キャッシングアカデミー

宅建主任者の資格をとるためにローンを組みました

不動産の仕事上必要で宅建主任者の資格

わたしは今31才の女性です。年収はだいたい年間400万円くらいで、会社員をしています。勤め先は都内にある金融系の会社で働いています。業務内容は、主に会計関連です。家族構成は、私と夫の二人です。ローンを組んだ資格について資格取得のためにローンを組むのは初めてでした。 わたしがとりたかったのは、宅建主任者の資格でした。もともとは不動産には興味もなかったのですが、仕事上金融関係で不動産に関わることが多くなり、会社のほうからも宅建主任者をとるようにとプレッシャーもかかるようになりました。 ただ、宅建主任者の資格は、簡単ではないという事は知っていましたし、最近は希望者も増えて、さらに倍率もあがっていると聞いていました。受験料だけであればそう金額はかからないのですが、独学で簡単に取れるような資格ではありません。

1年コースの予備校に通うために20万円のローンを組んだ

宅建主任者の資格を取るのに、独学だと3年はかかるといわれていて、それでは時間ももったいないので、集中して一年勉強をして、それでとろうと決めていました。 宅建主任者の資格のための予備校というのがあって、金額はかかりますが、その1年コースに通いました。テキストの料金や、通信の講座のモニタリング費用など、全てを含めると、だいたい20万円程かかりました。そのため、20万円のローンを組みました。 ローンを組んだのは地元の地銀です。こういった資格系のローンを組んだことがある女の友達がいて、そこから教えてもらいました。審査は思ったよりも細かに色々と記載が必要でしたが、その日のうちにOKがもらえましたのでほっとしました。

毎月の返金は10000円+利息、年に1度の宅建主任者の試験に合格できました

毎月の返金は10000円+利息としているので、20ヶ月で返済が完了します。特にボーナスで高額に返済をするようなプランにはしませんでした。その代り、コンスタントに1万円ずつ支払って、早めに返済をするようにしています。 資格には無事合格ができました。やはり独学での合格は、かなり難しかったと思います。年に1回しかない試験なので、また次の1年落ちてから頑張るのも、かなりきついと思います。なので、このローンを組んで、背水の陣で臨んだのが、合格の秘訣だったようにも思います。 のであとはこの返済を完了させたら、本当にこの宅建主任者の資格が、自分のものになったような気がすると思います。ローン以外に、キャッシングなどはしていなかったのですが、ローンにあたって審査があるということで、その期間のクレジットカードの使い方には注意をしました。金額を超えたり、口座の残高が少なくなり過ぎない様に注意をしておきました。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧