キャッシングアカデミー

ホンダクレジットで100万円のカーローンを組み、フィットを購入

ホンダのフィットがほしくてオプション付き150万円で車を購入

38歳男性です。私の住んでいるところでは、車を欠かすことができません。車を欠かすことができないので、どうしても車はほしくなってしまいます。もちろん中古車も魅力的なのですが、やはり新車がいいと思いました。 新車であれば、最初に支払う必要は確かに多いのですが、その後の維持費用などは非常に安く上がります。新車で購入すれば、最近では、非常にお得な特典もついてきますし、自分なりにその車にオプションをつけることもできます。ホンダのフィットという車を購入しようと思い、ホンダのディーラーに足を運びました。 フィットについてのリサーチはかなりしてきましたので、ほぼ購入する意思が固まっていました。後は、販売員との交渉ですが、何とか総額で150万円で収めてもらうことに成功をしました。

頭金50万円を支払いディーラー提携のホンダクレジットで100万円をローンしました

このうち500000円を現金で支払い、残りの100万円をローンで支払うことにしました。もちろん、様々なローンの選択肢があることは分かっています。まずは、銀行のマイカーローンです。銀行のマイカーローンは金利が低いのが魅力的ですが、いかんせん審査が厳しいことで有名です。しかも、審査に時間がかかるという評判です。 消費者金融のキャッシングも、もちろん候補に入れました。銀行のマイカーローンと比べれば、はるかに審査はやさしいものでしょうが、金利が高くて困ってしまいます。借りる金額が100万円ですので、わずかな金利差であっても、実際に支払う金額には大きな差ができてしまいます。 そこで最終的に決定したのが、ディーラー提携のクレジット会社です。この場合には、ホンダクレジットになります。通常ですと、確かに銀行のマイカーローンよりは金利が高いかもしれません。しかしちょうど金利引き下げキャンペーンを行っており、銀行と遜色ない金利でした。

自動車ローンの返済中には所有権がクレジット会社にあります

ホンダクレジットを使い、100万円のローンを組みました。さすがディーラー提携のローンだけあって、審査も比較的すんなりとおりました。銀行のマイカーローンよりもスムーズな印象でした。ただし、銀行のマイカーローンやディーラーのクレジットの場合、注意をしなければならないことがあります。それは所有権です。ローン返済中は、所有権は銀行やクレジット会社にあります。これが何を意味するのかというと、勝手に車を売ったり処分したりができないということです。私もローン返済中ですので、その例に漏れません。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧