キャッシングアカデミー

車を買うときはマイカーローンより、利息の低い銀行カードローン

車検が通らず、ローンを組んで急遽車を購入することに

主人は婦人服の製造メーカーに勤務し、私は印刷会社で制作の仕事をしています。主人は43歳、年収400万円ほど、私は38歳で年収280万円ほどです。小学生になる子どもが二人の4人家族です。 先日まで乗っていた軽自動車の車検に車検専門店でチェックしてもらったところ、エンジンにトラブルが見つかり、車検を通すのに20万ほどかかるとのことで、急遽軽自動車を購入することになりました。 その車検専門店では車の販売を行っており、ちょうどいいタイミングで走行距離の短い車が見つかりました。スズキのMRワゴン、走行距離は7000キロで、状態も良く、交渉の末、翌月にくる車検費用込み、最新のカーナビ付きで消費税込みの70万円でした。しかもぼろぼろのパジェロミニを下取りしてくれ、67万円となり、とてもいい買物となりました。

住宅ローンを借りている銀行のフリーローンで借りて金利が優遇されました

ではその費用をどうするか。家を新築したばかりで手持ちの現金がありません。販売店のローンだと7年の最大借入で金利が5%ほどでした。月々の支払いを1万円以内に押さえたかったのですが、計算してもらうと1万円以内に収まります。 すぐに決めようかと思いましたが、「まてよ!」と思い、現在住宅ローンを借りている銀行に聞いてみると、「フリーローン」というものがありました。しかも住宅ローンを同じ銀行で借りている人のみの特別優遇ローンがありました。計算してもらうと金利が2.7%。 こちらの方がずっと安く済みます。通常は3.6%なのですが、こちらの銀行で口座の開設などの条件にあてはまり、ここまで安くすみました。そこで銀行ローンを選ぶことにしました。結局7年ローン。月々の支払いは9000円ちょっとです。

毎月の支払額や返済中にかかる金利をよく計算して車のローンを検討しよう

銀行に提出する資料は住宅ローンの際、提出しているものが多く、必要なのは「車の見積もり」ぐらいでした。しかし、借りる本人が銀行で手続きをしないといけないので、主人が会社を午前中休んでいきました。「たぶん大丈夫でしょう」とのことでしたが、3日後には電話連絡がありました。そして銀行に最終のお金を振り込んでもらう手続きに行き、めでたく車を購入することができました。保証人も必要ありませんでした。 どうしても車の購入となると舞い上がってしまい、販売店の営業マンの言われるがままにローンを組んでしまいがちです。中にはかなり大きな金利を支払う場合もあります。ぜひ一度、冷静になり、銀行、JAなどのマイカーローン等も検討してみるべきです。ローンの金額が大きいほど、金利は毎月重くのしかかっってきます。ぜひ自分なりの最善の方法を探して欲しいと思います。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧