キャッシングアカデミー

どんなときにクレジットカードやカードローンの審査に落ちるのか

Cache_27_r0224

なぜ、審査に落ちるのか

今や生活において、必ずと言っていいほど必要になってくるのが、クレジットカードです。例えばアメリカの企業は、入社希望者のカード返済履歴を信用機関に確認し、その金額で信用に足る人物であるかどうかを調べるといいます。
日本の企業も多国籍化しているところもありますし、そういう流れになる可能性は十分にあります。なので、就職や転職のためにカードを作っておこうという人が、今増えています。

電話をして、無審査でカードローンやクレジットカードが手にはいる、ということはありません。審査はしっかり行われますし、審査に落ちてしまう事も十分にありえます。では、どんな場合で落ちてしまうのかを今回は私や私の周りの人間を例に挙げて行こうかと思います。

在籍確認を拒否したら審査に落ちてしまった

まずは、本人確認の段階で落ちてしまうこと。私の場合、いわゆる在籍確認を拒否した結果、落ちてしまいました。会社に連絡が来るのって、嫌じゃあないですか。私の友人の場合は、住所確認の段階で落ちてしまいました。なぜかというと、そいつは当時実家暮らしでした。そのため、住所確認のための電話がかかってきたそうなのです。
が、友人はその時家には居らず、母親が代わりに出てしまったのでした。オペレーターの方はおそらく、友人のフリをして電話をかけたのでしょう。しかし、そのオペレーターが女性だったのがいけなかった、友人には彼女が居たのです。

交際も知っていた友人の母は、浮気相手だと勘違いして「そんな人、うちにはいません!」と言ってしまい、結果、審査落ちとなってしまったのです。うまいこと話を合わせるように、事前に打ち合わせをしておけばこんなことにはならずに済んだのかも知れません。

他社で借りていると審査に通りにくくなります

一番多いのが、他社からの借入がある場合です。私もサブカードを作ろうと申し込んだことがあるのですが、断られました。これ以外思い当たるフシがありませんでしたのに、断られてしまいましたからね。

当然の話ですが、他社からの借入金が多ければ多いほど、審査は通りにくくなりますのでご注意ください。それでも申込みたいという場合は、利用しているクレジットカード会社の系列以外のところを利用してみるのも手でしょう。信託系なら消費者金融のクレジットカードを、という感じで系列を変えてみるだけで良かったという話はよくあります。おすすめが消費者金融発行のクレジットカードです。楽天カードや三菱東京UFJニコスなど、銀行系のクレジットカードよりも消費者金融が発行しているACマスターカードはおすすめです。

クレジットカードの審査にお悩みならACマスターカード

クレジットカードの審査にお悩みならACマスターカードがおすすめです。ACマスターカードは消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードなので、楽天カードやエポスカードなどの一般的なクレジットカードとは審査基準が違いますので、よかったら是非申し込んでください。

ACマスターカード

acacom-banner
審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大300万円 
実質年率
年10.0%~14.6% 

上記はショッピング利用時の条件です。キャッシング時は年3.0%~18.0%、限度額は合計で800万円までとなります。

公式サイトで詳細を見る

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧