キャッシングアカデミー

地方銀行の教育ローンで行政書士などの資格を取得

父名義で借りた10万円の教育ローンと資格取得までにかかった期間

私は22歳の男性で、現在は国立大学の法科大学院学生でしたが、教育ローンを借りた当時は理学部の学生でした。家族構成は、薬剤師の父、保育士の母、農家の祖母と、弟、妹の6人です。 私は行政書士の資格とアフィリエイテッドファイナンシャルプランナーの資格を取るためにローンを組みました。なお、私は学生だったので、奨学金も借りていましたが、教育ローンに関しては名義上は父の名義で借りました。 資格取得までにかかった時間は、行政書士で6ヶ月ほど、アフィリエイテッドファイナンシャルプランナーが試験合格まで2ヶ月ほど、認定が下りるまで3ヶ月ほどかかりました。 資格取得にかかった費用に関しては、受験料を含めて行政書士で3万円ほど、アフィリエイテッドファイナンシャルプランナーで6万円ほどだったかと思います。審査料もあわせるとすべてこみごみで10万円ほどだったでしょうか。

キャッシングより低金利なので地方銀行で教育ローンを組みました

これらの費用を一括で支払う必要があったので、民間銀行の教育ローンを使おうと思いました。地方都市銀行の教育ローンは金利が民間(信販会社や消費者金融などのもの)よりも低いのが利用を決めたきっかけです。ちなみに、その教育ローンは10万円を借りて、月々1万円と利息を支払っていき、10ヶ月で返済しました。 ちなみに、私がこれらの資格を取ろうと思ったのは、まずい行政書士ですが、法律的思考力を試すには行政書士が比較的簡単で手軽に取れるのでちょうどいいと思ったからです。もともとこの資格は実務と乖離している試験内容で、どちらかと言うと法律的教養試験だったので受験を決めました。 アフィリエイテッドファイナンシャルプランナーに関しては、当時は銀行などへの就職を考えていたので、持っていて損はないなと思ったからです。宅建を取得していたので、その資格と関連性がある、というのも受験を決めた理由のひとつです。

消費者金融のフリーローンを利用するときのメリットと審査時間

消費者金融のフリーローンなどでお金を借りて教育費用を払うことができます。確かに、銀行の教育ローンなどよりも金利は高いですが、その分自由度は高く、審査までも時間が比較的かからないと思うので、借りる額によっては検討してみてもいいかもしれません。 消費者金融・銀行カードローンによっては、最短即日で手軽に10万円ほどキャッシングできるらしいです。お金を借りて勉強するのは額にもよりますが基本的に重圧になるかもしれません。しかし、なりたい自分に対しての投資だと思って、勉強をするしかありません。これからもたくさんの有用な資格を取って、高いスキルを持った優秀な実務家法曹になりたいと思っています。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧