キャッシングアカデミー

車のローンを検討するときに知っておきたいこと。

自動車ローンは、使途が自動車購入に限定された目的別ローンとして、変動、固定金利とがあり、使途に制限のないその他のローンに比べると金利は低めに設定してあります。借りられるのは通常、車の本体+消費税+諸費用関係ですが、銀行の場合は、車庫建設費用、免許取得費用や車検費用、事故修理代まで対象となることもあります。融資額は10万から500万円程度、融資期間は6ヶ月から7年が一般的です。実際住宅ローンなど利用のある方は10年まで長期にわたって借入れすることも可能です。 自動車ローンは大別すると、信販会社や自動車ディーラーの「クレジット」と、銀行や信金、JAなどの「ローン」の2つに分けられます。自動車ディーラーなどで紹介される信販会社、クレジットは審査が早く済みますが、ローンに比べて金利が高い場合が多く、また、特徴として返済完了まで自動車の所有権は貸す側にあります。自動車の契約を急ぎ、必要最小限の書類で済ませたい方は、クレジットを利用されるほうが、得策と言えるでしょう。銀行や信金、JAなどの「ローン」はその反対に、車の所有権は本人ですが、クレジットより審査に時間がかかる場合があります。ただし金利が低めに設定してありますので、時間がかかってもいいという方は、「ローン」を選ぶのが得策かもしれません。 次に、返済方法には、以下の「元金均等方式」「元利均等方式」「アドオン方式」の3つがあります。 元金均等方式とは、毎月均等割にした元金に利息をプラスして返済する方式のこと。元金が減っていく分、毎回の返済額は徐々に減るのが特徴。当初は返済額が大きく負担だが、そう支払額は他より、少なくて済みます。この返済方式が1番返済額が少なくて済むことになります。 元利均等方式とは、毎月の返済額が均等になる方法です。毎月の返済額は変わらないが、当初は返済額に占める利息の割合が大きく、なかなか元金が減らない。そう支払額は元金均等方式より大きく、アドオン方式より少ないので2番目に返済額が少ないことになります。 アドオン方式とは、元金に利息をプラス、それを返済回数で均等割して毎月の返済とする方法です。当初の元金に利息を加算している方式のため、実質金利は表面金利より高くなります。総支払額も、この方式が一番返済額が大きくなります。 まとめると、3つの返済方法の中では、毎月一定の額が変わらない元利均等方式がおすすめです。ただし、家計に余裕があるなら、元金均等方式という手もあります。アドオン方式は、特別な理由がないのであれば、表面金利より高くなるため避けたいものです。以上を考慮しながら借入れを行うことをお勧めします。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧