかねません。利用目的をしっかりと立てておく必要があるでしょう。

各会社による審査項目と条件

各消費者金融によって申し込みができる条件が異なります。それぞれの条件等をまとめましたので参考になさって下さい。

キャッシング名 申し込み条件 限度額 金利
アコム 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方 1万円~800万円 年3.0~18.0%
プロミス 年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入がある方 500万円まで 年4.5~17.8%
モビット 20歳以上69歳以下で安定した定期収入がある方 1万円~800万円 年3.0~18.0%

キャッシングの審査について、審査合格のための条件についてご紹介しました。審査に通りやすくするためには、個人の信用情報を上げていかなければなりません。そのためには安定した収入、勤続年数、居住年数などが大切になってきます。また、他社からの借り入れ件数を減らすことも、とても大事な条件となってきます。

返済が滞ってしまわないように、普段から注意しておく必要もあるでしょう。どんな人が審査に通り、どんな人が審査落ちとなる、一概には言えませんが、マイナスな項目を一つでも減らすこと、それが少しでも審査に通りやすくなるためのポイントです。

希望条件でキャッシングを選ぶ

審査に不安だけど借りるのに
おすすめの消費者金融・銀行