キャッシングアカデミー

5~10万円のキャッシングは無利息で借入!無利息サービスの注意点

Cache_23

無利息でキャッシングしたいならプロミスがおすすめ!メールアドレスとWEB明細の利用登録をすれば、初回借入日から最大30日間無利息で借り入れできます。30日以内にお金を返せるなら借りた金額だけ返済すればいいので便利です。

無利息でお金を借りるならプロミス

プロミスを初めて利用する方で、メールアドレスとWEB明細利用の登録をした場合、30日間利息がかからずに借りた額だけを返せばよい無利息サービスを利用できます。急な出費で利用したとはいえ、借りた額に加えて利息を払っていくのはなるべく控えたいですよね。

以下の表に、10万円借りた時にかかる利息を比べてみましたので他社との違いを参考にしてください。プロミスの場合、10万円借りたとしても月々の返済は4,000円から可能なので、生活に余裕を持った返済ができます。(お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。)

プロミス

01_fact_300x250_orange
審査時間
最短30分 
融資時間
最短1時間 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~17.8% 

公式サイトで詳細を見る

  • 30日間は借りる額だけ返せばよい無利息サービスをおこなっているので、他社と比べて利息がお得に借りれます。(メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要)
  • 主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

10万円を借りた場合の金利比較(プロミス・アコム・オリックス銀行)


銀行・消費者金融
1ヶ月目の金利
2ヶ月目の金利
合計
詳細
プロミス 無料 1,463円 1,463円 詳細
アコム 無料 1,479円 1,479円 詳細
icon

プロミスなら、1か月で返せば利息は0円、2か月かかったとしても2,000円以下の金利で返せます。

初めての利用ならアコムでも無利息でキャッシングできます

消費者金融系キャッシングで、アコムはプロミスと同様に初めて借りる人ならば30日間無利息。無利息期間を利用して短期的にお得に借りることができます。

例えば、給料日までちょうど3週間くらいの時や一度プロミスで借りたが、もう一度無利息サービスを利用したいなと思っている方におすすめ。6ヶ月以上返済できるアテがないなど、あまりに長期の借入になる場合には、その他の銀行系カードローン等の方が金利メリットは大きくなりますので、ここは一応注意が必要です。

手軽に借りるなら初めてなら30日間無利息で借りられるアコムとプロミスがおすすめ!。来店不要で即日融資可能。14時までに必要書類を提出すれば即日融資可能!

アコム

acom-banner-pc-20170217
審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年3.0%~18.0% 

公式サイトで詳細を見る

  • 24時間いつでも自動契約機で出金できます。
  • 初めてなら30日間無利息で借りることが出来ます。
  • 振込キャッシングは、楽天銀行に口座があれば24時間最短1分で口座にお金が振り込まれます。

アコムのおすすめポイント

大手消費者金融のアコムは、生年月日・性別と独身か既婚か、現在の借入状況を入力すると借入可能かすぐに分かる3秒診断をおこなっています

特に給料日がそれなりに近く生活費や資金が足りなくてお急ぎの利用者は、初めてが無利息なことを利用して借りてみてはいかがでしょうか。多くの消費者金融会社がありますが、実質年率や資金の調達具合からみてもおススメの大手消費者金融です。

銀行のカードローンで金利が気になるなら三菱東京UFJ銀行カードローン

プロミス・アコムを利用したことがあると、無利息でキャッシングできないので金利が低い会社で借りるのがお得です!金利で選ぶなら最高金利が低い三菱東京UFJ銀行カードローンが良いでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローン

300x250_030_048_01
審査時間
遅くとも3日 
融資時間
遅くとも3日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※商品名は「バンクイック」です。

公式サイトで詳細を見る

  • 最低金利~最高金利まで低い金利設定で安心
  • 消費者金融よりお得な金利年1.8%~14.6%

キャッシングで無利息サービスを受けるときの注意

①ほとんどの無利息サービスは初回限定

まず、気を付けなければならないのが、無利息サービスは「初回限定」であるという点でしょう。「初めてアコムをご利用の方に限り」とか「プロミスを初めてご契約の方に限り」といった条件が付けられています。

初回限定で比較的短期間ではありますが、この無利息サービスはとても便利なサービスです。急な出費に無利息で対応できる、というのは誰にとっても心強いのではないでしょうか?

この無利息サービスですが、消費者金融によってそれぞれ少しづつ特徴が異なるようです。それを理解して、自分に合ったサービスを選んでください。

②無利息期間が消費者金融によって違う

1.アコムの場合
アコムでは「30日間金利0円サービス」という名前で展開しています。

<アコムで「30日間金利0円サービス」を受ける条件>

  • アコムでの契約がはじめてであること
  • 返済期日「35日ごと」で契約すること

返済期日「35日ごと」というのは、返済した翌日から35日後が次の返済期日になるという返済方法のことです。自分のペースで返済していける、という方に特におすすめの返済方法となっています。

このアコムの提供する30日間金利0円サービスは、「契約の翌日から30日間」が対象期間です。実際にお金を借入れした翌日、ではないという点をしっかりと覚えておきましょう。

ですから、アコムで30日間金利0円サービスを最大限利用するとすれば、契約即日に、もしくは次の日に借り入れを済ませるのがベストでしょう。

2.プロミスの場合
プロミスはローンを初めて利用する方で、Eメールアドレスを登録し、Web明細を選択した方に30日間無利息サービスがプレゼントされます。30日が始めるのは、「初回の出金の翌日から30日間」です。こちらは契約の翌日ではなく、実際にお金を借りた日の翌日から数えて30日間となっていますので、アコムやレイクに比べて一歩リード、という感じでしょうか?どちらにしてもしっかり返済日を守るようにしましょう。

3.レイクの場合
また、レイクにも無利息サービスは、初めてレイクで借入を利用する方に限り、2種類の無利息サービスから1つ選べます。
<レイクの2種類の無利息サービス>

借入限度額が1~200万円の方限定になってしまいますが、借入金額の内5万円までなら180日間無利息のサービスが受けられます。5万円を超える金額は超えた金額は通常の利息計算で利息が発生しますので、5万円以下の少額のキャッシングをしたいならオススメです。

借入金額全額30日間無利息サービスが受けられます。無利息期間が30日間と短いですが、借入金額全額が無利息になりますので、ある程度まとまった金額のお金を借りたいならオススメです。

どちらも、契約の翌日から数えた日数となっていますので、注意が必要です。お金を借りた翌日ではなく、契約の翌日である、という点をしっかり覚えておかないと、利息がとられた、なんてことになりかねません。

会社名
無利息期間
利用条件
詳細
アコム 30日間 初回利用時のみ/返済期間を35日ごとに設定 詳細
プロミス 30日間 初回利用時のみ/メールアドレス登録/書面受け取り方法をweb明細に設定 詳細
新生銀行カードローンレイク 30日間/180日間※ 初回利用時のみ 詳細

※初回利用時のみ/借入額の内5万円まで無利息

少しでも金利のコストをかけずに借りたいときは〇〇を比較?

金利は、最高金利から最低金利のうち、借りる額によって決まりますが、10万円から50万円くらいまでの借入だと、たいてい最高金利が適用されることが多いです。生活費や急な出費の補てんに借りたいという場合は、最高金利で比較することが重要です。

無利息でキャッシングしたいならプロミスがおすすめ!メールアドレスとWEB明細の利用登録をすれば、初回借入日から最大30日間無利息で借り入れできます。30日以内にお金を返せるなら借りた金額だけ返済すればいいので便利です。

5万円借りたい人が知るべき!損をせずに少額キャッシングする方法

Cache_38_P0205

「どうしても旅行で5万円が必要...」 「給料日までお金がもつか厳しい...」 「友達から5万円も借りられない...」 などといった状況はありませんでしょうか?5万円という金額となると、知り合いからは直接借りにくいですよね。 この記事では「キャッシングで5万円だけ借りたい」という人に向けて「一番お得に5万円借りる方法」を紹介します。少額借り入れをする時のポイントや実際に5万円借りた場合の返済シミュレーションについての情報があります。

5万円借りたい人におすすめのキャッシング・カードローン

少額だけキャッシングしたい!」という人には「無利息キャッシング」が利用できる消費者金融、銀行カードローンに申し込むのをおすすめします。借り入れ額が5万円と少額だと利息が高いというデメリットがあります。しかし、無利息サービスを利用すれば利息を払う必要がなくなるので、利用者の負担が減ります。ここでは5万円借りたい人におすすめの無利息サービスを提供している消費者金融、銀行カードローンを紹介します。

キャッシング・カードローン 審査時間 特徴 詳細
新生銀行カードローンレイク 申込完了画面に表示 5万円までなら180日間無利息 詳細
アイフル 最短30分 最大30日間無利息 詳細
アコム 最短30分 最大30日間無利息 詳細
プロミス 最短30分 最大30日間無利息 詳細

5万円借りた場合の返済額や返済期間の目安

5万円といえど、やはり利息や返済額がどれくらいなのかはきになるはずです。そこでイメージしやすいために「アイフル」で5万円借りた場合の返済シミュレーションをまとめてみました。

支払方式 :借入後残高スライド元利定額リボルビング
支払サイクル:約定日制(毎月払い)
利用金額:5万円
貸付利率(実質年率):18.0 %
支払回数:14回 
月次分割額:4,000 円(最終回:3,778円)
支払期間:1年2ヶ月
支払総額:55,778円
返済回数 月次分割額 利息 元金 残高
1 4,000円 750円 3,250円 46,750円
2 4,000円 701円 3,299円 43,451円
3 4,000円 651円 3,349円 40,102円
4 4,000円 601円 3,399円 36,703円
5 4,000円 550円 3,450円 33,253円
6 4,000円 498円 3,502円 29,751円
7 4,000円 446円 3,554円 26,197円
8 4,000円 392円 3,608円 22,589円
9 4,000円 338円 3,662円 18,927円
10 4,000円 283円 3,717円 15,210円
11 4,000円 228円 3,772円 11,438円
12 4,000円 171円 3,829円 7,609円
13 4,000円 114円 3,886円 3,723円
14 4,000円 55円 3,723円 0円

5万円をキャッシングするときの注意点!「リボ払い」は避けよう

少額融資に限りませんが、キャッシングする際は「リボ払い」に注意しましょう。リボ払いは月々の返済額でみれば負担が少なくみえますが、返済期間が長くなるとこれがまた厄介です。
なぜなら月々の返済額は少なくなりますが、「返済期間」が長くなるので結果的に支払う利息がどんどん高くなってしまいます。この記事を読んでくださっている方々はおそらく「5万円ほどの少額をキャッシングしたい」方なので、リボ払いでちまちま返済するよりもまとめて返済した方が圧倒的にお得にキャッシングできます。少額キャッシングは無利息サービスと併せて利用するのがおすすめです。次に「5万円をお得に借りられる無利息キャッシング」について解説します。

5万円まで180日間無利息で借りられる?新生銀行カードローンの魅力

新生銀行カードローンレイクには最大180日間の無利息期間があります。

新生銀行カードローンレイクで5万円借りるのに向いている人

  • 新生銀行カードローンレイクの契約が初めて
  • 契約額が1万円~30万円
  • 借りたい金額が1万円~5万円

180日間なら何度利用しても「5万円までのキャッシングなら」無利息で借りられます。いくつかある銀行カードローンの中でもこのサービスを提供しているのは新生銀行カードローンレイクのみです。

新生銀行カードローンレイク

lake_pc_670

おすすめ度5.0

審査時間
申込完了画面に表示 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~18.0% 

※「借入金額5万円まで180日間利息0円」と「借入全額30日間利息0円」の2つの無利息ローンの併用はできません

レイクに申し込み

5万円を借りたい人が知っておくべき3つのポイント

「飲み会が多くて出費が重なってしまった…でも今日はたくさん支払いが…」
そんな時にはキャッシングサービスを利用して賢く支払いをしましょう。ここでは今日中に借り入れをしたい方にオススメの方法を紹介していきます。

ネット申し込みで時間短縮

窓口や電話、無人契約機を利用せずネットで申し込みが出来るキャッシングサービスがあります。
手続きも簡単で、大体が即日キャッシング可能なサービスです。そういった会社は少額であれば収入証明書も不要であるケースがあるため、時間のロスが少なくて済みます。

ネット申し込み後に自動契約機で手続き

ネットだけでは不安、実際に話を聞きながら借り入れをしたいけど、すぐに借り入れがしたいという人へオススメの方法です。
ネットで簡単な個人情報を入力してから窓口などで登録することで、契約の時間が短縮されます。自動契約機での契約ならオペレーターと話しながら契約手順が進められますので安心して手続きができます。

24時間申し込み受付ですぐにキャッシング

ネット申し込みでキャッシングまでの時間を短縮する方法を紹介しましたが、その中でも特におすすめなのがアイフルです。

5万円を借り入れをするときに確認する4つのポイント

初めてキャッシングを利用する人のほとんどは借り入れ額が5万円~10万円と少額です。どうやってキャッシングサービスを選んだらいいかをここでは説明します。一般的に確認するポイントは、金利や支払い方法、手数料などを確認します。

①30日間無利息サービスをしているか

お金を借りてから30日間無利息で借りられるか否かを確認してみてください。
給料日で返済出来る人や返済のメドが立っている人は、このサービスを利用することで金利を浮かすことができます。大手消費者金融ならアイフルプロミス、銀行カードローンなら「新生銀行カードローンレイク」なら無利息サービスが利用できます。

②即日借り入れが可能か

急いで5万円が必要なら、即日借り入れが可能なキャッシングサービスを選びましょう。ただし、14時までの申し込みが必要なキャッシングサービスが多いので、即日で借り入れを希望する人は何時までに申し込みが必要なのか申し込み前に確認しましょう。

③返済出来るATMや金融機関を知る

どこで返済可能かを確認しておく必要があります。多くの会社はコンビニや提携ATMで返済することが可能ですが、それも近所になかったら遠くまで出て返済しに行くことになります。そうすると時々面倒だと感じてしまい、延滞してしまう人がいますが延滞してしまうと信用情報に傷が付いてしまいます。

④アルバイト・フリーターでも借り入れ可能か

一時的に職がなくて、借り入れが必要な人もいます。そういった人は無職でも借り入れ可能かをサイトや口コミで調べたうえで申請しましょう。借り入れの可能性が高い方が時間のロスがなくて済みます。

「どうしても旅行で5万円が必要...」 「給料日までお金がもつか厳しい...」 「友達から5万円も借りられない...」 などといった状況はありませんでしょうか?5万円という金額となると、知り合いからは直接借りにくいですよね。 この記事では「キャッシングで5万円だけ借りたい」という人に向けて「一番お得に5万円借りる方法」を紹介します。少額借り入れをする時のポイントや実際に5万円借りた場合の返済シミュレーションについての情報があります。

借り換えのデメリットと意外な落とし穴

Dollarphotoclub_53597686

高い金利や返済額を見て不安になった方達は、借り換えを検討したことがあるのではないでしょうか? 借り換えとは、銀行や消費者金融などの金融機関が販売している借金を返済するための金融商品です。返済総額分をローン(キャッシング)として組んで、借金返済のためにその融資されたお金を当てます。 つまり、金利負担が少なくなるだけでなく、返済総額が低くなり、返済期間も短くなります。メリットばかりなので、キャッシングをしていて不安な人はこの金融商品に飛びつきますが、実はデメリットや意外な落とし穴があるんです。 この記事では、借り換えのメリット・デメリット(特にデメリット)について紹介します。

メリット1:総支払額が少なくなる

先述した通り、借り換えという商品は金利が低く設定されてあります。
高い金利から低い金利に変わるので、総支払額が少なくなるのです。
また、複数借り入れがある人にとっては複数金利を払っていることになるので、借り換えをした方がお得と言えます。

メリット2:支払い計画が立てやすくなる

毎月固定で返済していくことになるので、支払い計画が立てやすくなります。
複数から借り入れをしている人にとっては嬉しいメリットです。
特に、固定金利タイプにすることで返済が完了するまで同じ金額を支払い続けます。
そうすると、いつまでお金を払い続けるのかも分かるため、支払い計画だけでなく、月々のお金の計画も立てやすくなります。複数の借金を1つにまとめると返済額・返済面の両方にメリットがあるのです。

デメリット1:追加借り入れが出来なくなる

借り換えは借金完済が目的の金融商品であることはお伝えしました。
返済・完済のために利用されるお金ですので、今までのように追加の融資を受けることが出来ません。
借り換えローンに変更する前の方がよかったと思う人も多いそうです。

そして、そう思ってから他のカードローンやキャッシング会社から借り入れようとしても遅いです。
何故なら、借り換えにしてからすぐに他の金融機関の審査は通りにくくなり、ほとんど借り入れは出来ないと思ってください。
王道として、乗り換えローンのプランや借り換えローンなのに追加融資が可能な消費者金融などの金融会社もありますが、やはりそれも確実と言える方法ではありません。

このようにメリットが強く見えても、デメリットの色味も強すぎます。
そのため、今の状況で本当に借り換えにする必要があるのかをしっかりと判断して検討することをオススメします。

デメリット2:審査に時間がかかる

これも結構大きなデメリットです。
金利が低い分、消費者金融や銀行系の金融機関の審査が厳しくなります。
通常のキャッシングなどと同様に、申込内容から調査し、コンピューターでスコアリングするのですが、それが厳しいということです。
結局どこの審査にも通らなかった人もいます。

審査基準として、

  • 年齢
  • 居住年数
  • 同居人
  • 職業
  • 勤続年数
  • 年収
  • 電話番号

が審査項目の重点を置かれます。
総じて「しっかりと返済できる人」であればいいのです。
その信用の有無がこういった項目で判定されます。

また、返済の延滞や債権整理などがあるとかなり厳しいと言われています。
キャッシングではギリギリで通っていた人も、アウトになる可能性が高いです。

もっと厳しいのが、他社からの借入件数です。
5件以上は即アウト、4件は微妙なライン、3件以下なら比較的安心して審査結果を待つことができます。

このように、金利が低いというだけで金融機関は慎重になります。
そのため、審査に時間がかかるのです。
(金融会社の利益が少ないですから仕方ないのですが…。)

意外な落とし穴:支払い総額が高くなる可能性あり

意外なのが、支払い総額が高くなる可能性があることです。
一目では金利が下がるので安心感があります。
しかし、返済期間が長くなってしまうと、結果的に支払う利息分は増えます。
気付けば今まで借り入れていた額よりも高くなっていた…という嘘のような本当の出来事が起こり得ます。
返済総額に重点を置いている人にはかなりの落とし穴です。
借り換えには固定金利と変動金利があるので、変動金利を選んだ方は注意が必要です。
借り換えをする前に、金利と手数料などを含んだ総額をシミュレーションして、利用を検討しましょう

借金返済にお困りの方が読むページ
⇒借金の返済でお困りの方はこちら

高い金利や返済額を見て不安になった方達は、借り換えを検討したことがあるのではないでしょうか? 借り換えとは、銀行や消費者金融などの金融機関が販売している借金を返済するための金融商品です。返済総額分をローン(キャッシング)として組んで、借金返済のためにその融資されたお金を当てます。 つまり、金利負担が少なくなるだけでなく、返済総額が低くなり、返済期間も短くなります。メリットばかりなので、キャッシングをしていて不安な人はこの金融商品に飛びつきますが、実はデメリットや意外な落とし穴があるんです。 この記事では、借り換えのメリット・デメリット(特にデメリット)について紹介します。

カードローンの更新手続きをしないと停止される?更新にも審査はある

Cache_50_r0106

キャッシングやカードローンを利用していて、そろそろ更新に近づいてきたりすると、更新って何をすればいいんだろう、と思う人が多いようです。 他にも、そもそも契約更新なんてものがあるのか、という人もいるくらい、普段あまり意識されていない事柄です。 特に、残高が残っていたりするとなおさら焦る人もいます。 詳しくは後述しますが、更新手続きは基本的にないので安心してください。 その理由や、契約更新が出来ないケース、契約更新が出来ないとどうなってしまうのかなどについて説明していきます。

カードローンの契約更新が出来ないとどうなる?

契約更新が出来ないと、新規借入が出来なくなり返済だけを求められるようになったり、解約されたり、利用限度額を少なくされるなどといったことが起きます。

あまりにも契約更新の審査をした時に酷いようだと返済額の一括返済を求められる場合もあるそうですが、これはかなりレアケースになるようです。

返済義務の放棄は強制解約に繋がる

融資を受けたら、返済義務が発生します。
それを放棄した場合は、更新期間になる前に強制解約される可能性が高まります。
借入をしたら、しっかりと返済日に返済していくようにしましょう。

しっかりと毎月返済金額を納めている人には問題なさそうなキャッシングの更新ですが、それでもやはり強制解約や契約更新が出来なくなるのは怖いですよね。
心配な方は返済用口座やカードローン専用口座を用意してみたり、約定返済額などをメモや手帳に記入しておいたりと対策が取れそうです。

カードローンの更新は基本的には全て自動延長

カードローンの契約期間は、金融機関によって違いはあるものの、一般的に申し込みから銀行は1年、消費者金融は5年、一部クレジットカードは3年が目安のようです。

この契約期間内に借入残高と利子を完済できない場合には、特に問題がない限り自動更新されていきます。

更新手続きはない

自動延長されていくということは、更新手続きはありません。
それだけで気持ちが楽になりますよね。

しかし、更新手続きがない代わりに信用情報などのチェックが入りますので、延滞などをしないよう日々意識していくようにしましょう。

カードローンの契約更新が出来ないケースとは

契約更新が出来なくなるケースは、やはり月をまたぐ約定返済日を超えての延滞を何度も繰り返している人や、返済義務を放棄してしまった人などは契約更新が出来なくなります。

何故かというと、消費者金融や銀行カードローン系の会社はしっかりと融資額と利息を返済してくれる人を望んでいます。
つまり、返済能力がある人がそれに当てはまらない場合、契約更新をすることが出来ません。

借入件数が多い場合

更新にも審査があります。
借入や返済状況の確認だけでなく、個人信用情報機関の確認なども行います。

そこで気をつけたいのが、他社借入件数です。
この件数が多い場合は個人信用情報(途上与信)に引っかかり、契約更新が出来ない場合があります。
更に、短期間で何社も申込みをしている場合はブラック情報に記載されている可能性もあるので気をつけてください。

他社借入をしているということは、お金に困っている人だと認識されたり、多重債務者になりかねないといった理由で審査を通過することが出来なくなってしまいます。

キャッシングの申し込みをする場合は、自分のカードローンの契約状況をしっかり確認してから審査を受けるようにしましょう。

キャッシングやカードローンを利用していて、そろそろ更新に近づいてきたりすると、更新って何をすればいいんだろう、と思う人が多いようです。 他にも、そもそも契約更新なんてものがあるのか、という人もいるくらい、普段あまり意識されていない事柄です。 特に、残高が残っていたりするとなおさら焦る人もいます。 詳しくは後述しますが、更新手続きは基本的にないので安心してください。 その理由や、契約更新が出来ないケース、契約更新が出来ないとどうなってしまうのかなどについて説明していきます。

キャッシング後のキャンセルは審査に影響するのか

Cache_27_r0224

緊急でお金が必要ということになって、消費者金融や銀行カードローンなどの金融会社に申込をした際に、キャンセルしたくなったり、やはり使わなさそうと思った時に実際キャンセルは可能なのでしょうか? 実は申込をした後に冷静になって、キャンセルをする方も多いそうです。 この記事では、キャッシングやカードローンの申込後にキャンセルが出来るのか、キャンセルしてしまうとどうなるのかなど気になる情報をお伝えしていきます。

カードローンの申込後にキャンセルは可能なのか

カードローン審査後にキャンセルは可能です。
勿論、個人信用情報にも問題はありません。

キャンセルすることを申請した会社に一言連絡すれば、担当者がキャンセルの手続きをしてくれます。
(事情なども説明しておくことをお勧めします。)
この連絡がないと、トラブルになる可能性や顧客情報にマイナスイメージとして残されることになるため、気をつけましょう。

キャンセルするとどうなるか

申込者が契約解除をすると、該当会社のシステムでは申込履歴に「フラグ」や何かしらの「コメント」が登録される場合が多いです。

それ以外は特にキャンセルをしたからといって、電話がかかってきたり、職場に電話があったりすることはないので安心してください。

また、法外なキャンセル料や違約金を支払うようにと言ってくる会社があるそうですが、そういった会社は闇金業者です。
事前にサイトやインターネットなどで検索して、自分の申込む会社が大丈夫かを確認しておくことも念頭に置いておいてください。

再度申込をする場合、審査に影響が出る場合もある

では、再度申込をする場合は審査に影響があるのでしょうか?
勿論、あります。

申込み履歴を参照して、以前審査通過したのに何故カード発行をしなかったのか、何故融資を受けなかったのか?という疑問を持たれることも多いからです。
また、当時の履歴が残っている場合もあるため、システムに残されたコメントなども参考にされる場合があります。

何度も多くの会社でキャンセルしない方がいい

最近は、インターネット上のキャンペーンや入会特典が欲しいために申し込みをしてすぐに解約をするという人も増えてきています。
しかし、そういった短期でのキャンセル情報は個人信用情報機関に登録されます。
そうすると、審査を受けることも出来なくなってしまいます。

申込ブラック

複数の会社へ審査申し込みをすると、申込ブラックという扱いになる場合があります。
1ヶ月に3社以上申し込んでいる人が対象になります。
(公式サイトなどで確認出来る事前審査は対象になりません。)

申込ブラックになると、しばらくの間はキャッシングの審査に通らない、もしくは通りにくくなってしまいます。

何故、申込ブラックになるかというと、1ヶ月のうちに何社も申請しているということは、お金にかなり困っている人と認識されるからです。
さらに、この情報は半年間残るため、6ヶ月以上立たないと申請しても意味がありません。

審査後のキャンセルの場合はあまり確認されないことも多いですが、出来るだけ短期間に何社も申請しないようにしましょう。

ネガティブな情報があると審査に通らない可能性も

キャンセルをして、再び申込をしようと思った時にネガティブな情報があると審査に通らない可能性があります。
ネガティブな情報というのは、契約書や規約に則った退会方法をしているかということや、短期退会していないか、郵便の受け取り拒否をした場合などが対象となります。

キャンセルの連絡は絶対に入れましょう

キャッシングのキャンセルの連絡は絶対に入れるようにしましょう。
確かに、個人信用情報にその情報は掲載されません。
しかし、その会社の顧客情報にデータが残されます。
そうすると、次回は審査に通ること自体が難しくなってしまいます。

超短期の退会も控えましょう

キャンセルはせず、審査完了後にカードなどの発行をされたけれど解約した場合のことを超短期退会と言われています。
この超短期の退会は契約日から解約日までの契約期間が近いので、同じ会社だけでなく他のキャッシング会社の審査に悪い影響を与えることになります。
また、これはキャッシングだけに限らずクレジットカード会社にも影響するので気をつけましょう。

緊急でお金が必要ということになって、消費者金融や銀行カードローンなどの金融会社に申込をした際に、キャンセルしたくなったり、やはり使わなさそうと思った時に実際キャンセルは可能なのでしょうか? 実は申込をした後に冷静になって、キャンセルをする方も多いそうです。 この記事では、キャッシングやカードローンの申込後にキャンセルが出来るのか、キャンセルしてしまうとどうなるのかなど気になる情報をお伝えしていきます。

キャッシングの4つの申込方法を比較!審査に不安がある人の申込は?

Cache_06_p0138

キャッシング審査を検討する時に、自分に合った申込方法を知って好きな消費者金融や銀行カードローンなどを選びたいと思いますよね。キャッシングの申込方法の紹介やメリットの比較をしてみました。4種類の方法がありますので、自分の状況や良さそうと思った金融会社を利用して、キャッシング利用の参考にして頂けたらと思います。ただ、キャッシングの際に気をつけてるべき点がありますので、この記事を読んで確認してみてください。

キャッシングの4つの申込方法!それぞれの特徴とおすすめ

キャッシングの申込方法は4種類あります。それぞれ特徴があるので、ここで紹介したいと思います。

  • 店頭申込:スタッフと直接話しながら契約出来る
  • 自動契約機申込:必要な時だけオペレーターに繋がって契約が出来る
  • 電話・郵送申込:電話と後日郵送で契約が出来る
  • インターネット申込:WEBのみで契約が出来る

時間がある方はゆっくり電話・郵送申し込み、直接話して契約したい方は店頭申し込み、必要なことや疑問点だけ聞きたい方は自動契約機申し込み、スピーディに済ませたい方はインターネット申し込みがおすすめです。次の項目から、各申し込み方法のメリットを紹介したいと思います。

キャッシング審査の4つの申込方法のメリットを比較

店頭申込のメリット

店頭窓口申込の一番のメリットはスタッフと直接会って申し込みが出来ることです。実は若干の融通が利いたりもします。特に審査に不安を感じている人は店頭申込をおすすめします。

人柄を見て審査をしてくれる
キャッシング会社は、「誠実そうな人」「返済してくれる人」に融資をしたいと考えているため、人柄も見て判断してくれます。この人柄を見て検討をしてくれるというのが最大のメリットと言えます。

自動契約機での申込のメリット

自動契約機(無人契約機)人に会わなくていい、困った時や必要な時だけオペレーターと繋がれるということがメリットです。個室になっていることも多く、プライベートも確保されているため安心して利用出来るというのもメリットと言えます。

電話・郵送で申込のメリット

店頭申込ほどとは言えませんが、電話でも相手のことを判断出来る材料になるため、人柄を見て判断してくれる場合があります。

また、必要書類は郵送で送ることになるため、途中で審査や申し込みをキャンセルしたくなった時にキャンセルがしやすいというのもメリットです。

インターネットからの申込のメリット

公式サイトからの申し込みのメリットはスピーディさです。本人確認書類や収入証明書などはメールやアプリから送ることも出来、最短で数十分で審査から融資までが完了します。そのため、。即日融資を受けやすいです

手軽さが人気
スマホや携帯が普及したことにより、インターネットがより身近になりました。そのため、申込者はWEB申込がとても手軽に利用出来るためようになりました。キャッシング申し込みはこのWEB申込を利用する人が多いようです。

キャッシング申込の際の比較基準!上限金利と下限金利をチェック

下記に消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンの上限金利と下限金利をまとめました。借り入れ限度額が100万円以下だと上限金利が適応されることになります。

ローン名 下限金利 上限金利 詳細
三菱東京UFJ銀行カードローン 年1.8% 年14.6% 詳細
みずほ銀行カードローン 年2.0% 年14.0% 詳細
アコム 年3.0% 年18.0% 詳細
アイフル 年4.5% 年18.0% 詳細
プロミス 年4.5% 年17.8% 詳細
モビット 年3.0% 年18.0% 詳細

表からわかる通り、上限金利で比較してみると銀行のカードローンが消費者金融のキャシングやクレジットカードのキャッシング枠より、利息が平均3.0%~4.0%ほどお得になります。

キャッシング審査を検討する時に、自分に合った申込方法を知って好きな消費者金融や銀行カードローンなどを選びたいと思いますよね。キャッシングの申込方法の紹介やメリットの比較をしてみました。4種類の方法がありますので、自分の状況や良さそうと思った金融会社を利用して、キャッシング利用の参考にして頂けたらと思います。ただ、キャッシングの際に気をつけてるべき点がありますので、この記事を読んで確認してみてください。

銀行のATMでキャッシングをする方法を紹介!

Dollarphotoclub_53146510

月末やお金の支払いや給料の振込時期になると、銀行で入金や出金のついでにキャッシング会社の利用が出来たら便利だと思いませんか?実は出来るんです。店舗によって異なる場合もありますが、銀行のATMで消費者金融や銀行カードローンなどの借入や返済が可能です。この記事では、銀行ATMでキャッシングを利用する方法や日本の大手銀行(メガバンク)でどの金融会社やクレジットカードが利用出来るかを説明していきます。

銀行ATMでのキャッシングの方法

銀行のATMでキャッシングの利用方法は簡単です。ATMの画面に従って対応するだけです。画面の表記や手順は違うものの、大体の流れは同じなのでキャッシングサービスを利用する時の方法で簡単に説明します。

  1. 「お引き出し」ボタンを押す
  2. 「借入」または「返済」のボタンを選択する
  3. キャッシングカードを挿入する
  4. 暗証番号を入力する
  5. 借入金額を指定するか、返済金額を入金する
  6. カードと利用明細票、紙幣などを受け取る

タッチパネル式なので、簡単に操作ができます。また、提携ATMやセブン銀行などのコンビニATMなどでも同様の操作方法で利用可能です。

三菱東京UFJ銀行で使える金融会社

三菱東京UFJ銀行のATMで利用可能な、大手消費金融やカードローン会社は以下の通りです。他にも利用可能な金融会社はあるので、ATMで確認ができます。

  • アコム
  • プロミス
  • バンクイック
  • アイフル
  • イオン銀行
  • エポスカード
  • オリコカード

※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

三菱東京UFJ銀行で出来ること

クレジットカードやキャッシング、カードローンが利用可能です。一部のカードで返済や残高紹介が出来ます。ATMコーナーのステッカーを確認することで、会社や取り扱い内容・時間を確認することが出来ます。

1回の利用限度額

1回の振込限度額は500万円まで、現金での振込は10万円までです。ATMで数十万円の振込をしたい場合は何度かに分ける必要があります。

ATM利用手数料

時間帯によりますが、ATM手数料は108円~216円がかかります。会社によっては、手数料が無料だったり金額が変わってくる会社もあるので注意が必要です。

みずほ銀行で使える金融会社

みずほ銀行のATM(全国約1500ヶ所に設置)で利用可能な金融会社一覧です。他にも色々な金融会社を利用出来ます。

  • アコム
  • モビット
  • アイフル
  • イオン銀行
  • セゾンカード
  • オリコカード

みずほ銀行で出来ること

クレジットカードやキャッシング、カードローンが利用可能です。会社によっては引き出し、預け入れ、残高紹介などが可能です。

1回の利用限度額

みずほ銀行では、1回ではなく1日あたりの利用限度額が適用されます。引き出しの場合は100万円、振込の場合は200万円までが対応です。ただし、磁気ストライプの場合はその半額になります。クレジットカードのキャッシング枠での引き出しの場合は1万円単位なので注意が必要です。

ATM利用手数料

時間帯や金融業者によりますが、108円~216円が相場になっています。それ以上の会社はあまりないと考えていいでしょう。

三井住友銀行で使える金融会社

都市銀行の三井住友銀行で使える金融会社一覧です。やはり、ATMでは他の会社も利用出来るため、他のカードの場合は確認してみてください。

  • アコム
  • モビット
  • プロミス
  • セディナカード
  • イオン銀行
  • ワンダーカード
  • JCBカード

※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

三井住友銀行で出来ること

クレジットカードやキャッシング、カードローンが利用可能です。一部のカードで返済や残高紹介が出来ます。
ATMコーナーのステッカーを確認することで、会社や取り扱い内容・時間を確認することが出来ます。

1回の利用限度額

三井住友銀行も1日の振込限度額は、引き出しが50万円、振込が100万円です。ただし、利用枠内での利用になります。

ATM利用手数料
時間帯によりますが、入金や振込手数料は108円~218円です。会社によっては無料の場合があります。

月末やお金の支払いや給料の振込時期になると、銀行で入金や出金のついでにキャッシング会社の利用が出来たら便利だと思いませんか?実は出来るんです。店舗によって異なる場合もありますが、銀行のATMで消費者金融や銀行カードローンなどの借入や返済が可能です。この記事では、銀行ATMでキャッシングを利用する方法や日本の大手銀行(メガバンク)でどの金融会社やクレジットカードが利用出来るかを説明していきます。

サンクスのATMでキャッシングする方法

Dollarphotoclub_62008057

全国にあるサンクスには、セブンやローソンなどのコンビニと同様にATMが設置されています。 ゼロバンク、バンクタイムと呼ばれています。 多くの都市銀行や地方銀行、MICS提携金融機関が利用出来、ゆうちょ銀行も利用が可能です。 さらに、クレジットカードやキャッシング会社の利用も出来るため、サンクスで買い物をしたついでに返済や借入が出来て便利です。 今回は、サンクスのATMで利用可能な金融会社やクレジットカード会社について説明していきたいと思います。

サンクスATM「ゼロバンク」「バンクタイム」とは

サンクスやサークルKサンクスの店舗に設置されているATMにはゼロバンクとバンクタイムという2種類の提携ATMで株式会社サンクスのオリジナルATMです。
機種(設置店舗なども)によってサービス内容が変わります。
(そのため、自分の地域を公式サイトのATM一覧で確認しておくことをオススメします。)
また、ゼロバンクは愛知県と岐阜県にのみ設置されているため、今回はバンクタイムについて説明します。

提携先対象は1500前後!金融機関カードが利用可能

りそな銀行をはじめとする都市銀行や北陸銀行、北海道銀行などの地方銀行、MICS提携金融機関の新生銀行や農業協同組合、シティバンク銀行など1500程度の提携金融機関カードが利用出来ます。

一般的に使われている銀行は提携銀行になっているため、その時使いたいお金の利用分を引き出す時に銀行ATMなどを利用しなくてもよくなりそうです。

ゆうちょ銀行、証券会社、提携クレジット、生命保険のカードが利用可能

ゆうちょ銀行のキャッシュカードや証券会社・提携クレジット・生命保険のカードの利用が可能です。
融資(借入など)がコンビニで受けられるのはありがたいですよね。
手数料や利用時間については後述させて頂きます。

利用方法については、直感的に分かりやすい操作方法になっているので、是非使ってみてください。

サンクスのATMで利用可能なキャッシング会社

多くの会社が利用可能です。
更に、キャッシングや出金・入金が利用出来るパターンや入金が出来ないパターン、入金のみしか出来ないパターンなどがあります。
ここでは、キャッシング・出金・入金が可能なキャッシングを紹介します。

  • アコム
  • プロミス
  • 新生フィナンシャルカードローン
  • クレティセゾン

キャッシング・出金の下限設定

キャッシングや出金の際にお金の下限設定があります。
一万円以上からしか対応しておらず、一万円単位での取り扱いになるため、借り入れの際は注意が必要です。

返済の下限設定

返済にも設定があります。
当たり前なのですが、硬貨が利用出来ないため一千円以上、一千円単位での返済になります。
端数がある方は千円多めに返済することになります。

利用可能時間

利用可能時間は消費者金融会社や銀行カードローンなどによって違いがありますが、基本的には深夜12時前後から利用が出来なくなる会社が多いです。
確実なのは、朝7時~夜11時50分頃までの利用です。

手数料

手数料はアコムとプロミス、クレティセゾンは同一で10000円以内が108円、10000円以上が216円となります。
新生フィナンシャルカードローンはATM利用手数料が無料となっています。

サンクスのATMで利用可能なクレジットカード会社

こちらも上記の項目で説明した通り、様々なパターンがあるので、キャッシングや出金・入金が可能なカードを紹介します。
他にも沢山クレジットカード会社があるので、詳しくは公式サイトを確認してみてください。

  • ジャックスカード
  • ダイナースカード
  • NICOSカード
  • VISAカード
  • JCBカード

キャッシングと出金が可能なカードは、イオン銀行のイオンクレジットやアメリカンエキスプレスなどがあります。

キャッシング・出金の下限設定

キャッシング会社と同様に一万円単位の取り扱いになりますが、SMBC日興証券は別途設定があります。

返済の下限設定

こちらもキャッシング会社と同様で一千円単位になりますが、JCBカードとUFJカードは一万円単位になります。
この2社のカードを持っている方は支払いの金額を確認しておくようにしましょう。

全国にあるサンクスには、セブンやローソンなどのコンビニと同様にATMが設置されています。 ゼロバンク、バンクタイムと呼ばれています。 多くの都市銀行や地方銀行、MICS提携金融機関が利用出来、ゆうちょ銀行も利用が可能です。 さらに、クレジットカードやキャッシング会社の利用も出来るため、サンクスで買い物をしたついでに返済や借入が出来て便利です。 今回は、サンクスのATMで利用可能な金融会社やクレジットカード会社について説明していきたいと思います。

必要なのはたったこれだけ!ファミマのATMでキャッシングする方法

Dollarphotoclub_61856712

全国にあるコンビニチェーン「ファミリーマート」。 ファミマと愛称で呼ばれるくらい、どこにでもある身近なコンビニです。 このファミマにATMがあるのはご存知かと思います。 とても便利で、出金や残高紹介が出来たり、イーネットで提携することで都市銀行や地方銀行、ネット銀行なども利用可能です。 更に、クレジットカードなどのキャッシング利用も出来るため、急な出費や毎月の返済があった場合に助かります。 今回ファミマATMでキャッシングが可能な消費者金融やクレジットカード会社について紹介します。

ファミマATMとは?

ファミリーマート店内に設置されているATMではイーネットとゆうちょATMが利用可能です。
イーネットについては後述しますが、多くの銀行や金融機関がファミマなどでATM利用が出来るようにするためのシステムのようなものです。

ファミマATMは年中無休で利用が可能です。
銀行によって利用可能時間は変わってきますが、最大24時間の利用が可能で、入金やカード振込が出来る金融会社もあります。

イーネットとは

イーネットとはATMでファミリーマートをはじめにして、全国13000箇所以上に設置されている便利な銀行ATMです。

提携銀行で出金・入金・カード振込などが可能

イーネットと提携している銀行では、出金や入金、キャッシュカード振込だけでなく、残高照会やローンカードでの取引や暗証番号の変更が可能です。
銀行や銀行ATMに行かなくても、ほとんどのことがイーネットで出来てしまいます。

みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などの都市銀行、七十七銀行やスルガ銀行などの地方銀行、イオン銀行やジャパンネット銀行、楽天銀行などのネット銀行など80以上もの銀行が提携しています。

その他金融機関でも出来ることがある

銀行以外の金融機関でも出金や残高照会が出来ます。
コンビニなどで利用する場合は、お金の入金よりも出金が多いと思いますので便利で助かりますよね。

クレジットカードでのキャッシングサービス利用可能

提携しているクレジットカード会社でキャッシングが可能です。
会社によりますが、支払いなども可能になっています。

利用可能なクレジットカード会社まとめ

クレジットカードなどのキャッシングが可能なクレジットカード会社は8社あります。
ファミマのクレジットカード「ファミマTカード」も勿論利用可能です。
多くのクレジットカードカードが利用出来ますので、カード払いが楽になりそうです。

  • ファミマTカード
  • DCカード
  • UCカード
  • VISAカード
  • JCBカード
  • エポスカード
  • アメリカン・エキスプレス
  • ジャックスカード

これ以外にも利用可能なカードが沢山ありますが、今回は代表的なカードを紹介しました。
他のカードが知りたい場合は、ファミマATMの「キャッシング案内」で確認できます。

ファミマTカードで注意したいのは、通常のTポイントカードではクレジット機能や銀行などの機能が付いていません。(TSUTAYAカードとも違います)
あくまで利用可能なのはクレジットや銀行機能がついている「クレジットカード」としてのファミマTカードになります。

利用可能な金融会社まとめ

イーネットと提携しているため、多くの消費者金融や銀行系金融会社を利用することが出来ます。
ここでは大手消費者金融を紹介します。

  • プロミス
  • アイフル
  • アコム
  • 楽天スーパーローン

キャッシングやカードローンをしても、ファミマで支払いや借入が出来るのは助かります。

ATM手数料

プロミスやアイフル、アコムなどはATMの手数料が一緒です。

  • 1万円以下:108円
  • 1万円以上:216円

アイフルの場合は、出金手数料が返済時に精算されるようになっています。
楽天スーパーローンは手数料が無料です。

利用時間

利用時間は各消費者金融によって差異がありますが、基本的には年中無休で利用することが出来ます。
メンテナンス時間は深夜に行われることがおおいため、0:50~6:00くらいまでは利用出来ない場合があるため注意が必要です。

全国にあるコンビニチェーン「ファミリーマート」。 ファミマと愛称で呼ばれるくらい、どこにでもある身近なコンビニです。 このファミマにATMがあるのはご存知かと思います。 とても便利で、出金や残高紹介が出来たり、イーネットで提携することで都市銀行や地方銀行、ネット銀行なども利用可能です。 更に、クレジットカードなどのキャッシング利用も出来るため、急な出費や毎月の返済があった場合に助かります。 今回ファミマATMでキャッシングが可能な消費者金融やクレジットカード会社について紹介します。

1回で何万まで?ATMでキャッシングする際の引き出し限度額まとめ

Cache_11

急にお金が必要になった場合、キャッシングで利用できる専用ATMやコンビニATM、提携ATMを探しますよね。 ですが、どのATMでキャッシングするのがよいか、利用限度額や手数料が気になりますよね。ここでは、大手消費者金融や銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング利用時のATM限度額や手数料などを紹介します。

キャッシングしたいとき、ATMはどれがいい?

アコムやアイフルなどの消費者金融や銀行系のカードローンなど、さまざまなキャッシングのサービスがあります。また、それぞれ利用するATMやカードの種類によって、引き出し限度額・振り込み限度額が異なります。

キャッシングのATM選びで注意すべきこと

ATMによっては1回(もしくは1日)の上限が設定されています。特に高額なキャッシングを希望する場合、事前に高めの利用限度額が設定されていて希望額を引き出せるATMを調べておくようにしましょう
また、専用ATMでない、提携ATMや提携コンビニATMでは、ATM利用手数料や振込手数料などがかかることも多いので注意しましょう。

クレジットカードでATMを使ってのキャッシングは?

クレジットカードのキャッシング枠でも1日の利用可能額が決まっていることが多いです。
ただし、大体どこのクレジットカードも金額は似ていて、多くのクレジットカード会社は50万円までが1日の利用額になります。
また、サービス内容によっては1日に利用出来る限度額を変更することも可能です。
これらのことから、専用ATMでは「キャッシング枠の利用限度額=1回で利用限度額」という場合が多いです。しかし、消費者金融や銀行カードローンの場合と同様に、提携ATMや提携コンビニATMでの上限が決まっているケースがあるため、キャッシング利用前にATMの下調べをしておくとよいでしょう。

限度額いくら?提携コンビニATMでキャッシングするなら

色々な金融機関を取り扱っているコンビニの提携ATM。近くのコンビニは、あなたのキャッシング利用に向いているでしょうか?提携コンビニATMも様々ありますが、有名なセブン銀行・イーネット・ローソンATMについて説明します。

セブン銀行はカードの種類でも限度額が違う!

セブン銀行とはセブンイレブンに設置されているATMのことで、セブン銀行の場合はカードの種類によっても1日のキャッシング限度額が決まっています。
ICチップカードの場合、振込限度額が200万円・引出限度額が50万円までです。磁気ストライプの場合は、振込限度額・引出限度額共に50万円までになります。

セブン銀行ATMと提携している銀行系カードローン

ローソンATMは入金の限度額が紙幣の枚数で変わる!

ローソンATMは正式名称をローソン・エイティエム・ネットワークスと言います。
ローソンATMの場合は1回の取引額が決まっており、入金の場合が50万円もしくは紙幣59枚まで、出金の場合は20万円までになります。

ローソンATMと提携している銀行系カードローン

イーネットはATMの設置個所が多くて便利!

イーネットはATMサービスのひとつですが、設置されている提携店舗が非常に多い点で優れています。ファミリーマートはじめ、サークルKサンクスやスリーエフなどの提携するコンビニチェーン店、また、大手スーパー各所、ドン・キホーテなどの量販店、といったように必ずしもコンビニだけというわけでもなく幅広い種類の店舗に設置されています。
また、1回の利用限度額が決まっていますが、1日に何度も利用可能です。
入金の場合は、50万円もしくは紙幣59枚まで、出金(借入)の場合は、20万円までです。

イーネットATMと提携している銀行系カードローン

銀行ATMはキャッシング利用の限度額と手数料いくら?

提携の銀行ATMは多種多様になっているため、今回は、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の主要な3つのメガバンクについて、それぞれの利用限度額とお得なATM手数料についてご紹介します。

三菱東京UFJ銀行の場合

三菱東京UFJ銀行は1日の利用限度額が決まっています。
引出しが50万円、振込が100万円です。
また、三菱東京UFJ銀行バンクイックの利用の場合、インターネットバンキングの「三菱東京UFJダイレクト」を利用すると手数料が無料になります。
また、三菱東京UFJ銀行バンクイックは、三菱東京UFJ銀行専用ATM・提携コンビニATMのいずれを利用しても手数料が無料なのでお得ですね。

三菱東京UFJ銀行カードローン

300x250_030_048_01

おすすめ度5.0

審査時間
遅くとも3日 
融資時間
遅くとも3日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※商品名は「バンクイック」です。

三菱東京UFJ銀行に申込

三井住友銀行の場合

三井住友銀行は三菱東京UFJ銀行と同様に1日の利用限度額が決まっています。
引出しが50万円、振込が100万円です。
また、三井住友銀行のATMでは、三井住友銀行カードローン利用時の手数料は無料で利用できます。

三井住友銀行カードローン

smbc-banner-20170430

おすすめ度5.0

審査時間
- 
融資時間
- 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年4.0%~14.5% 

三井住友銀行に申し込み

みずほ銀行の場合

みずほ銀行も1日の利用限度額が決まっています。
磁気ストライプカードの引き出しは50万円まで、振込は100万円までです。
ICカードは引き出しが100万円、振込は200万円までになっています。
また、みずほ銀行ATMでみずほ銀行カードローンを利用の場合、手数料が無料になります。

みずほ銀行カードローン

mizuho-banner-20170925

おすすめ度5.0

審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年2.0%~14.0% 

みずほ銀行に申し込み

急にお金が必要になった場合、キャッシングで利用できる専用ATMやコンビニATM、提携ATMを探しますよね。 ですが、どのATMでキャッシングするのがよいか、利用限度額や手数料が気になりますよね。ここでは、大手消費者金融や銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング利用時のATM限度額や手数料などを紹介します。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧