キャッシングアカデミー

自動車免許取得のためにオリコローンを利用しました

大学1年のときに教習所とオリコのローンに同時申し込み

私は36歳の男性です。私の済んでいるところでは、車を欠かすことができません。よって、高校生を卒業して大学生となったら、すぐに自動車免許を取ることがごく当たり前でした。私もその例に漏れず、大学1年生の夏休みになったとき、自動車免許を取ろうと決意しました。 しかし、決意はあったものの、ひとつだけ悩みがありました。それはお金の心配です。運転免許を取得するというのは、非常に高額なお金がかかるものであります。一人暮らしをしていると、なかなかお金をためることもできず、費用が工面できませんでした。

自動車免許のローンの審査にあっさり通過して

そこで目にしたのは、ローンです。自動車免許を取るためには、自動車教習所に通うことがほぼ必須です。その自動車教習所の窓口へ行くと、ローンの照会がありました。そのときのローン会社は、確かオリコだったと思います。 知っている信販会社でしたので、私もひとまず安心しました。教習所の申込みと同時に、ローンの申し込みもしました。もちろん、自分単独では審査に通るはずもありませんので、親の同意を得てから親にも申込書にサインをしてもらいました。すると、意外なほどあっさりと審査は通過してしまいました。

合宿免許では、費用が少々高い分1日3時間の技能教習を確保できます

ここからは、実際の教習所での話です。私は合宿免許という方法で免許取得を目指しました。これは、必ず1日3時間は技能教習の時間が取れるものでした。夏休みは、1年の仲でも教習者が殺到する時期です。教習者の中には、1日で1時間も車に乗れなかったという人もいました。 それを横目に、悠然と1日3時間も乗れたのは非常にうれしいものがありました。通常よりも数万円高く200000円程度の料金でしたが、その分の価値は十分にあると思います。そこに食費や宿泊費も込みとなっていますので。さらに、ローンでしたので精神的にも楽でした。

2週間で免許を取得でき、500円の支払いを4年間返済し続けました

合宿免許で2週間ほど教習所に通って、無事に自動車免許を取得することができました。そこからは、借りたお金の返済です。もちろん、消費者金融でキャッシングをすることも考えましたが、教習所お墨付きのローンの方が審査に通りやすいという考えがありました。 また、金利もローンの方が低いので、返済も楽だと思ったのです。毎月の返済金額は5000円に設定しました。10000円ですと正直家計に響くと考えたのです。4年近く返済はかかりましたが、その間生活の質を落とすことはありませんでした。そして、卒業する頃には完済していました。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧