キャッシングアカデミー

キャッシングに申し込むにはどうしたらよいのか

お金が必要でキャッシングを申し込みたいあなたへ

クレジットカードのキャッシング枠と、消費者金融・カードローンを使ったキャッシング、どちらがお得だと思いますか?

ここでは消費者金融・カードローンをお勧めしたい3つの理由を、以下の解説に先駆けてまとめて挙げておきたいと思います。

  • 審査スピードが早い
    クレジットカードにキャッシング枠をつけた場合の審査はおよそ1週間前後ですが、消費者金融・カードローンの場合、即日~数日で審査は完了します。
  • 金利・限度額が有利
    消費者金融・カードローンの方がキャッシングの最大限度額が高めで、それに伴い金利も低い傾向があります。
  • Web完結の秘匿性
    Web完結を掲げている消費者金融・カードローンでの申し込みなら、周囲に秘密にしたままキャッシングができます。

初めての方におすすめのキャッシング

消費者金融系ならプロミスかアコムがおすすめです。
プロミスなら最短3分で申し込みが完了し、アコムは審査回答が最短30分で完了します。
今日中に借りれるので、初めての人でも利用しやすいのが特徴です。

プロミスの公式サイトへ

アコムの公式サイトへ

銀行カードローン系なら三菱東京UFJ銀行のバンクイックがおすすめです。
バンクイックは比較的金利が低く、アルバイトやパートも利用可能といった特徴があります。

三菱東京UFJ銀行カードローン

300x250_030_048_01

おすすめ度5.0

審査時間
遅くとも3日 
融資時間
遅くとも3日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※商品名は「バンクイック」です。

三菱東京UFJ銀行に申込

クレジットカードのキャッシング枠を利用するには

お金を借りる方法の最も身近な選択肢の一つに、クレジットカードのキャッシング枠の利用があります。
まずはその方法について、見ていきましょう。

キャッシング枠の申し込みから借り入れまでの流れとは

申し込み方法と言っても、難しい手続きはありません
たいていのクレジットカードの場合、申し込み時点でキャッシング枠をつけるか否かの項目がありますので、そこで申請するのが一番楽な方法です。

借り入れは銀行やコンビニなどのATMで行えます
引き出しの時と同じようにカードを挿入し、「キャッシング」や「その他」の項目を選びましょう。
後は画面の指示に従い、借りたい金額を入力するだけです。
また、カード会社によっては自分の銀行口座に振り込んでくれる「振り込みキャッシング」を行っているところもあります。

キャッシング枠申し込みのタイミングとは

キャッシング枠の申し込みは、二つのタイミングで行えます。
それは

  • ①クレジットカードの作成と同時に申し込みをする
  • ②後からカード会社に申請し、キャッシング枠を付ける

どちらの場合も、基本的に内容に差異はありませんので、必要なタイミングで行うと良いでしょう。

カード発行後のキャッシング枠申し込み方法は

カード申請時ではなく、後からキャッシング枠を申請する方法をご紹介していきます。
その方法とは、各カード会社が定める必要書類を用意し、ネットや郵送、店頭で申し込みを行い、キャッシング枠の追加が承認されるのを待つだけです。
申請者の年収や勤務形態によっては断られることもありますが、手続き自体は簡単です。
ただし、お使いのクレジットカードによってはキャッシング枠そのものが存在しない場合もあるので、その点だけは確認しておきましょう。

クレジットカードキャッシングの利用で生まれる疑問に答えます

前章では申し込みについて解説しましたが、利用時の疑問も色々とありますよね。
よくある疑問の代表的な例を、Q&A形式で解説していきます。

Q:キャッシング枠の有無でクレジットカード発行の審査通過率は変わるのか

A:変わると考えてOK。

公式的な発表がないので評判や口コミなどからの分析になりますが、通過率は変わると考えて構いません。
中には「審査に落ちたが、キャッシング枠を外して再申請したらカードが作れた」という例もあるので、審査落ちしてした方は、キャッシング枠無しでの申請も考えてみましょう。

Q:キャッシング枠の申し込みから借り入れまで、どのくらいの期間がかかるのか

A:およそ1週間前後。

キャッシング枠の審査には、それなりの時間がかかります
なかなか思ったようなスピードで借り入れをすることはできませんが、焦っても早くなることはありませんので、気長に待ちましょう。

Q:キャッシング枠増額の申し込み方法は

A:カード会社ごとの方法で申請

キャッシング枠増額の申し込みは、カード会社によって方法が少々異なりますが、インターネットや電話、郵送で受け付けています。
多くの場合、カード会社からの誘いを待つ必要もなく、自分から申請できますので、必要と思ったタイミングで行いましょう。
ただし、延滞などの金融事故の記録があるとまず通らなくなってしまいますので、返済だけはきっちりとしておくことをお勧めします。

消費者金融・カードローンを利用するには

お金を借りる時は、消費者金融やカードローンを使うという選択肢もあります。
クレジットカードのキャッシング枠と比べ、どのような違いがあるのでしょうか。

消費者金融・カードローンに申し込むときの流れとは

まず、主な手続きの流れからご紹介しましょう。
大まかに次のような4つのステップに分かれます。

  • ①申し込み
    書類の提出や借り入れ希望額など、必要な情報を金融機関に提示し、申し込みを行います。
  • ②審査
    申し込みの際の申告情報に誤りがないか、年収や勤務形態から返済能力に問題がないかなど、信用情報が調べられます。
  • ③在籍確認
    審査に通過した場合、最終確認として、勤務先への在籍確認が行われます。この時担当者に相談しておくと、金融機関名を名乗らずに確認手続きをしてくれるので、申し込みを勤務先に知られてしまう心配は要りません。
  • ④ローンカードの発行・受け取り
    ATMなどでキャッシングに使えるカードが発行され、郵送されます。窓口や自動契約機であれば、その場でカードを受け取れるケースもあります。

主な申し込み方法

申し込みには様々な方法が用意されています。
代表的な例としては「電話」「自動契約機」「郵送」「窓口」「Web」などがありますが、中でもオススメなのは、パソコンやスマートフォンを使ったWeb申し込みです。
自分の好きなタイミングで行え、書類もアップロードするだけで済み、審査も他の方法より早い傾向があるのが特徴です。

消費者金融・カードローンの審査基準とは

審査される内容はどの金融機関でもほとんど同じで、一般的には以下のような項目があります。

  • 職業、年収
    安定した収入の有無を確認します。
    正社員の方や、月給制の方は審査に有利になる傾向があります。
    また、派遣やフリーターの方でも、安定収入があると見なされれば不利になることはありません。
  • 希望額
    収入に見合った希望額かどうかを審査します。
    あまりに高い希望額で申請すると、返済能力に疑問を持たれ、審査に不利になります。
    目安は「年収の3分の1が最上限」と考えておけば良いでしょう。
    例えば年収300万円の方が希望額100万円で申請すると最上限ちょうどですので、その半分の50万円くらいの希望なら審査に通りやすくなると思われます。
  • 他の金融機関での借り入れ有無や延滞記録
    キャッシングを他の金融機関でも行っていると、その分返済能力に欠けると見なされてしまい、審査が通りにくくなります。
    特に延滞などの金融事故があるとかなり不利になるので、気をつけましょう。
    具体的には、以下のようなケースが該当します。
    ・クレジットカードや携帯電話の料金支払い時、口座が残高不足だった。
    ・カードローンなどキャッシングの返済日に振込が間に合わなかった。
    などで、もちろんこれらの回数が多いほど返済能力を疑われてしまいます。

申し込みをすると電話がかかってくる?どのような電話?

金融機関によって異なりますが、以下のような内容で電話がかけられることがあります。

  • 本人確認

申請した内容に間違いがないか、審査前、あるいは審査中に本人に対して確認を取ります。
※会話例)
 担当者「わたくし○○銀行の××と申します。(利用者)様でよろしかったでしょうか」
 利用者「はい」
 担当者「先日申請された内容について確認させて頂きます。~~にお勤め、年齢はXX歳、希望額は○○万円でお間違いありませんか?」
 利用者「ええ、間違いありません」
 担当者「畏まりました。それでは審査を進めさせて頂きますので、お待ちください」
このように内容を簡単に確認されるだけですので、長くても数分で終わります

  • 在籍確認

申請した職場に本人が本当に所属しているか確認します。
事前にお願いしておけば、金融機関名を出さずに連絡してくれますので、ぜひ活用しましょう。
※会話例)
 担当者「わたくし××と申しますが、(利用者)様はいらっしゃいますか?」
 職場の同僚「申し訳ありません、席を外しております」
 担当者「かしこまりました。それでは日を改めてご連絡差し上げます」
本人が直接電話に出なくとも、上記のように在籍さえ確認できればOKです。

  • 審査結果の通知

審査の結果について、担当者から電話がかかってきます。
Web完結の申し込みの場合は、メールでの通知になることもあります。

インターネットだけで申し込みが完了するのか

前述した内容でもありますが、Webでの申し込みは非常にお勧めの方法です。
契約までのスピードが早く手軽で周りに知られることもない上に、「Webだけで完結する」というのが何よりの特徴です。

そんなWeb完結のプランをいくつかご紹介しましょう。

プラン名 金利 最大限度額
みずほ銀行カードローン 年2.0~14.0% 800万円
アイフル 年4.5~18.0% 500万円
プロミス 年4.5~17.8% 500万円

消費者金融・カードローンの利用で生まれる疑問に答えます

ここまでのキャッシングについての解説、お役に立てましたでしょうか。
次は消費者金融・カードローンにおける、色々な不安を見ていきましょう。
ここでもQ&A形式で、代表的な疑問に回答していきます。

Q:消費者金融・カードローンに申し込んだら、記録が残るのか

A:加盟している個人信用情報機関に記録が残る。

金融機関が加盟している個人信用情報機関に申し込みの事実・審査の可否などの記録が残り、以降のキャッシング審査などに影響するようになります。

「申し込みブラック」とはどんな状態なのか

A:一度に多数の借り入れを申請すると、審査に落ちやすくなる状態です。

多くのキャッシングを一度に申し込むと、「資金繰りに困っている」と見なされ、返済能力を疑問視されてしまい、結果として審査に通りにくくなってしまいます。
この記録は6ヶ月間信用情報機関に残りますので、申し込みブラックを解消するためには、最後の申し込みから6ヶ月はどこにも申し込みをしてはいけません。

過去に金融事故を起こしていると、申し込みに不利なのか

A:間違いなく不利になる。

延滞などの金融事故を起こしてしまうと、一気に信用を失ってしまい、その後の申し込みはかなり不利になってしまいます。
記録は一定期間を経れば消えますが、完済後も約5年は残ってしまいますので、絶対に金融事故は起こさないようにしましょう。

キャッシングで申し込み〜借り入れまでの、簡単な4ステップを学ぼう

キャッシングで現金を受け取るまでの流れは、以下の4段階で簡単に行うことができます。

  • ①消費者金融を選択をする
  • ②申し込みを行う
  • ③審査を受ける
  • ④必要な書類の提出する

たったこの4ステップだけで十分です。
キャッシングサービスを利用することにより、いつでもあなたの都合が良いときにお金を借りることができます。消費者金融の窓口でも、お近くのATMでも借りることが可能です。消費者金融と契約さえすればどの時間帯でも全国どこでもお金を借りることができます。

大手4つの消費者金融の利率と借入限度額を徹底比較

キャッシング 金利 借入限度額
プロミス 年4.5%~17.8% 500万円
アコム 年3.0%~18.0% 800万円
アイフル 年4.5%~18.0% 500万円
モビット 年3.0%~18.0% 800万円

しかし、最大借入限度額が500万だからといって、すべての人が最大利用額の500万借りれるわけではありません。
借入限度額は、各個人の属性や収入、さらに以前に借入の記録などの信用情報によって金融機関から判断されお客様個々人の利用額が決定されます。

借入限度額は、年収の3分の1以内で借入が可能

借入限度額を決定する際に「総量規制」という法が適用されます。これは、消費者金融などで借入する場合、申込者本人の年収の3分の1を超えてはいけないという法律です。例えば、年収600万の人は、200万までしか借入することができません。
また、日々確実に返済していたり、借入することによって借入限度額が増加することもありますので、将来的にまだ借入する可能性がある方は、着実に返済していきましょう。

初めての借り入れなら、大手消費者金融がおすすめ

一概にどこの消費者金融が安全というのはありませんが、特に初心者の方には大手消費者金融の「プロミス」か「アコム」で借り入れすることをおすすめします。プロミスなら最短3分で申し込みが完了し、アコムは審査回答が最短30分で完了します。今日中に借りれるので、初めての人でも利用しやすいのが特徴です。
また、安全に利用するためにも、返済期日や返済方法等はしっかり確認しておきましょう。

審査最短30分のプロミス

01_fact_300x250_orange

おすすめ度5,0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短1時間 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~17.8% 

最短3分申込完了のプロミス

  • 項目の少ないカンタン入力
  • Webなら最短1時間で借りることが可能

30日間金利0円

acom-banner-pc-20170217

おすすめ度4.5

審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年3.0%~18.0% 

審査最短30分のアコム

  • 最短で今日中にお金を借りることが可能
  • 最大30日間の無利息期間

銀行系カードローンならバンクイック

これからカードローンでお金をかりたいと考えている方におすすめなのは三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックです。
バンクイックは比較的金利が低く、アルバイトやパートも利用可能なためおすすめです。
長期的な返済が必要な場合でも、金利が低ければ支払う利息が少なく済み、総返済額を少なく抑えることができます

三菱東京UFJ銀行カードローン

300x250_030_048_01

おすすめ度5.0

審査時間
遅くとも3日 
融資時間
遅くとも3日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※商品名は「バンクイック」です。

三菱東京UFJ銀行に申込

キャッシングの申込方法

キャッシング申し込みの審査に通らない人が押さえるべきポイント4つ

Cache_06

消費者金融・カードローンへの申し込み それではまずはキャッシングの申し込みから審査までの流れについてカンタンに見ていきましょう。 申し込みの審査基準・流れとは 金融機関ごとに多少の違いはありますが、審査の流れは次のようになります。 金融機関へキャッシングの申込み 金融機関では、はじめに申込者の信用情報を審...[続きを読む]

キャッシングの申し込み方法は5通り!申込方法の特徴から徹底比較

Cache_06

消費者金融・カードローンでのキャッシング申し込み方法を紹介 まずは、消費者金融や銀行のカードローンの申し込み方法をご紹介します。 申し込み方法は複数あり、自身の都合に応じて最適なものを選べるようになっていますので、どの方法が自身に合っているのかを確認してみてください。 申し込み方法にはどのような種類・違いがあるのか カードローンに申し込む方法は主...[続きを読む]

キャッシングの申し込みブラックとは?2つのデメリットと対処法

Cache_01_r0034

申し込みブラックとは 申し込みブラックとは、その名の通り、キャッシングの申し込みの時点でブラックのような扱いとなり、審査に通らなくなってしまう状態のことを言います。 審査に通してもらえなくなる理由や、申し込みブラックの条件などを見ていきましょう。 そもそも「申し込みブラック」とはどんなもの? 例えば、1ヶ月の間で5社の金融機関にクレジットカードの...[続きを読む]

キャッシング申し込みに必要なものって?金融機関で必要書類は異なる

Cache_06

キャッシングの申し込みに必要なもの どのキャッシング申し込み方法でも必要なものは同じなのか 金融機関によってさまざまな申し込み方法があり、例えば来店して申し込みをしたり、WEBや電話や郵送による申し込みが可能なところもあります。 申し込み方法はさまざまですが、必要な書類は申し込み方法によって変わることはなく、同じです。 本人確認書類・収入...[続きを読む]

キャッシング申し込み〜借入の流れが知りたい人へ4ステップでご紹介

Cache_06

キャッシングの申し込みから借入までの流れは4ステップ まずは、キャッシングに申し込んでから借り入れるまで、どのような流れで進むのかを見ていきましょう。金融機関やプランによって、申し込み方法などが若干違うことがありますが、基本的な流れはどこでも一緒です。 ①プラン選び まずは、どの金融機関のどのプランに申し込むかを選びましょう。キャッシングを行ってい...[続きを読む]

カードローンの更新手続きをしないと停止される?更新にも審査はある

Cache_50_r0106

カードローンの契約更新が出来ないとどうなる? 契約更新が出来ないと、新規借入が出来なくなり返済だけを求められるようになったり、解約されたり、利用限度額を少なくされるなどといったことが起きます。 あまりにも契約更新の審査をした時に酷いようだと返済額の一括返済を求められる場合もあるそうですが、これはかなりレアケースになるようです。 返済義務の放棄は強制...[続きを読む]

キャッシング後のキャンセルは審査に影響するのか

Cache_27_r0224

カードローンの申込後にキャンセルは可能なのか カードローン審査後にキャンセルは可能です。 勿論、個人信用情報にも問題はありません。 キャンセルすることを申請した会社に一言連絡すれば、担当者がキャンセルの手続きをしてくれます。 (事情なども説明しておくことをお勧めします。) この連絡がないと、トラブルになる可能性や顧客情報にマイナスイメー...[続きを読む]

キャッシングの4つの申込方法を比較!審査に不安がある人の申込は?

Cache_06_p0138

キャッシングの4つの申込方法!それぞれの特徴とおすすめ キャッシングの申込方法は4種類あります。それぞれ特徴があるので、ここで紹介したいと思います。 店頭申込:スタッフと直接話しながら契約出来る 自動契約機申込:必要な時だけオペレーターに繋がって契約が出来る 電話・郵送申込:電話と後日郵送で契約が出来る インターネット申込:WEBの...[続きを読む]

1分で分かるキャッシングの追加融資!借入限度額内なら審査は不要?

Cache_38_P0205

キャッシングの追加融資を受けるために必要な条件 現在キャッシングを利用中で、追加融資を受けたいと考えているが、審査に通るかどうか心配だという方に、追加融資を受けるための条件や申し込み方法、賢く増額するための方法等について、詳しく説明したいと思います。 そもそも、キャッシングの追加融資とは利用限度額に空きがあれば、何度でも無条件で借り入れする事が出来ま...[続きを読む]

キャッシングは運転免許証のみで審査できる?申込の方法と確認事項

Cache_39_P0209

キャッシング申込時の本人確認書類は「運転免許証」がベスト 運転免許証には申込者の顔写真、住所、生年月日が記載されているのでキャッシング・カードローンに提出する必要書類の中では最も有効です。しかし、免許証を持っていない人は健康保険証やクレジットカードの請求書、公共料金の支払い証などの身分証明書が必要になってきます。 金融会社によっては、保険証のみでも可...[続きを読む]

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧