キャッシングアカデミー

new-owe_20151118
1万円~5万円など少額のお金をキャッシングしたいけど、「審査に通るか心配…」「アルバイトでも借りられるの?」など不安や心配に感じている人が多いと思います。そこでこのページでは、少額キャッシングをしたい人のために押さえておくべきポイントについて解説します。

1・3・5万円借りたい人におすすめの「4つ」のカードローン

1万円や3万円など、少額でカードローンを利用したいけど、そういった借入ができるのかが心配という人もいるのではないでしょうか。
そのような人におすすめなのが、次に紹介する4つのカードローンです。

キャッシング
カードローン
金利 無利息期間 詳細
アイフル
年4.5%~18.0%
詳細
プロミス
年4.5%~17.8%

※1
詳細
アコム
年3.0%~18.0%
詳細
三菱東京UFJ銀行
年1.8%~14.6%
×
なし
詳細

※1:メールアドレスとWeb明細の利用登録が必要。
上の表では、消費者金融と銀行のカードローンを紹介しています。この点、1万円や3万円、5万円など、少額キャッシングを希望するなら、消費者金融のカードローンに申し込むのがおすすめです。
その理由は、次の2点からです。

  • 無利息期間を設けているサービスが多い
  • 1,000円単位で借りられるサービスが多い

少ないお金を借りる人にとって、利息がどれくらいかかるのかということや、いくらから借入が可能なのかは重要な問題ですよね。
この点、無利息期間を設けている消費者金融のカードローンなら、一般に借りてから30日以内に返済すれば、余計な利息を支払う必要はないので、ぜひ利用を検討してみてください。

少額でキャッシングした場合の利息はいくら?

ここでは、アイフルで少額キャッシングをした場合(1万円・3万円・5万円)、返済がどのようになるのかシミュレーションをしてみましょう。
いずれのケースも、「借入後残高スライド元利定額リボルビング」「約定日制(毎月払い)」で返済をする場合を考えてみます(※アイフル公式HPの返済シミュレーションを利用)

なお、シミュレーションの結果はあくまでも参考値であって、実際のケースと異なる場合があるので、その点には注意してください。

アイフルで「1万円」借りた場合の返済シミュレーション

支払方式 :借入後残高スライド元利定額リボルビング
支払サイクル:約定日制(毎月払い)
利用金額:1万円
貸付利率(実質年率):18.0 %
支払回数:3回 
月次分割額:4,000 円(最終回: 2,275 円)
支払期間:3ヶ月
支払総額:10,275 円
返済回数 月次分割額 利息 元金 残高
1 4,000円 150円 3,850円 6,150円
2 4,000円 92円 3,908円 2,242円
3 2,275円 33円 2,242円 0円

アイフルで「3万円」借りた場合の返済シミュレーション

支払方式 :借入後残高スライド元利定額リボルビング
支払サイクル:約定日制(毎月払い)
利用金額:3万円
貸付利率(実質年率):18.0 %
支払回数:9回 
月次分割額:4,000 円(最終回:60円)
支払期間:9ヶ月
支払総額:32,060 円
返済回数 月次分割額 利息 元金 残高
1 4,000円 450円 3,550円 26,450円
2 4,000円 396円 3,658円 19,188円
3 4,000円 342円 3,658円 19,188円
4 4,000円 287円 3,713円 15,475円
5 4,000円 232円 3,768円 11,707円
6 4,000円 175円 3,825円 7,882円
7 4,000円 118円 3,882円 4,000円
8 4,000円 60円 3,940円 60円
9 60円 0円 60円 0円

アイフルで「5万円」借りた場合の返済シミュレーション

支払方式 :借入後残高スライド元利定額リボルビング
支払サイクル:約定日制(毎月払い)
利用金額:5万円
貸付利率(実質年率):18.0 %
支払回数:14回 
月次分割額:4,000 円(最終回:3,778円)
支払期間:1年2ヶ月
支払総額:55,778円
返済回数 月次分割額 利息 元金 残高
1 4,000円 750円 3,250円 46,750円
2 4,000円 701円 3,299円 43,451円
3 4,000円 651円 3,349円 40,102円
4 4,000円 601円 3,399円 36,703円
5 4,000円 550円 3,450円 33,253円
6 4,000円 498円 3,502円 29,751円
7 4,000円 446円 3,554円 26,197円
8 4,000円 392円 3,608円 22,589円
9 4,000円 338円 3,662円 18,927円
10 4,000円 283円 3,717円 15,210円
11 4,000円 228円 3,772円 11,438円
12 4,000円 171円 3,829円 7,609円
13 4,000円 114円 3,886円 3,723円
14 4,000円 55円 3,723円 0円

できるだけ安く借りたい!無利息でキャッシングできるカードローン

少額キャッシングをする場合、無利息期間を設けている消費者金融のカードローンがおすすめと述べました。
以下では、一定期間、無利息でキャッシングできるカードローンを紹介します。

カードローン 無利息期間 詳細
プロミス 初回出金(借入)日の翌日から最大30日間 詳細
アイフル 初回契約日の翌日から最大30日間 詳細
アコム 初回契約日の翌日から最大30日間 詳細
レイク(新生銀行カードローン) 初回契約日の翌日から「30日間借入全額無利息」と「5万円まで180日間無利息」 詳細

なお、レイクのみ、銀行カードローンのなかで無利息期間が設けられています。お金を借りるなら、できるだけ利息は支払いたくないもの。少額であっても、無利息期間があるカードローンを選びましょう。
ただし、無利息期間が適用されるのは初回の借入に限定している場合が多いので、その点には注意が必要です。また、無利息期間の開始日にも注意しましょう。無利息期間がスタートとするのは「初回契約日の翌日」 からなのか、 「初回出金(借入)日の翌日」からなのかはよく確認しましょう。多くのカードローンでは、「初回契約日の翌日」からスタートする場合が多いようです。

1~5万円借りるときに知っておくべき2つのポイント

少額キャッシングであっても、利用する場合には審査に通過しなければなりません。そこでここでは、消費者金融や銀行が審査で重視しているポイントを説明します。

消費者金融と銀行が審査で重要視している2つのポイント

当サイトの調査によると消費者金融や銀行が審査を行うときに重要視しているポイントは以下の2点です。

  • 返済能力があるか(年収)
  • 勤務先に不安があるなら、申込時の必要書類の不備をなくす

この点、年収300万円以上で、収入が安定した大手企業に勤めている人なら、審査に通過できる可能性は十分にあります。ただし、審査基準は消費者金融や銀行によって異なるので、必ず審査に通過できるわけではありません。
しかし、「年収300万円以下だ」「大手企業に勤務してない」という点で悩んでいる人は、次に説明する内容に注意して申し込みをしてみましょう。

  • 年収で不安があるなら、申込時の限度額を低めにする
  • 安定した収入があるか(勤務先)

①年収で不安があるなら、申し込み時の限度額を低めにする

自分の年収が低くて審査に不安を感じるなら、申し込み時の希望限度額を低めにするのをおすすめします。例えば、希望限度額を100万円以上と高めに設定した場合、貸し倒れのリスクなどを考えて消費者金融や銀行も審査に慎重になると思います。また、消費者金融からは法律で年収の1/3以上の借り入れができません。(この法律を総量規制といいます。)

1~5万円と比較的少額のキャシングの希望なら、限度額を高くする必要はないので、限度額10~20万円で申し込みするといいでしょう

②勤務先に不安があるなら、申し込み書類の不備をなくす

「自分は大企業に勤めてないから審査に絶対に落ちる…」と悩んでいる人もいると思いますが、勤務先よりも大切なポイントがあります。大企業勤めよりも中小企業勤めの方が審査で不利になることは確かです。しかし、審査では「勤めている勤務先」よりも「入力する勤務先情報の不備」で審査に落ちる人が多いという情報もあります。理由としては、虚偽の申請をしていると消費者金融に思われる可能性もありますし、勤務先の電話番号を間違えると在籍確認が取れないので、そもそも審査が行われない可能性があるからです。

そのため、大企業・中小企業勤めに関係なく、申し込み時の勤務先の情報は絶対に間違えないようにしてください。

最短1時間で借り入れ可能

aiful-banner

おすすめ度5.0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~18.0% 

※はじめての方に限り、最大30日間無利息。

1〜5万円借りるならアイフル

アイフルがおすすめの理由

アイフルが、審査に不安があるけど少額を借りたい人におすすめポイントは、申し込み方法が簡単なので勤務先の情報を間違える可能性が低いところです。インターネットからの申し込みなら、氏名・勤務先など入力項目が最低限のものだけなので、申し込みの手間も少ないです。個人への連絡先を携帯電話に指定できるので、万が一申し込み情報に不備があったとしても携帯電話に確認の連絡がくる可能性が高いので安心です。また、アイフルなら1,000円単位で借り入れ可能なので、本当に自分が必要としている金額だけ借りられます。

アイフルに申し込んだ人の声
  • 申し込みが簡単だし、連絡を携帯電話にしたので、何かがあった時にも連絡が来ると思うと安心でした。(30代・男性)
  • 1,000円単位で借りられるので、自分が必要な分だけのお金を借りられました。(40代・男性)

今日中にお金を少額借りるための「3つ」のポイント

即日で少額のお金を借りたい方のために3つのお役立ちテクニックをご紹介します。以下の3点をを知っておくだけで、借り入れまでの時間を1時間以上短縮させることも可能です。是非参考にしてください。

①審査時間の短さが選ぶ決め手

審査時間が決め手と言われても、どの消費者金融・銀行カードローンが審査にかかる時間が短いのかわからないという方は多いのではないでしょうか。
一般的に消費者金融は審査にかかる時間が銀行のカードローンに比べて短く、結果を知らされるのもかなり早いです。また、少額からの借り入れも可能で1,000円単位で引き出せるところもあるので、1万円~5万円くらいの少ない額を借りたい人におすすめです。
しかし、そのような中でも三菱東京UFJ銀行カードローンは審査の時間が短く少額からの借り入れも可能です。消費者金融は少し不安という方には銀行カードローンである三菱東京UFJ銀行カードローンを利用しましょう。

②提出する書類を事前に準備してスピードアップ

借り入れが1万~5万など少額の時は、揃えるべき必要書類が少なくなて済むケースが多いのですが、運転免許証・健康保険証・パスポートなどの身分証明書はあらかじめ用意しておきましょう。
即日でお金を借りるためには、身分証明書の提出は必要なステップです。必ず、現住所が記載されているものを用意するようにしましょう。

③インターネット申し込みで時間短縮

多くの消費者金融では、インターネットから申し込むことで審査の時間を短縮することが可能です。「今日中にお金を借りたい」と考えている方にとっては、できるだけ早く手元にお金があるに越したことはないと思います。
すでに紹介している通り多くの消費者金融ではインターネットからの申し込みで審査時間を短縮できますが、特にプロミスは最短で審査が30分で完了し、借り入れも最短1時間ですることが可能です。

最短3分で申し込みがカンタン

01_fact_300x250_orange

おすすめ度5.0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短1時間 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~17.8% 

1~5万円借りるならプロミス

プロミスがおすすめの理由

今日中に少額のお金を借りたい人にはプロミスがおすすめです。審査が最短30分で1時間ほどでお金を借りられるという点も良いですが、最短3分というカンタンな入力で申し込みができる点でもとても便利です。「早く借りたいけど、申し込みがめんどくさい‥」と思っているなら、申し込み項目は最低限で残りは電話で確認できるカンタン申し込みはおすすめです。今すぐにでも1万円欲しいという時にプロミスは役立ちます。

プロミスに申し込んだ人の声
  • 5分程度で申し込みましたが審査もスムーズにできました。申し込み完了から1時間半ぐらいで3万円借りられました。(40代・男性)
  • 時間がなくてネットから契約しましたが、サクサク進んであっという間に完了。その後、すぐにカードから現金を引き出せました!(30代・女性)

1,000円単位で借りられる消費者金融・銀行のカードローン

少額借り入れしたいのであれば、1,000円単位でのキャッシングを希望している方は多いと思います。
そのような方々向けに1,000円単位でキャッシングするために必要なことや知っておくと便利な情報を紹介します。

1,000円単位で借りられるのはどのようなときか

1,000円単位で借り入れしたくても、申し込みをした金融会社によっては不可能な場合もあります。
加えて、借り入れ額と引き出し額が異なるというようなケースもあります。
考えらえるケースとしては、以下のものがあります。

  • 借り入れは1万円単位で、引き出しは1,000円単位
  • 借り入れも引き出しも1,000円単位
  • 1,000円単位での借り入れはできない

つまり、借り入れ自体は10万円していたとしても、実際にATMから引き出すのは何回かに分けて引き出すことが可能であるということです。
一見便利なサービスですが、借り入れや引き出しを細かくすることで手数料がかかってしまう可能性があるので気を付けたいところです。

1,000円単位で借り入れるなら消費者金融がおすすめ

少額借りたいのであれば、消費者金融のキャッシングを利用するのがおすすめです。
理由としては、以下の2点になります。

  • 1,000円単位で借りれるキャッシングサービスが多い
  • 審査時間が、銀行カードローンに比べて短い

アイフルやプロミスなど消費者金融は提携ATMを利用することにより多くの場合1,000円単位で借りられるので、少額だけ借りたいならおすすめです。
ただし、コンビニのATMで借り入れをする場合は、知らず知らずのうちにATM利用手数料が多くかかっていた…といったことがあり得るので気を付けたいところです。

消費者金融の
キャッシング
1,000円単位でキャッシング可能なATM
詳細
アイフル アイフルのATM 詳細
プロミス プロミスのATM、三井住友銀行のATM 詳細
アコム アコムのATM、提携コンビニATM(セブンイレブン) 詳細
モビット モビットのATM、三菱東京UFJ銀行ATM 詳細

銀行のカードローンはATM手数料が無料

銀行のカードローンは、無利息期間がない、という理由から少額の借り入れはあまりおすすめできませんが、1つだけおすすめできるポイントがあります。それは”銀行ATMなら手数料無料”という点です。
借り入れは少しだけでいいのに、消費者金融で借りたがゆえに手数料を支払わなくてはいけないのは本末転倒ですよね。銀行カードローンの専用ATMで借り入れすれば手数料はかからないので、ぜひ検討してみましょう。

銀行 手数料無料のATM 金利 詳細
三菱東京UFJ銀行 三菱東京UFJ銀行ATM提携コンビニATM(セブン銀行ATM・ローソンATM・E-net(ファミリーマートなど)) 年1.8%~年14.6% 詳細
みずほ銀行 みずほ銀行ATM提携コンビニATM(セブン銀行ATM・ローソンATM・E-net(ファミリーマートなど)) 年2.0%~年14.0% 詳細
オリックス銀行 セブン銀行、ローソンATM、イーネットのATM 年1.7%~年17.8% 詳細
新生銀行カードローンレイク セブン銀行、ローソンATM、イーネットのATM 年4.5%~年18.0% 詳細

少額の借り入れがしたいなら消費者金融

消費者金融と銀行、どちらが少額の借り入れに向いてるのか?1万円・3万円・5万円のなどの少額のお金を借りるなら、アコムやプロミスなどの無利息期間のある消費者金融がおすすめです。
銀行のカードローンにはありませんが、消費者金融だと無利息期間が設けられている場合があるので、支払総額を抑えつつ少額のお金を借りたいという方におすすめです。

支払総額を抑えて1~5万円借りるなら無利息期間のあるアコムを利用しよう

「3万円借りたいけど、総額でいくら返済すればいいのかわからない…」といった、利息や支払総額が気になるのなら、無利息期間のある消費者金融の利用を検討してみるのはいかがでしょうか。
無利息期間は30日間ある消費者金融が多いので、借りたお金を30日以内に返せるなら、利息を1円も払わないでお金を借りられます。1万円~5万円を借りる人の多くは、長期的に返済していくのを考えていないと思いますので、無利息期間のある消費者金融で借りて、30日以内に返済するのが賢い選択です。
アコムのキャッシングを初めてご利用される方に限り、30日間無利息で借りることができます。更に、1,000円単位の借り入れもサポートしているので、少額借りたいと思っている方には無利息期間のあるアコムをおすすめします。

はじめてなら30日間金利0円

acom-banner-pc-20170217

おすすめ度5.0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年3.0%~18.0% 

1~5万円借りるならアコム

クレジットカードのキャッシング枠は厳しい

クレジットカードのキャッシング枠を利用して少額の借り入れをしようと考えているなら、正直あまりおすすめはできません。理由としては2点あります。

    • キャッシング枠の審査が厳しい
    • キャッシング枠の金利が高い

以上の点から、クレジットカードのキャッシング枠の利用はおすすめできません。当然、無利息期間もないので、利用した日数分だけ利息はかかります。
以下に有名クレジットカードの借り入れ金額単位と金利をまとめました。自分の所有しているクレジットカードがあれば、金額単位と金利を確認してもし消費者金融のキャッシングよりも条件が悪ければ、消費者金融でのキャッシングをおすすめします。もし、手数料の方が利息よりも高くつくなら、銀行のカードローンの利用も検討してください。

クレジットカードのキャッシング枠一覧

クレジットカード名 借入金額単位 金利
ACマスターカード 1,000円単位 年3.0%~18.0%※
エポスカード 1,000円単位 年18.0%
セゾンカード 1,000円単位 年18.0%
イオンカード 10,000円単位 年18.0%
ライフカード 10,000円単位 年18.0%
イオンカード 10,000円単位 年18.0%
楽天カード 10,000円単位 年18.0%
三井住友VISAカード 10,000円単位 年18.0%
JCBカード 10,000円単位 年18.0%

※キャッシング枠利用時の金利です。ショッピング時は年10.0%~14.6%

クレジットカードでキャッシングするならACマスターカード

クレジットカードのキャッシングは、金利が高いのでおすすめできませんが、どうしてもクレジットカードでキャッシングしたいなら、ACマスターカードがおすすめです。
理由は、消費者金融と同じ水準の金利でお金を借りられる可能性があり、しかも最短で今日中にお金が借りられるからです。

アルバイトやパートでも少額ならキャッシングできる

アルバイトやパートだけど少額のお金が必要になったから借りたい!という方にどのように借りるのか解説していきます。

アルバイトやパートが借り入れする条件

「アルバイトやパートでも審査に通過できるの?」という質問をたまに受けますが、キャッシングやカードローンの審査で重要なのは、「安定した収入があるか」という点です。つまり、働いていて収入のあるアルバイトやパートなら審査に通る可能性は十分にあります。
週に数回パートで働いているのように毎月安定した収入があれば、アルバイトやパートの方でも問題なくお金を借りることは可能です。ただ、「安定した収入」があることはもちろん重要ですが、今までに返済の遅延や延滞などの履歴がないことも同じく重要です。

アルバイトやパートも借入可能なキャッシング・カードローン4選

キャッシング
カードローン
金利 無利息期間 詳細
アイフル
年4.5%~18.0%
詳細
プロミス
年4.5%~17.8%

※1
詳細
アコム
年3.0%~18.0%
詳細
三菱東京UFJ銀行
年1.8%~14.6%
×
なし
詳細

※1:メールアドレスとWeb明細の利用登録が必要。

少額でキャッシングする際のポイントのまとめ

最後に、少額でキャッシングをする場合の注意点をまとめておきます。注意点を理解して、計画的な借入をしましょう。

少額でキャッシングをする際の注意点

少額キャッシングで注意すべきは、ほとんどの場合には上限金利が適用されるという点です。
消費者金融や義銀行のカードローンでは、「年3.0%~18.0%」などのように金利の幅が表示されます。この範囲内で金利が設定されることになるものの、何%が適用されるのかは審査に通らなければ分かりません。そして、カードローンの場合、限度額が低いほど適用される金利は高くなる傾向があります。そのため、1万円〜5万円といった少額キャッシングの場合には、一般に上限金利が適用されることになります。
また、必要な金額以上の借入をすると、その分だけ利息がかかってしまいます。そのため、多めの金額を借入しないように注意することが必要です。

キャッシング
カードローン
金利 無利息期間 詳細
アイフル
年4.5%~18.0%
詳細
プロミス
年4.5%~17.8%

※1
詳細
アコム
年3.0%~18.0%
詳細
三菱東京UFJ銀行
年1.8%~14.6%
×
なし
詳細

※1:メールアドレスとWeb明細の利用登録が必要。

少額でキャッシングする方法

千円単位でキャッシングできるカードローン会社とコンビニATMを解説

Cache_04_p0112

1,000円単位で借りれるキャッシング・カードローンは5種類 1,000円単位で借りれる消費者金融・銀行のカードローンは4種類ですが、その中でも三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)が1,000円単位で借りれるATMの種類が最も多いです。そのうえ提携するコンビニATMでも手数料無料です。 キャッシング・カードローン 1,000円単位...[続きを読む]

5万円借りたい人が知るべき!損をせずに少額キャッシングする方法

Cache_38_P0205

5万円借りたい人におすすめのキャッシング・カードローン 「少額だけキャッシングしたい!」という人には「無利息キャッシング」が利用できる消費者金融、銀行カードローンに申し込むのをおすすめします。借り入れ額が5万円と少額だと利息が高いというデメリットがあります。しかし、無利息サービスを利用すれば利息を払う必要がなくなるので、利用者の負担が減ります。ここでは5万...[続きを読む]

1万円だけ借りたい人が利息0円でキャッシングできる裏技を紹介

Cache_44

1万円だけ借りたい人が無利息キャッシングを利用しよう 急な出費で1万円だけ必要になった時、大手消費者金融や銀行のカードローンから1万円だけ借り入れることが可能です。ここでポイントなのは「無利息」で利用できるサービスを選ぶことです。 1万円借りるのにおすすめのキャッシング・カードローン 給料日後にすぐ返済できる、返済のメドが立っているという人は無利息サー...[続きを読む]

3万円を借りたいなら「審査スピード」と「金利」をチェック!

Cache_02_p0053

3万円借りたい人がチェックしておきたい2点のポイント 「3万円だけ借りたい!!」という方の背中を押してくれる2つのポイントをご紹介します。それは「審査スピード」と「金利の安さ」です。それぞれについて簡潔にご説明いたします。 借入限度額は10万円以下にすると審査スピードが速い キャッシングの申し込みを10万円以下の少額に指定すると、審査スピードが速く、即...[続きを読む]

希望条件でキャッシングを選ぶ

1~5万円の少額キャシング
可能な消費者金融・銀行一覧