キャッシングアカデミー

最終更新日:

クレジットカードのキャッシング枠の審査時間や増額審査を分かりやすく解説

Cache_17_p0041

クレジットカードを申し込む際にキャッシング枠という項目欄がありますよね。このキャッシング枠があることで、急にお金が必要になった時に現金を引き出すことが出来ます。 今回はこのクレジットカードのキャッシング枠について説明していきます。 キャッシング枠はどうやって審査が行われるのか、審査時間はどれくらいか、落ちてしまったらどうしたらいいのかなどといったことについて説明しますので、キャッシング枠を付けたいと思っている方必見の内容です。

キャッシング枠の審査時間は1週間以上かかる

クレジットカードのキャッシング枠は基本的にクレジットカード申込時に一緒に審査をすることになります。クレジットカードの申込フォームに氏名・住所・年齢などの項目を入力する段階で、キャッシング枠の「希望限度額」という項目があります。そこでキャッシング枠を希望したい場合は、希望限度額の項目に入力を済ませてから申し込みましょう。また、クレジット会社によってはキャッシング枠を付けることで得られるキャンペーンなどもしているので付けるとお得なこともあり、クレジットカードの審査の時に一緒に申し込むことが多くなっています。

しかし、クレジットカードのキャッシング枠は審査から結果が出るまでに1週間程度(7営業日程度)かかる場合があります。審査に通過するという結果だけではなく、申請者は利用額を返済できるのか、申込金額は適正なのかといったことから、利用可能枠(利用可能額)なども検討するため、丁寧にしっかりと審査しているのです。

キャッシング枠よりカードローンの方が審査時間が短い

会社によっては1週間以内に結果が出て、利用を始められるものもありますが、多くの会社は1週間以上かかるとみてください。一方、銀行のカードローンや消費者金融の審査時間はどうなのでしょうか?キャッシング枠の審査時間と比較してみましょう。

クレジットカード・カードローン 審査時間 金利 詳細
JCBカード 1週間前後 年15.0%~18.0%
三井住友VISAカード 1週間前後 年15.0%~18.0%
楽天カード 1週間前後 年18.0%~18.0%
オリコカード 1週間前後 年15.0%~18.0%
イオンカード 1週間前後 年7.8%~18.0%
プロミス 最短30分 年4.5%~17.8% 詳細
アイフル 最短30分 年4.5%~18.0% 詳細
新生銀行カードローンレイク 審査結果を画面に表示 年4.5%~18.0% 詳細

いかがでしょうか?審査時間という面においてはクレジットカードのキャッシング枠より、銀行のカードローン・消費者金融の方が圧倒的に優れています。「キャッシング」のみを利用したい場合は、銀行のカードローン・消費者金融の利用をおすすめします。

既存のクレジットカードにキャッシング枠を追加することも可能

基本的にクレジットカードの申込時に一緒に審査をするとお伝えしましたが、後日申請することも可能です。その場合は、クレジットカード会社の規約に従って申請することになります。多くはスマホやPCのインターネット公式サイトなどで申請することが可能です。他にも増額や減額などの利用枠設定の変更をすることもできます。

キャッシング枠は信用情報機関で審査を行う

キャッシング枠の審査では、申請した書類内容と個人信用情報機関から取り寄せた個人信用情報で審査を行います。審査項目に点数をつけ、その点数でキャッシング枠が付けられるかが決まります。銀行のカードローン・消費者金融も同じく個人信用情報を元に、審査が進められます。

特に気をつけたいのが、スマホなどの延滞履歴です。支払い状況なども確認するため、注意しましょう。また、消費者金融や銀行カードローンからの他社借入なども見られます。

総量規制に注意

ショッピング枠と違い、キャッシング枠の審査には「総量規制」という貸金業法という法律が関わってきます。消費者金融や銀行カードローンなどもこれに該当します。どういった法律かというと、利用限度額は年収の1/3以上の融資を金融会社から受けることが出来ないというものです。これは、多重債務や申込者が返済で大変な思いをしないようにということが目的で定められました。

クレジットカードのキャッシング枠よりカードローンの方が使いやすい

キャッシング枠とカードローンには本当に違いがあるのでしょうか。キャッシング枠は一つのカードで全て片付くので、とてもお手軽ですね。しかし、融資に特化しているカードローンは金利や限度額の面で非常に優れており、またキャッシング枠と同じくらい手軽に使えるという話もあります。
銀行カードローンとクレジットカードのキャッシング枠を比較してみると、確かに条件に違いがあるのがわかります。

キャッシング枠 アイフル
金利 一律18.0% 年4.5%~18.0%
審査時間 1週間以内 最短30分
限度額 平均50万円 最大500万円
おすすめ度 ×

このように、クレジットカードのキャッシング枠とカードローンを比較すると、金利、審査時間、限度額、あらゆる面でカードローンが優れていることがわかりますね。

キャッシング枠よりお得にお金を借りる方法

審査時間・限度額など、キャッシングをするまでの手間を考慮するとクレジットカードのキャッシング枠より、銀行のカードローンや消費者金融の方が使い勝手がよいことはおわかりいただけたでしょうか?ここでは各大手銀行カードローン・消費者金融のおすすめな借入方法を紹介します。

安心の大手消費者金融まとめ

消費者金融 審査時間 特徴 詳細
プロミス
最短30分
キャッシングカード無しのWEB完結でお金を借りられる 詳細
アイフル
最短30分
無人契約機でキャッシングカードの受取可能 詳細
アコム
最短30分
無人契約機の「むじんくん」でキャッシングカードの受取可能 詳細
モビット
10秒で簡易審査結果表示
WEB完結申込ならカードを発行しなくても利用可能 詳細

安心の大手銀行カードローンまとめ

銀行のカードローン 限度額 特徴 詳細
みずほ銀行
最大800万円
みずほ銀行の口座を持っていればWEB完結で申込可能 詳細
新生銀行カードローンレイク
最大800万円
最大180日間の無利息期間あり 詳細
三菱東京UFJ銀行
最大500万円
テレビ窓口なら郵送なしで借入可能 詳細

クレジットカードのキャッシング枠に落ちたら、半年は申込まないのがベスト

クレジットカードのキャッシング枠に落ちた場合、半年間は申込をしないようにしましょう。申込や申し込み結果は個人信用情報機関に登録されるためです。審査に落ちるということは、何かしら問題があったからです。他の会社などに申し込みを行っても同様の理由で落とされたり、落ちてから短期間の人を審査することを嫌います。
基本的に落ちるということは、支払い状況などの事故歴があるか、収入に問題がある場合や他社借入が多い人、就職してから間もない人などが該当する可能性があります。クレジットカード会社は安定した収入がある人を好む傾向にあります。そうしないと仕事としてやっていけないからです。このような理由と、落ちたという情報は信用情報に半年程度保管されるということもあり、半年は申し込まずにいた方がベストです。

キャッシング枠があるといざという時便利ですが、キャッシング利用までに時間がかかるといったデメリットがあります。なので、キャッシングをするためにクレジットカードのキャッシング枠を申し込むくらいなら、金利が安く、審査が早い銀行のカードローンや消費者金融に申し込んだ方がお手軽にお金を借りた方がいいかもしれません。あくまで「お金を借りる」ということだけにフォーカスしたら、銀行のカードローンや消費者金融の方が使い勝手がよいでしょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧