キャッシングアカデミー

キャッシングの審査に不安な外国人の為の審査に受かる3つの条件

Cache_27_r0224

大学などからの外国人留学生や外国人研修生、派遣や移住、外国人雇用などで外国から日本に来て、思っていたよりお金が足りなくなってしまう人が多いようです。 やはり日本の物価は高いですよね。生活費や教材費、書籍代などが足りず困った時、ふと思い浮かぶのがキャッシングだと思います。 ですが、外国人でも日本でキャッシング出来るのか!?と思うかもしれません。この記事では外国人でも借入が出来るのか、キャッシングが出来たとしても審査に必要な申請書類はどういったものを出せばいいのかなどについて説明していきます。

外国人は日本の永住許可があればキャッシングは可能

外国人でも以下の条件を満たしていれば、キャッシングの利用は可能です。

  • 日本の永住権を持っている
  • 日本語を読み書き出来る
  • 安定した収入がある

永住許可を持っている・永住権がある外国人ならキャッシングやカードローンの審査に通る条件や審査の厳しさはほぼ日本人と変わりありません。

外国人だから…といって諦めるのではなく、上記の条件を満たしているならぜひ考えてみてください。

キャッシングとカードローン 特徴 詳細
アイフル 在留カード、外国人登録証明書、特別永住者証明書のいずれかがあれば申込可能。最短30分で審査完了 詳細
プロミス 在留カードか特別永住者証明書があれば申込が可能。最短1時間で融資可能 詳細

外国人でも申込可能

aiful-banner

おすすめ度5.0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~18.0% 

※はじめての方に限り、最大30日間無利息。

アイフルに申し込み

永住許可がなくても申込はできるが審査は厳しい

では、永住許可・永住権を持っていない留学生や研修生、仕事で派遣された外国人の方はキャッシングの審査に申込可能でしょうか。

永住許可・永住権がない外国人でもキャッシング会社に申し込みは可能です。永住権の代わりに外国人登録証があり、日本語の規約・申込書が読めるレベルの読み書きを有している外国人ならキャッシングは可能です。

しかし、永住許可・永住権がある外国人よりはキャッシングの審査は厳しく審査で落とすキャッシング会社もありますので注意して下さい。比較的、永住権がない在住外国人は断られる場合が多いです。

ですが、アイフルでは在留カード、外国人登録証明書、特別永住者証明書のいずれかがあれば申込可能なので他の機関に比べて借りやすいと言えます。

アイフルの公式サイトへ

それでも難しそうと感じた方は、申請人がお持ちのクレジットカードのキャッシング枠を利用することをオススメします。

外国人のキャッシングの審査の必要書類は日本人とは違う

キャッシングの審査の際に金融会社に提出する本人確認書が日本人と外国人では違います。外国人の申込者は以下のような書類が必要になります。

  • 身分証明書
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

上記の一覧をみると在留カードと特別永住証明書が外国人専用で必要な本人確認書だと思います。ただし、消費者金融・銀行によって必要な書類が変わってくるため、申請するキャッシング会社に確認したり、ホームページなどを見てみてください。

在留カード

在留カードとは、日本に中長期滞在する外国人に対して交付されるカードで、日本に適法に在留していることの証明になるものです。偽造防止対策が取られているため、虚偽のカードで申請したらすぐにバレます。

特別永住者証明書

外国人登録証明証が2012年7月9日から変更となって、特別永住者証明証が発行されています。再入国許可が6年となった証明書です。

外国人でもキャッシング可能な消費者金融と銀行

日本では消費者金融会社なども永住権のある人でないと審査基準に満たないという審査方針の会社もありますが、ここでは外国人でもキャッシングが可能な消費者金融や銀行系のカードローンなどについて紹介します。

オリックス銀行カードローンこちらも在留カードか特別永住者証明書のいずれかがあれば申込みが可能です。

キャッシング可能な会社を見分けるポイントとして、ホームページなどを見て本人確認証明書項を確認することが大事です。キャッシングの審査が不安な外国人の方は、ホームページを見てもわからない場合は電話で確認してみてください。

大学などからの外国人留学生や外国人研修生、派遣や移住、外国人雇用などで外国から日本に来て、思っていたよりお金が足りなくなってしまう人が多いようです。 やはり日本の物価は高いですよね。生活費や教材費、書籍代などが足りず困った時、ふと思い浮かぶのがキャッシングだと思います。 ですが、外国人でも日本でキャッシング出来るのか!?と思うかもしれません。この記事では外国人でも借入が出来るのか、キャッシングが出来たとしても審査に必要な申請書類はどういったものを出せばいいのかなどについて説明していきます。

1万円だけ借りたい人が利息0円でキャッシングできる裏技を紹介

Cache_44

「生活費が1万円足りない」・「急な飲み会が入った!」・「合コンでお金が足りない」など、急な出費でお金が足りなくなることがありますよね。どうしても1万円だけ必要な時は思い切って借りてしまいましょう。少額なので、すぐに返済することが出来ますし、利息も少なくて済みます。 なので、安心して借り入れ出来る気がしませんか? この記事では、1万円という少額でも借り入れする場合の契約方法やオススメの金融会社を紹介します。

1万円だけ借りたい人が無利息キャッシングを利用しよう

急な出費で1万円だけ必要になった時、大手消費者金融や銀行のカードローンから1万円だけ借り入れることが可能です。ここでポイントなのは「無利息」で利用できるサービスを選ぶことです。

1万円借りるのにおすすめのキャッシング・カードローン

給料日後にすぐ返済できる、返済のメドが立っているという人は無利息サービスのある大手消費者金融・銀行のカードローンを選ぶのもおすすめです。

キャッシング
カードローン
無利息期間 詳細
新生銀行カードローンレイク 最大180日間(5万円の借り入れまで) 詳細
プロミス 最大30日間(初回利用時の翌日から) 詳細
アイフル 最大30日間(契約日の翌日から) 詳細
アコム 最大30日間(契約日の翌日から) 詳細

1万円のキャッシングをしたいなら30日間無利息の会社を選ぼう

1万円だけ借りたい」のような少額キャッシングをしたい方は、アコムやプロミスなどといった大手消費者金融の30日間無利息で貸し付けてくれるキャッシングを利用しましょう。
何故無利息で借りれるのかというと、少額借り入れの場合は金利が低いため金融会社が儲かりません。そのため、30日間無利息で貸し付けてくれるキャッシングがあるのです。
給料日後にすぐ返済出来る、返済のメドが立っているという人はこういったサービスのある会社を選ぶのもおすすめです。
下記に無利息サービスのある会社をまとめましたので参考にしましょう。

キャッシング
カードローン
日数 無利息の開始日 適用条件 詳細
アコム 30日間 契約日の翌日 ・初めての契約のみ
・返済期日を「35日ごと」にする
詳細
プロミス 30日間 初回借入日の翌日 ・初めての契約のみ
・プロミスでメールアドレスを登録すること
・明細はWeb明細とすること
詳細
アイフル 30日間 契約日の翌日 ・初めての契約のみ 詳細

1万円借りるなら30日間無利息で有名なプロミスがおすすめ

1・3・5万円といった少額のキャッシングであれば、プロミスがおすすめです。プロミスがおすすめな理由は30日間無利息で借りられるサービスを利用できるからです。30日間以内に1万円を返済すれば、なんと利息0円でお金を借りられます。

1万円から借りられるプロミス

01_fact_300x250_orange

おすすめ度5.0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短1時間 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~17.8% 

プロミスに申し込み

1万円借りる時のキャッシング会社は返済シミュレーションを利用して決めよう

少額の借り入れでも、金融会社に借り入れるため利息が付きます。そのため利息が少ない会社を選ぶのがベストです。
しかし、利息が少ないキャッシング会社というのは審査が厳しい傾向にあるため、即日融資が出来ない場合もあります。

返済シミュレーションを使う

返済シミュレーションがある会社が多いので、返済シミュレーションを使って支払い総額が安い会社を選ぶ方法があります。
支払い総額が安いことで、負担が減ります。

アイフルで「1万円」借りた場合の返済シミュレーション

支払方式 :借入後残高スライド元利定額リボルビング
支払サイクル:約定日制(毎月払い)
利用金額:1万円
貸付利率(実質年率):18.0 %
支払回数:3回 
月次分割額:4,000 円(最終回: 2,275 円)
支払期間:3ヶ月
支払総額:10,275 円
返済回数 月次分割額 利息 元金 残高
1 4,000円 150円 3,850円 6,150円
2 4,000円 92円 3,908円 2,242円
3 2,275円 33円 2,242円 0円

その際にチェックして欲しいのが、ATM利用時の手数料です。シミュレーションに表示されていない場合もあります。また、どこで返済可能かも確認してください。折角返済しようと思ったのに近くに返済できる場所がないというのも負担になります。面倒で延滞してしまっては、信用情報に傷が付いてしまいます。

契約方法は1万円借りる時も通常借入も同じ

たとえ1万円という少額でも借り入れをするわけなので、契約方法は通常の借り入れと同じです。契約方法はいくつかありますが、大体以下の5つの方法で契約します。

契約方法

  • 窓口契約
  • 無人契約機の利用
  • 電話契約
  • WEB契約

すぐに契約ができる無人契約機かWEB契約をオススメします。

1万円から借り入れ可能なキャッシング・銀行のカードローンのおすすめ申し込み方法

1万円から借り入れ可能でオススメのキャッシング・銀行のカードローンを紹介します。

キャッシング
カードローン
無利息期間 詳細
新生銀行カードローンレイク 最大180日間(5万円の借り入れまで) 詳細
プロミス 最大30日間(初回利用時の翌日から) 詳細
アイフル 最大30日間(契約日の翌日から) 詳細
アコム 最大30日間(契約日の翌日から) 詳細

「生活費が1万円足りない」・「急な飲み会が入った!」・「合コンでお金が足りない」など、急な出費でお金が足りなくなることがありますよね。どうしても1万円だけ必要な時は思い切って借りてしまいましょう。少額なので、すぐに返済することが出来ますし、利息も少なくて済みます。 なので、安心して借り入れ出来る気がしませんか? この記事では、1万円という少額でも借り入れする場合の契約方法やオススメの金融会社を紹介します。

複数のキャッシングを効率的にする方法

PAK86_kakuteishinkokusuru20140312500

複数の会社でキャッシングを利用していると、頭を抱えるのが返済の方法。 ここでは効率よく返済する方法の一つとして、「おまとめローン」を紹介します。 ただしこのおまとめローンには、得な場合とそんな場合があります。 複数社のキャッシングの変さに悩んでいる方、一つにまとめようと悩んでいる方は必見です。

複数会社でキャッシングしているなら「おまとめローン」

複数の借金を一つにまとめるとお得

複数あるキャッシングや銀行のカードローンの返済を一つにまとめると、いろいろな点でメリットが出ます。例えば返済日が一つにまとまるので、わかりやすく返済計画も立てやすいですよね。また、月に一度の返済ですのでストレスも軽減できます。

でも、おまとめローンのいいところはそれだけではないんです。上手におまとめできれば、返済金額も減らすことができます。なぜなら、消費者金融や銀行カードローンなどを提供している金融機関はキャッシングを行う時、逆比例型金利というシステムを採用しているからです。

これは何かといいますと、たくさんキャッシングすればするほど金利は低くなる、というシステムです。たとえばA社から50万円、B社からも50万円、C社からも50万円を借入しているとしましょう。法律の定める上限金利は18%ですから、払う利息は9万円ずつの合計27万円になります。もしこの借金総額150万円をD社でおまとめできればどうでしょうか?150万円借りた場合の上限金利は15%ですので、払う利息は225000円となります。

おまとめしたほうが5万円近くも利息を減らすことができるのです。ですが、キャッシングのおまとめはいつもお得というわけではありません。注意しなければならない点があります。代表的なものを3つご紹介いたします。

複数の借金をおまとめする時の三つの注意点

1.金利が安くならなければ意味がない

おまとめローンに申し込みをしても、金利が安くならない場合がある、ということを覚えておかなければなりません。どこの金融会社でもそうですが、貸し倒れの可能性が高い人には金利を高く設定します。おまとめをする、ということは逆を言えば、数社からのキャッシングを受けている、ということでもあります。ですから、リスクが高いと判断され結局金利が高く設定されてしまったり、限度額が低くなったりすることもある、というわけです。

くわえて、金利とはまた別の話ですが、繰越返済手数料・新規口座開設金などの経費が掛かる、ということも覚えておかなければなりません。利息は安くなっても、手数料でとんとん、なんてことにならないように然り計画をして申し込む必要があります。

2.おまとめローンの審査は厳しい

おまとめローンの審査は、一般的なキャッシングの審査に比べると厳しい、と言われています。一般的なキャッシングの審査に加えて、おまとめの審査もある、というわけです。信用情報や借入件数、借入額、契約数などが当然審査されてしまいます。返済能力が厳しく審査されるのです。申し込んだら必ずおまとめローンに借り換えられる、とは限らないことを覚えておいてください。

3.「おまとめ詐欺」には気をつける

おまとめローンを利用した詐欺にも注意しておく必要があります。

詐欺グループは、ダイレクトメールや電話で業者のふりをしておまとめローンに勧誘します。その後、実際に申し込んできた人を「返済実績をつくるため」などといって、大手のキャッシング会社からお金を借りさせます。その後、そのお金をいったん預けてくれるように言います。

「これで返済実績が出来上がり、簡単に融資ができるようになります」と言葉巧みにだますのです。申込者が何度かお金を送金したら、連絡がつかなくなる、という具合に詐欺に引っかかってしまいます。

そうした詐欺グループは足がつかないように、お金を送金ではなく小包で送るように要求してきます。怪しいと思ったらお金を送るのを絶対にやめてください。

借金返済にお困りの方が読むページ
⇒複数の金融会社からの借金返済にお困りの方はこちら

複数の会社でキャッシングを利用していると、頭を抱えるのが返済の方法。 ここでは効率よく返済する方法の一つとして、「おまとめローン」を紹介します。 ただしこのおまとめローンには、得な場合とそんな場合があります。 複数社のキャッシングの変さに悩んでいる方、一つにまとめようと悩んでいる方は必見です。

キャッシングの審査が通りやすい条件とは?

キャッシングをするときに気になる「審査」。誰もが審査に通過しやすい条件を知りたいと思っているでしょう。それにはまず、審査される項目をしっかり知っておく必要があります。審査項目と通りやすい条件を理解して、スムーズにキャッシングを始めましょう。

キャッシングで審査される項目

属性審査

審査基準として属性審査があります。属性とは簡単に言えば、個人の様々な情報のことです。おもに、年収、勤続年数などの職に関する情報、年齢、共住年数、居住形態(賃貸か持家か)、家族構成、電話、健康保険の種類などが含まれます。こうした属性に関する情報は、コンピューターで点数化され審査の判断基準となります。これをスコアリングシステムといいます。スコアが高ければ高いほど、審査に通りやすいというわけです。

信用情報審査

信用情報機関に登録されているあなたの情報も審査されます。個人信用情報機関に登録されているのは主に、①申し込み情報②クレジット情報③利用記録です。返済延滞がないか、どれくらいのカードローンや銀行に件数申し込んでいるのか、返済総額は今どれくらいなのか、クレジットカードのキャッシング情報などが審査対象になります。

書類確認

本人確認書類が必要です。普通は運転免許証ですが、ない場合にはパスポート、健康保険証などで本人確認が必要です。

在籍確認

安定した収入がキャッシングを受けるためには必要ですが、そのためには何らかの会社に所属している必要があります。申し込みの際に記入した会社に本当に勤めているのか、の確認を在籍確認といいます。多くの場合、勤務先には電話での確認になりますが、消費者金融とはわからないように、その金融機関の名前ではなく担当者本人の個人名での確認をしてくれるところがほとんどですので、在籍確認で会社にばれることはまずありません。

審査を通過するための最低条件

安定収入があること

ローン審査やクレジットカード審査において安定した収入があること、は最低条件です。「安定した」というのがポイントです。アルバイトでも毎月安定した収入があれば、審査に申し込むことができます。一般的にですが、400万円以上の年収があれば、返済能力が高いという評価になります。

勤続年数は長いほどいい

勤続年数も長ければ長いほど、評価は高くなります。それだけ信用できる人物だと判断される可能性があります。

居住年数も長いほどいい

居住年数も長ければ長いほどプラスの評価につながります。引っ越したばかりですと、審査に通るのはかなり厳しいようです。何年以上住んでいればいい、というはっきりした規準はありませんが、最低でも10年以上ですと評価は高くなります。

他社からの借入があるとマイナスポイントに

当然ですが、ほかのキャッシング会社からの借り入れがあれば、マイナスポイントになります。借り入れ件数はなるべく減らしておくのが賢明でしょう。

利用目的が計画的

どんなに勤続年数や居住年数が多くても、決して無審査でキャッシングできることはありません。例えば、ギャンブルや浪費に使うとなると、返済計画がないと見られかねません。利用目的をしっかりと立てておく必要があるでしょう。

各会社による審査項目と条件

各消費者金融によって申し込みができる条件が異なります。それぞれの条件等をまとめましたので参考になさって下さい。

キャッシング名 申し込み条件 限度額 金利
アコム 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方 1万円~800万円 年3.0~18.0%
プロミス 年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入がある方 500万円まで 年4.5~17.8%
モビット 20歳以上69歳以下で安定した定期収入がある方 1万円~800万円 年3.0~18.0%

キャッシングをするときに気になる「審査」。誰もが審査に通過しやすい条件を知りたいと思っているでしょう。それにはまず、審査される項目をしっかり知っておく必要があります。審査項目と通りやすい条件を理解して、スムーズにキャッシングを始めましょう。

コンビニでキャッシングしたとき金利ってどうなるの!?

Cache_10

コンビニATMにより、様々な銀行口座からの引き出しや消費者金融でのキャッシングがコンビニでできるようになりました。なにかと便利なコンビニですが、「便利だから金利が高いのかも……」などと疑ってしまいます。しかし、実際にはコンビニでキャッシングするときは金利よりも気をつけなくてはいけないことがあります。このページでは、コンビニATMでキャッシングするときの金利について説明していきます。

コンビニでキャッシングしても金利は同じ

コンビニのATMでキャッシングする場合と、アコムやプロミスなどのATMでキャッシングする場合はどちらの方を利用するほうが、金利がお得なのでしょうか?結論から言いますと、変わりません。

そもそもキャッシングの実質年率というものは、キャッシングした金融会社との間で決められるものです。ですから、コンビニのATMであろうと、アコムやプロミスなどのATMであろうと、ATMの種類によって金利が変動する、ということはあり得ないのです。

預金を引き出すよりもキャッシングの方がお得?

預金引き出し手数料よりもキャッシングの金利は安い

金利は確かに変わりません。ですが、変わるものがあります。それは手数料です。コンビニで深夜に銀行口座からお金を引き出す際にかかる手数料よりも、持っているキャッシングカードやクレジットカードでコンビニATMでキャッシングを利用したほうが返済金額が安く済むことがあるのです。自分の預金を下ろすよりも、キャッシングした方がお得、なんて少し変な気がしますよね。

実例で考えてみましょう。例えば、銀行の営業時間外、平日夜22時、急にお金が必要になったとしましょう。近くのセブンイレブンに行き、設置してあるATMから現金をおろすことにします。自分のみずほ銀行の口座から2万円おろしました。その時かかる手数料は時間外手数料216円です。

一方、同じ状況で三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックのキャッシングを、セブン銀行ATMでしたらどうでしょうか?バンクイックはセブン銀行ATMと提携していますので、何と手数料は0円です。自分の口座からお金をおろすのに216円かかるのに、キャッシングを利用すれば手数料0円で済むのです。翌日に最短で返済すれば上限金利だとしても利息も少なく、元金+利息という少ない返済額でその場を乗り切ることができます。30日間金利0円のキャッシングサービスもあるので、短期間で返済できる方はそちらを利用してみてはいかがでしょうか?

キャッシングを利用したほうが口座から引き出すよりも支払い金額が結局少なく、おトクなことがある、という点を覚えておきましょう。

コンビニATMには「隠れ金利」が潜んでる?

隠れ金利と呼ばれるATM利用手数料に注意

コンビニATMは本当に便利です。VISAカードや出光カード、JCBカードなど提携ATMでお金をおろすことができます。ですが注意しておかないと、余計に手数料を引き落としされる危険もあります。先ほど説明した例はセブン銀行ATMとバンクイックが提携していたので手数料が0円で済みました。ですが、提携していない場合、毎回のように借入・返済に108円が、時間外なら216円がかかってしまいます。一度や二度ならまだしも、コンビニATMで返済・借入が常となっているなら、手数料でかなり損をしてしまいかねません。

216円の手数料も5回利用すれば1000円ですので、ちょっとした利息は払える計算になります。手数料に関してもしっかり計画的に計算し、利用するようになさってください。できればアコムやプロミスのATMで返済することをお勧めします。当然、手数料はかかりませんので、心配なく借入・返済ができるでしょう。

コンビニATMにより、様々な銀行口座からの引き出しや消費者金融でのキャッシングがコンビニでできるようになりました。なにかと便利なコンビニですが、「便利だから金利が高いのかも……」などと疑ってしまいます。しかし、実際にはコンビニでキャッシングするときは金利よりも気をつけなくてはいけないことがあります。このページでは、コンビニATMでキャッシングするときの金利について説明していきます。

キャッシングの金利って?その意義と計算方法を紹介

Cache_27_r0224

キャッシングの話をすると、「金利」という言葉は非常によく出てきます。借りたお金よりちょっと多くお金を取られる手数料みたいなもの程度の認識でいると、もしかすると余計にお金を取られていることに気づかないまま、ということもあり得ます。このページでは、金利について基本から説明していきます。金利はキャッシングするうえでとても重要なことですので、是非覚えておきましょう。

キャッシングは金利はお金のレンタル料

借りた額以上に返済するのは金利がかかるから

審査に通った後、10万円をカードローンなどでキャッシング会社から借りた時、10万円+αをキャッシング会社に支払いをしなければなりません。この+αの中にはキャッシング会社の儲けや人件費などが含まれています。ざっくりいうと、この+αで金融会社はもうけを出している、というわけです。各大手消費者金融・銀行カードローンでキャッシングした時の金利を比較してみると、大きな差はありませんが金利の違いはあります。

この+αのお金がどれくらいになるかを計算するときに必要なのが「金利」と呼ばれるものです。良く実質年率4,0~18,0%なんて書かれていますよね。それが「金利」として理解してください。

金利は1日毎に返済額を増やす「毒」のようなもの

金利さえなければ、借りたお金つまり元金だけを返済して終わり、何ですが、やはりそうはいきません。金利は一日ごとに少しづつ返済額を増やしていきます。ですから、なるべく早く返済することが、とっても大事になってくるんです。実際、どのように金利はどのように設定されているのでしょうか?

それは次ような計算方法ではじき出されます。

借りたお金(元本)×金利÷365日×返済日数=利息

この式はアコムやプロミスといった消費者金融だけでなく、銀行カードローンにおいても同じです。

具体例で計算してみましょう。例えば、10万円を金融会社から借りたとします。金利は18%、返済日数は30日の場合、次のように利息は計算されます。

10万円×18%÷365日×30日=約1,479円

金利と一年間365日というのは動かしがたいものです。ですから、利息を少なくするためには、借入額として元本を少なくするか、返済日数を少なくするか、を選択しなければならないということがわかります。

金利と利子・利息の違いは「%」か「円」か

金利は%、利子・利息は実際の金額

さて、今までの所で、「金利」と「利息・利子」という言葉が出てきました。それぞれの言葉の違いについて明確にしておきましょう。ポイントはまず単位が異なるということです。「金利」は%「利息・利子」は円となります。「金利が○%だから、利息・利子は○円になるね」という考え方です。

たまに、ごっちゃになっている方がおられますので、ここでしっかりと認識しておきましょう。

利子は貰うお金、利息は払うお金

ついでに利子と利息の違いについてもご説明します。利子はもらうお金、利息は払うお金です。つまり、それぞれの立場によって言葉が変わってくる、ということです。お金を貸した金融会社が「受け取る」のが利子、そしてお金を借りた利用者が「払う」のが利息、といいうことになります。

キャッシングするときに重要なのは金利の上限

金利上限は法律で20%と決まっている

日本の法律では、金利に上限が設けられています。一昔前には「高利貸し」なんて言葉もあり、法外な金利をかけていた悪徳金融もあったようですが、今ではきちんと法律の下、最高でも金利は20%までと定められています。借りる金額によっても少し違います。10万円までの場合ですと上限20%、10万円以上100万円未満になると上限18%、100万円以上で上限15%と定められています。それ以上の金利を要求する業者は、違法行為を行っていますので、注意しましょう。

消費者金融は金利の最高上限が低いところを選ぶ

もう一つ注意しないといけないのが、上限金利と下限金利です。消費者金融などでよく目にするのは「実質年率4,7%~17,0%」ではないでしょうか?数字に多少の違いはあっても、かなり金利に差があります。低い方の金利を下限金利、高い方を上限金利といいます。

普通のキャッシングでお金を借りた場合、上限金利が適用されます。ですから、いくつかの消費者金融・カード会社を比較される場合に、金利は上限金利を比較し、利息はいくらになるかを考えておく必要がある、ということです。なるべく上限金利が低いキャッシング会社を選択し申し込みすることをおすすめします。

キャッシングの話をすると、「金利」という言葉は非常によく出てきます。借りたお金よりちょっと多くお金を取られる手数料みたいなもの程度の認識でいると、もしかすると余計にお金を取られていることに気づかないまま、ということもあり得ます。このページでは、金利について基本から説明していきます。金利はキャッシングするうえでとても重要なことですので、是非覚えておきましょう。

プロミスでおすすめの借り方は?ネット申込後に自動契約機がベスト

Cache_09_p0208

プロミスでお金を借りる方法は大きく分けて「店舗・ATMからキャッシング」と「振込キャッシング」の2つの借り方があります。その中でもっとも早くお金を借りる方法はネットで申込み、審査を済ませてから自動契約機で契約する方法です。その手順なら自動契約機での手続きを短縮でき、すぐにお近くの店舗、コンビニのATMでキャッシングの利用ができます。即日融資をしやすいのが自動契約機で契約することの強みです。このページではプロミスでおすすめの借り方を紹介します。

プロミスでおすすめの借り方はネット申込→自動契約機で契約!銀行口座の必要なし!

新規でプロミスのキャッシング・カードローンの利用する方におすすめのキャッシング方法は以下の流れです。

ネット申し込み→審査→自動契約機(無人契約機)で契約→自動契約機併設のプロミスATM、コンビニATMでキャッシング

インターネットからあらかじめ申込と審査を完了しておけば、来店時の手続きが短縮できるので、契約、カード発行までの流れがスムーズになります。またカードはその場で受け取るので家族や知人にお金を借りていることがばれる心配はありません。ここでは自動契約機で契約、カード発行までの流れ、プロミスのATMでの借り方を詳しく紹介します。

自動契約機の使い方、カード発行までの流れ

▼ネットで申込
プロミス公式ホームページから「新規お申し込み」をクリック
→申込フォームに必要事項を記入(契約方法は「来店契約」を選択)
→申込フォームを送信

▼審査
申込内容を元に審査開始
→最短30分で審査結果の連絡がくる(1時間以上かかる場合もある)
→契約内容の確認(融資額など)

▼契約、カード発行
必要書類を持参して自動契約機に直接行く
→自動契約機に必要書類をスキャン
→契約が完了し、その場でカードが発行される
→自動契約機併設のプロミスATM、近くのコンビニATMでキャッシングできる!

以上の3つの手順を終えた後、すぐに自動契約機の隣にあるプロミスATM、コンビニの提携ATMでキャッシングが可能です。プロミス店舗ATMの営業時間は7:00~24:00(※ATMにより営業時間、休日が異なります。)です。深夜にATMからキャッシングしたい方は24時間利用できるコンビニATMからキャッシングしましょう。

持参する必要書類は運転免許証でOKです。(運転免許証をお持ちでない方は、「パスポート」または「健康保険証」+「1点(例:住民票)」をご用意ください) 外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む) をあわせてご用意ください。

しかしお借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。 ※個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要です。

プロミス自動契約機の受付時間は9:00~22:00

インターネットからの申込みは24時間申込み可能ですがプロミス自動契約機の受付時間は9:00~22:00なので注意しましょう(一部店舗では営業時間が異なります)。21時くらいまでを目安にインターネットで申し込みと審査を完了しておけば、自動契約機でカードを発行し即日キャッシングが可能になります。また土日祝日も自動契約機を利用できるので、平日に仕事で忙しくて自動契約機に行く時間がない人にとって非常に便利です。

申込~契約までを全て自動契約機で行う場合

プロミスは申込み~契約までの手続きを全て自動契約機で完了できます。ネットで申込みをする時との違いは、審査が店舗で行われることだけです。ここでは申込みから契約までを自動契約機で行う場合の流れを説明します。プロミスのホームページでは最短30分で審査完了と書いてありますが、実際は30分以上かかる場合が多いです。

①申込み
必要書類を持参して自動契約機に来店。タッチパネルを操作しながら申込み

②審査
審査の時間は最短30分です。審査待ちの間はモニターでカードの利用方法についての説明ビデオが流れます。

③契約、カード発行
審査で融資可能と判断され契約が完了したらその場でカードを受けとリ、全国のプロミスATM、提携ATMで借入可能です。

申込みから契約をすべて無人契約機で行うとネットで申し込むより時間がかかりますので
ネット申込⇒審査完了⇒自動契約機で契約
の手順をおすすめします。

プロミス

01_fact_300x250_orange

おすすめ度5.0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短1時間 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~17.8% 

プロミスに申し込み

プロミスのATMでの借り方、使い方

自動契約機で契約を完了し、カード発行後すぐにプロミスの店舗ATMや銀行、コンビニなどにある提携ATMでキャッシングできます。コンビニATMなどは24時間利用できるので契約を完了しておけばいつでもATMからキャッシングできます。ここではプロミスの提携ATMについて紹介します。

プロミスATMでの借り方、使い方

プロミスの自動契約機で契約したら、プロミスATMでキャッシングしてお金を借りることをおすすめします。プロミスATMは自動契約機のとなりに設置されていることが多いです。自動契約機でプロミスカードを受け取った後のATMでの借り方は、通常の銀行ATMなどの使い方と変わりません。

ATMにカードを入れる

取引の内容を選ぶ(お金を受け取るには「融資」を選択)

暗証番号を入力する

お金を受け取る

プロミスカードが利用可能な提携ATM

プロミスの提携ATMは以下の4つです。

  • 三井住友銀行(手数料0円)
  • イーネット
  • ローソンATM
  • セブン銀行

この4つの提携ATMが設置してあるコンビニではキャッシングが可能です。イーネットATMが利用できるコンビニはファミリマート、ミニストップ、コミュニティストア、デイリーヤマザキ、ポプラ、セイコーマート、セーブオン、生活彩家。セブンイレブンではセブン銀行、ローソンではローソンATMが設置してある店舗で借入が可能です。

プロミスの店舗ATMと三井住友銀行ATMは手数料が一切かかりません。しかし三井住友銀行ATM以外の提携ATM利用時は手数料がかかるので覚えておきましょう。また提携ATMの場合、取引額によって利用手数料が変わります。

プロミスで ATMを使わない借り方を紹介。プロミスの振込キャッシングなら最短10秒で振込完了!

プロミスには振込キャッシングというWeb契約のサービスがあります。スマホ・PCからプロミスのインターネット会員サービスにログインし、簡単な手続きの後、最短10秒で指定の口座に振込が完了する便利な借り方です。振込先の銀行口座が三井住友銀行、ジャパンネット銀行なら平日、土日も24時間ご利用可能なうえ振込手数料も0円なのでいつでもキャッシングが可能です。ここでは振込キャッシングを利用したキャッシング方法を紹介します。

プロミスの振込キャッシングで振込完了までの借り方

①会員サービスログイン
カード発行後、会員サービスに登録カード番号とカード暗証番号を入力しログインする

②振込先口座を登録

③借入金額の入力
瞬フリ(振込キャッシング)のボタンを押した後、利用可能額の下にある振込希望額を記入する一覧があるので借りたい金額を入力

④振込完了

振込先が三井住友銀行、ジャパンネット銀行口座だと、いつ申し込んでも最短10秒で振込が完了します。振込先が上記2つの銀行ではない場合、14:50以降に申込みをしても振込まれるのは翌日の9:30頃になります。

三井住友銀行、ジャパンネット銀行なら24時間365日振込可能!

指定した口座が三井住友銀行、ジャパンネット銀行の場合、24時間365日、最短10秒、振込手数料0円で振込可能です(瞬フリ)。受付時間が24時間なうえ、土日、祝日でも必要なときにいつでも振込できるのがプロミスの提供する振込キャッシングの強みです。

しかし指定口座が三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外だと受付時間、振込時間がまったく異なります。特に口座がその他の銀行の場合、受付時間や曜日によって振込実施時間が変わるので注意しましょう。

銀行名 受付時間 振込実施時間
三井住友銀行 24時間受付 受付完了から最短10秒程度(平日、土日、祝日)
ジャパンネット銀行 24時間受付 受付完了から最短10秒程度(平日、土日、祝日)

指定口座が三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外の人で今日中に振込したい方は14:50までに申込を完了させましょう。申込が14:50以降になると口座に振り込まれるのは翌日9:30頃になります。即日で振込したい方は14:50分までに申込を完了しておきましょう。また土日、祝日の場合、受付時間は24時間なのですが、振込は絶対に翌日の9:30頃になるので注意しましょう。

指定口座が三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外の人は、土日、祝日の時など今日中に振込ができないので振込キャッシングの利用がやや不自由なのがネックです。指定口座が三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外の人で今日中に振込したい方は14:50までに申込を完了させましょう。申込が14:50以降になると口座に振り込まれるのは翌日9:30頃になります。即日で振込したい方は14:50分までに申込を完了しておきましょう。また土日、祝日の場合、受付時間は24時間なのですが、振込は絶対に翌日の9:30頃になるので注意しましょう。

指定口座が三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外の人は、土日、祝日の時など今日中に振込ができないので振込キャッシングの利用がやや不自由なのがネックです。

プロミスの公式サイトへ

プロミスでお金を借りる方法は大きく分けて「店舗・ATMからキャッシング」と「振込キャッシング」の2つの借り方があります。その中でもっとも早くお金を借りる方法はネットで申込み、審査を済ませてから自動契約機で契約する方法です。その手順なら自動契約機での手続きを短縮でき、すぐにお近くの店舗、コンビニのATMでキャッシングの利用ができます。即日融資をしやすいのが自動契約機で契約することの強みです。このページではプロミスでおすすめの借り方を紹介します。

プロミスの金利は高い?引き下げる方法として増額時の電話交渉が有効

Cache_03

プロミスでキャッシングするのにその利子、利息はどうしても気になります。金利が高いと思われがちなプロミスですが、プロミスの金利はどのように計算されているのか引き下げる方法はあるのかなどこのページでまとめました。

プロミスの金利は高いのか、金利の一覧で比較

プロミスの公式サイトでは実質年率は4.5%~17.8%としてあります。実際にこのプロミスの実質年率は高いのでしょうか、他のキャッシングの実質年率(金利)と比較してみました。

種類 キャッシング名 実質年率(金利) 詳細
消費者金融 プロミス 年4.5~17.8% 詳細
アイフル 年4.5~18.0% 詳細
アコム 年3.0~18.0% 詳細
銀行 みずほ銀行 年2.0~14.0% 詳細
三菱東京UFJ銀行 年1.8~14.6% 詳細

大手消費者金融会社はどこも4.5~18.0%くらいの金利で、バンクイックやみずほ銀行カードローンといった銀行カードローンは大体3.0~15.0%の間が金利になっています。

ここで注目するべきなのは、それぞれのキャシング会社・銀行のカードローンの上限金利です。

初めてキャッシングする人は、ほぼ間違いなくその会社の最高金利での借入になります。プロミスの最高実質年率(金利)は17.8%で、銀行カードローンに比べたら実質年率が高いですが、他の消費者金融よりは0.2%低いです。実際には0.2%の差は本当に大したことないので、プロミスの実質年率の印象としては決してキャッシングの中では高くないといったところでしょうか。

プロミスでは単一金利という金利適用方式をとっています。単一金利とは、キャッシングの実質年率がプロミスから借りている金額、残高によって変化することがないというシステムです。昔は多く借りたほうが金利が安くなるステップ金利というシステムを採用している消費者金融がありましたが、プロミスでは最初に契約した実質年率は基本的に完全に返済が終わるまで変わらないということです。

プロミスの金利の計算方法、日にちごとに利息は増える

消費者金融や銀行カードローンで初めてキャッシングすると、ほとんどの場合最高金利でのキャッシングになります。法律上、100万円以上の借り入れでは金利年15%以上になることはないのですが、プロミスで初めてキャッシングするのに100万円以上借りられることはまずありえません。プロミスで初めてキャッシングすると、その実質年率(金利)は17.8%ということです。

プロミスの利息は、借りてから返すまでの日数に応じて発生するの日数計算方式です。

利息=借入金額×実質年率(17.8%)÷365日×利用日数

たとえば返済期間30プロミスで初めて10万円借りるときの実質年率は

1,463円=100,000円×0.178÷365日×30日

で1,463円となります。
キャッシング契約してから返済までの期間が短ければ短いほど、その利息も小額になります。またキャッシングした当日は1日目としてカウントされないので、プロミスで借りてからその日のうちに返済すれば、借りた額だけ返済すればよい実質年率ゼロでのキャッシングができます。余計な利息を払わないためにも1日でも早く返済したいですね。

プロミスの金利を引き下げる方法。増額提案は交渉のタイミング

プロミスの実質年率は4.5%~17.8%とありますが、実際に初めてプロミスでキャッシングすると実質年率はほぼ確実に17.8%に設定されます。プロミスの実質年率は17.8%から下げることはできるのでしょうか。

プロミスの実質年率は最初はほぼ必ず上限金利になる

プロミスなどの消費者金融や銀行のカードローン会社で初めてキャッシングするのに、一番高い実質年率で借りないといけないのはまだ融資者の信用度が低いからです。初めてプロミスを利用するのに、プロミスコールで電話をして実質年率を引き下げてくれと交渉してもまず下げてはくれないでしょう。プロミスが実質年率を引き下げてくれるのはキャッシング利用者の信用度が高いと評価されたときだけです。

初めてのプロミスでのキャッシングで金利を下げることはできませんが、プロミスには初めて融資を受ける人に実質年率についてお得なサービスがあります。プロミスの30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)では、初めてプロミスでキャッシングする人に限って30日間実質年率ゼロでお金を貸してくれます。プロミスは実質年率を引き下げるよりも、初めてなら無利息サービスで実質年率無しでキャッシングしましょう。

プロミスの実質年率を下げる方法

初めてのキャッシングでプロミスの実質年率を引き下げるのは難しいとはいえ下げる方法はあります。プロミスの実質年率を下げるには、交渉しなくてはなりません。ただし、これもプロミスから初めてキャッシングして間もなく、実質年率(金利)が高いから低くしたいと交渉しても厳しいでしょう。プロミスの実質年率を引き下げる条件は

  • プロミスを長く利用している
  • プロミスから信用度の高いちゃんとした客と認識されている
  • 実質年率(金利)を下げたい理由がある

これらを満たしていればプロミスの実質年率(金利)を下げるために交渉できるでしょう。プロミスの実質年率(金利)を下げるには、こちらから下げたいと言うことも重要です。

プロミスの実質年率(金利)引き下げの交渉のタイミングは増額の提案が来たとき

プロミスの実質年率を引き下げる交渉をするタイミングは、プロミスから借入限度額の提案が来たときです。プロミスで長くキャッシングしていて、これまで返済が遅れたことがない場合プロミスからもっと多くお金を貸すという提案がくることがあります。プロミスから限度額の増額の提案が来るのは、あなたの信頼度が高いと思われている証拠です。

プロミスの実質年率(金利)を引き下げる条件は、信頼度が高いことなので増額の提案が来たタイミングで引き下げの交渉をするのがおススメです。プロミスの増額の提案が来たときに、実質年率(金利)を下げてほしいと自分から交渉してみましょう。

まれにプロミスから実質年率(金利)を引き下げられるという提案が来ることがあります。実質年率(金利)は低いほうが当然お得なので、できるだけ低くしてもらいましょう。ただし必ずプロミスから実質年率(金利)を下げる提案が来るわけではないので、自分から交渉してみるのもありです。

プロミスの利息シミュレーション

プロミスで10万円キャッシングするときに返済期間によってどれくらい実質年率(金利)が違うのか、返済期間3ヶ月で借りたとき借入額によって利息にどれくらい差が生まれるのか紹介します。

プロミスで10万円キャッシングしたときの利息

返済期間 利子・利息
1ヶ月 1,463円
2ヶ月 2,230円
3ヶ月 2,980円
4ヶ月 3,734円
5ヶ月 4,492円
6ヶ月 5,254円
7ヶ月 6,018円
8ヶ月 6,786円
9ヶ月 7,558円
10ヶ月 8,334円
11ヶ月 9,114円
12ヶ月 9,894円

プロミスで返済期間3ヶ月でキャッシングしたときの利息

借入金額 利子・利息
5万円 1,489円
10万円 2,980円
20万円 5,961円
30万円 8,943円
40万円 11,923円
50万円 14,904円
100万円 100万円

当然ですが借入金額が大きければ大きいほど、返済期間が長ければ長いほどプロミスの利息は高くなります。もしも給料などが入ってすぐに返済できるようになったらできるだけ早く返済したほうが、利息も安くなり返済額も高くならずに済みます。

プロミスで実質年率(金利)を払い過ぎているときの対処法

プロミスの現在の上限金利は17.8%となっていますが、以前はプロミスの実質年率(金利)はもっと高かったのです。貸金業法の2007年12月までプロミスの実質年率(金利)は25.6%で2008年以降は現在の17.8%に上限が引き下げられました。

プロミスの実質年率(金利)が8%近く下がったのは、金利上限の制限が法律によって変わったからです。それまで消費者金融などの貸金業者の金利は29.2%以下でなければならなかったのですが、その上限金利が20%まで引き下げられたのです。

プロミスの実質年率(金利)が下がる前にキャッシングしていて、上限金利が変わった後もお金を借りていた場合利息を払いすぎている可能性があります。利息を払いすぎている、過払い金が発生しているならプロミスに連絡すれば実質年率(金利)を下げることができます。

もしも過去にプロミスで利息を払いすぎていて、過払い金を取り戻したい場合は法的処置が必要になります。弁護士などの法律事務所にご相談ください。

プロミスでキャッシングするのにその利子、利息はどうしても気になります。金利が高いと思われがちなプロミスですが、プロミスの金利はどのように計算されているのか引き下げる方法はあるのかなどこのページでまとめました。

兼業主婦が安全にキャッシングを使う前に知っておきたい5つのこと

仕事と主婦の両方をこなす人を「兼業主婦」と呼びますが、こうした兼業主婦でもキャッシングはできるのでしょうか?この答えを知るべく、兼業主婦でも借入ができるかについて専門家に聞いてみました。

兼業主婦でも収入があればキャッシングできる

会社勤めではなくパートやアルバイトなどによって収入を得ている兼業主婦でも、キャッシングに申し込むことができます。これはキャッシングの申込条件である「一定の年収があること」を満たしているからです。

【兼業主婦と専業主婦の違い】

本人の収入 夫の収入 結果
専業主婦 なし あり 夫のみ申込可能
兼業主婦 あり あり 本人・夫の両方で申込可能

ただし、条件次第では借りられなくなる可能性もあります。キャッシングが利用できる場合と、できない場合との違いについて見ていきましょう。

キャッシングを利用できるケース

通常、各社の申込条件を満たしていればキャッシングを利用することができます。この条件には「一定の収入があること」「満20歳以上69歳未満」などがあります。そのため、これらの条件を満たしている兼業主婦であれば申請することが可能です。

すでにクレジットカードを持っている兼業主婦であれば、そのクレジットカードにキャッシング枠を付けることでキャッシングを利用できます。会社によって異なりますが、お持ちのカード会社の公式サイトや郵送、窓口などでキャッシング枠設定の申込ができるケースが多いです。また、クレジットカードを持っていない兼業主婦の場合は、クレジットカードを新規で発行し、キャッシング枠の申請をするといいでしょう。

こうした申請をする際には、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を用意しておく必要があります。また、借入希望金額が50万円を超える場合は、収入を証明するための源泉徴収票や確定申告書が必要になるので注意しておきましょう。

キャッシングを利用できないケース

申込条件を満たしていないと、兼業主婦でもキャッシングを利用できません。例えば、未成年であったり、収入が不安定であったりなどが該当するでしょう。こうした兼業主婦の場合、キャッシングの審査に通らないことがあります。

また、審査に通らなかったからといって、夫のクレジットカードを使ったキャッシング枠の利用はできません。なぜなら、規約によって「本人以外は利用できないこと」になっているからです。そのため、もし夫のカードを使ってキャッシング利用をするのであれば、妻専用の家族カードを作ってキャッシングできるようにする必要があるのです。

キャッシングに通りやすい兼業主婦の5つの特徴

キャッシングを利用できる兼業主婦のなかにも、審査に通りやすい人とそうでない人に分類ができます。そこで、ここでは審査に通りやすい兼業主婦の特徴をまとめてみます。ご自身が該当しているか、確認してみるといいでしょう。

【審査に通りやすい兼業主婦のまとめ】

通りやすい 通りにくい
年収 高いほど有利 低いほど有利
勤続年数 長いほど有利(1年以上) 短いほど不利(半年未満)
勤務属性 優良企業ほど有利 水商売、無職ほど不利
信用情報 傷がないと有利 傷があると不利
他社借入 1件~2件 3件以上

(1)ある程度の年収がある

キャッシングの審査で最も重視される項目が「年収」です。キャッシングは「あくまで一時的に貸し出しをしており、最終的に返済をしてもらう契約」であるからです。つまり、年収が低いと返済されない可能性が高くなってしまうため、審査に通りにくくなってしまうのです。

ただし、ほとんどの金融機関は「最低限年収がいくら必要」というような下限の設定をしていません。したがって、扶養範囲内でのみ稼いでいる兼業主婦であっても、キャッシングの審査に通る可能性は残されています。

消費者金融からのキャッシングでは、年収の3分の1までしか貸し出せない総量規制に引っかかる場合があります。もし、年収の3分の1以上のキャッシングをしたいのであれば、夫に相談して夫の収入でキャッシングをする方法を検討してみるのもいいでしょう。

(2)同じ勤務先の勤続年数が長い

金融機関によっては審査で「勤続年数」を重視する場合もあります。こちらも年収と同様に、返済してもらうための重要な要素だからです。そのため、勤続年数は長いほど審査に通りやすくなるのです。目安としては1年以上が良いでしょう。

特に兼業主婦の場合は、この「勤続年数」がチェックされやすい項目です。パートやアルバイトとして働いている場合、すぐに辞めてしまうのではないかと懸念されるからです。

そこで審査の申し込みの際には、これからも勤め続けることをアピールするといいでしょう。こうした「辞めないこと」のアピールをすると、キャッシングの審査には通りやすくなる可能性があります。

(3)有名企業等に勤めている

審査に通りやすい兼業主婦の特徴の1つに「有名企業等に勤めている」ことが挙げられます。これを専門用語で「勤務属性」と言いますが、この勤務属性も優れているほうが審査に通りやすいです。そのため、仮に1,000万円の年収があったとしても、水商売などの場合は審査で不利になることもあるのです。

また、雇用形態も重視されることがあります。例えば、有名企業の正社員や公務員の方が審査に通りやすく、アルバイトやパートは通りにくい、無職はほぼ通らないと言った具合です。つまり、有名企業に勤める兼業主婦ほど審査に通りやすいのです。有名企業に勤めていることは絶対条件ではありません。アルバイト・パートをしている兼業主婦でもキャッシングできる可能性は十分にあるので安心してください。

(4)信用情報に傷がない

クレジットカードやローンの支払いの延滞、任意整理や自己破産などの債務整理などをすると、金融機関から返済能力がないと判断されてしまいます。このことを「信用情報に傷がつく」と言い、いわゆるブラックリストに登録された状態を表します。信用情報に傷がついてしまうと、それが金融機関内で共有され、キャッシングの審査で不利になってしまうのです。

ただし、信用情報の傷は長いものでも5年~7年程度で信用情報機関から抹消されます。そうすれば信用情報に傷がなくなるため、キャッシングの審査に通りやすくなるでしょう。

(5)他社からの借入がない

すでにほかの金融機関のキャッシングを利用している人は、審査に通りにくい傾向にあります。これは金融機関が借主の多重債務を嫌い、返済不能状態になることを避けるためです。特に消費者金融は総量規制があり、借主の年収の3分の1を超える貸し出しができません。そのため、ほかの金融機関からの借入がない人ほど審査で有利になるのです

これらの特徴に当てはまらなくても審査に通る人もいます。また該当していても、審査に通らない人もいるでしょう。そのため、あくまでこうした特徴を持つ人ほど審査に通りやすいという基準にするといいでしょう。

兼業主婦がキャッシングする際の5つのポイント

ここでは兼業主婦が、キャッシングについて知っておいたほうがいい注意点について説明をします。これらをしっかりと押さえておくことで、キャッシングをよりよく利用できるでしょう。

(1)延滞すると夫にバレやすくなる

兼業主婦のなかには「夫にバレたくない」と思っている人もいるでしょう。そうした場合、支払いの延滞をしないことが大事です。なぜなら、支払いの延滞をすると、金融機関から支払いの催促をする郵便物が届いたり、電話がかかってきたりするからです。そのため、延滞をすると夫にバレやすくなってしまいます。

また、金融機関からのダイレクトメールや電話によって夫にバレるケースもあります。この点については、事前に金融機関に対してダイレクトメールや電話の使用を禁止するように伝えておけば、未然に防げるはずです。このように夫にバレたくないのであれば、延滞に気を付け、ダイレクトメールや電話が来ないようにしておきましょう。

(2)海外利用には提携ATMが必要になる

海外でキャッシングを利用するには「提携ATM」が必要になります。そのため、事前に国際ブランドのクレジットカードを作成しておくことをおすすめします。また、海外キャッシングサービスの利用も申請しておきましょう。

こうした事前の手続きを済ませておけば、海外の提携ATMでクレジットカードを使ったキャッシングの利用ができます。詳しくは、お持ちのカード会社に確認を取るといいでしょう。

(3)兼業主婦という理由で金利は不利にならない

雇用形態によっては「金利で不利になるかもしれない」と思う人もいるはずです。しかし、実際はそんなことはなく、正社員でも兼業主婦でも金利面では同じです。

また、仮に金利を引き下げたいのであれば、定期的なキャッシングの利用実績を積み重ねるといいでしょう。遅延などを起こしていなければ、キャッシング枠の増枠時に金利を下げることができるかもしれません。

(4)「ギャンブル」目的の借り入れは難しい

キャッシングの多くはそのお金の使い道、つまり資金使途が問われません。しかし、資金使途が「ギャンブル」の場合は審査に落ちてしまう可能性があります。ギャンブルにつぎ込んだお金は返ってこず、返済されない可能性が高いからです。
そのためギャンブルを目的に借り入れようとしたら、審査に落ちる可能性があることに注意をしましょう。

(5)基本は即日融資で借り入れできる

兼業主婦がキャッシングに申し込みをする場合、審査に数日間~1週間程度を要する可能性があります。ただし、基本的に多くの金融機関では即日融資ができるように審査を行ってくれます。特に大手消費者金融は即日融資に対応しているので、今日中にお金を借りたい主婦の方にはおすすめです。急な出費にもキャッシングで対応することができるでしょう。

もし、すぐに資金が必要なときは、即日融資に対応している金融機関を選ぶようにするといいでしょう。これによってほかの金融機関よりも早く審査結果を知れて、お金を使うことができるようになります。

仕事と主婦の両方をこなす人を「兼業主婦」と呼びますが、こうした兼業主婦でもキャッシングはできるのでしょうか?この答えを知るべく、兼業主婦でも借入ができるかについて専門家に聞いてみました。

奨学金が借りられないならキャッシングも検討を

今の学生の多くは奨学金を借りながら学校に通っていると思います。 しかし、「奨学金が借りられなくて学費が足りない…」・「奨学金の審査に落ちてしまった…」など奨学金が借りられなくて困っている学生もいると思います。 奨学金が借りられなくて困っているならキャッシングやカードローンを代わりに利用してみるのはいかがでしょうか。このページでは奨学金とカードローンの違いから、キャッシングを奨学金の代わりにするときの注意点を説明していきます。

奨学金とキャッシングの大きな2つの違い

お金を借りるという点で奨学金とキャッシングは同じですが、金利や借り方で奨学金とキャッシングは全く違います。その違いについて紹介します。

奨学金は「給付型」・「貸与型」の2種類がある※給付型なら返済不要

まず奨学金とは何かをご説明いたします。奨学金は一般的に能力のある学生に対して、授業料等に使用するため、お金を給付したり賃与する制度のことを言います。この奨学金制度には大きく分けて、給付型と貸与型の2つに分けられます。

給付型は、能力が優れている学生に給付されるお金のことを言います。給付ですので、将来返済する必要はありません。一方、貸与型は学生にお金を貸す形態をとります。早い話、借金をしている状態です。貸与ですので、将来働いて返済する必要があります。日本の奨学金制度はほとんどが、後者の貸与型となっています。

無利子で借りられる奨学金もある

貸与型の奨学金の中には、無利子で借りられるものもあります。無利子で申し込める奨学金を第一種奨学金といいます。それに対して、利息の付きの奨学金は第二種奨学金です。選考基準はもちろん第一種のほうが厳しくなりますが、第二種でも年利が最大で3%となっており、利息面ではとても良い条件となっています。

学生がキャッシングに申込むときの注意点

今ご説明した奨学金には、学生自身の能力の審査があり当然、奨学金を受けられない場合もあります。奨学金の審査に落ちてしまったり、奨学金が借りられず学費が払えなかったりする場合も大いに考えられるわけです。そんなときに頼りたくなるのがキャッシングサービスですが、学生がキャッシングに申し込む際、どのような点に注意したらよいでしょうか?

未成年だとキャッシングに申込できない

まず覚えておかなければならないのは、未成年はキャッシングに申し込めない、という点です。大手消費者金融の年齢条件を少し見てみましょう。

種類 キャッシング名 申込年齢 詳細
消費者金融 アイフル 満20歳以上70歳未満 ボタン
アコム 20歳以上69歳以下 ボタン
プロミス 20歳以上69歳以下 ボタン
モビット 20歳以上69歳以下 ボタン

ここからわかる通り、未成年は申し込みの段階で門前払いされてしまいます。ですから、未成年の方は親の同意が必要ですが、学生ローンを申し込むか、もしくはクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りるしか方法がないのが現状です。

アルバイトなどで収入がないと審査に通らない可能性がある

学生でも20歳を超えており、アルバイトなどで定期的な収入がある方はキャッシングを受けること可能です。逆に言えば、アルバイトなどで定期的な収入がない学生は、20歳を超えていてもキャッシングは難しいでしょう。

ここで重要なのは、たくさん収入があること、ではなく、安定した収入があること、です。具体的に言うとお金が足りない時に短期バイトで集中して働く学生よりも、稼ぎは少なくても毎月、安定して収入がある学生の方が、審査に通りやすい、ということです。

くわえて、勤務年数も審査を通りやすくする鍵となりますので、いろいろなアルバイトを転々とするのではなく、同じところで定期的に収入を得ている方が得策だといえます。

今の学生の多くは奨学金を借りながら学校に通っていると思います。 しかし、「奨学金が借りられなくて学費が足りない…」・「奨学金の審査に落ちてしまった…」など奨学金が借りられなくて困っている学生もいると思います。 奨学金が借りられなくて困っているならキャッシングやカードローンを代わりに利用してみるのはいかがでしょうか。このページでは奨学金とカードローンの違いから、キャッシングを奨学金の代わりにするときの注意点を説明していきます。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧