キャッシングアカデミー

ホンダ インサイト購入のために利用したマイカーローン体験談

北海道銀行のマイカーローンを選んだ理由

マイカーローンを借入した際の体験談について説明いたします。私は52歳、男性・金融関係で営業をしている独身の会社員です。2百万円を超える車を購入するのに際し手元資金が不足していたことから、地元の地方銀行である北海道銀行よりマイカーローンを借入しました。 北海道銀行のマイカーローンを選んだ理由としては、ディーラーのローンより金利が低かったことと、給与振込をしていたことから金利面優遇があったことからです。審査に必要な書類としては、源泉徴収票・健康保険証・運転免許証・ディーラーの見積書・普通預金通帳・印鑑と全ててもとにあるのでした。審査は、その場で書類に記入し受付して2日後には、銀行担当者より承諾の連絡がありました。 マイカーローンの対象となるくるは、新車で購入した車の車種はホンダのインサイト、購入額借入額とも240万円でした。借り入れ内容としては、金利は固定金利で何3%、月々43,124円、完済まで5年の返済でした。保証人については必要なく、銀行の関連会社の保証でした。申込書の複写に保証委託申込書・契約書がついており、ワンライティングで記入しました。

マイカーローンのキャンペーン金利も要チェックしよう

また、印紙代とは別途に借入時、5万円位の保証料がかかりました。車のローンを検討するときに覚えておくと良いことは、ディーラーによっては銀行並に低い金利でマイカーローンを取り組むキャンペーンを実施するところもありますので、確認すべきです。 ホンダ系は無かったのですが、トヨタと外車のディーラーでは同時期に銀行金利より低いローンがキャンペーンとしてありました。ただし、注意しなくてはならないのは、ディーラーで借りる場合は、銀行よりも簡単な手続きで借り入れができる反面、普通に購入したのと同じように購入代金決済・税金支払も発生しますが、名義がローンのある間ディーラーのままになることです。

車のローンを比較するしあのポイント

また、銀行借り入れについては、銀行窓口には、申込と金銭消費貸借契約証書の記入で2回出向かなくてはなりません。先程も触れましたが、保証料がかかります。あと、銀行によっては申し込みから借り入れまで2週間近くかかるところもありますので、時間に余裕をもったスケージュールが必要です。申し込みは給与振込等しているメインバンクが有利です。 販売店ではローンを勧められましたが、銀行金利よりも高かったので借入申込しませんでした。組合員ではないので検討しませんでしたが、農協のローンが金利が低くかったです。 車のローンを比較する際のポイントとしては、1.保証料がどれくらいかかるか確認が必要です。2.借入れたあとに口座に入金若しくは振込する際の手間暇や振込料も検討する必要があります。3.繰り上げ返済や内入れの際の手数料がかかるのか確認が必要です。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧