キャッシングアカデミー

プロミスの利用がばれないよう明細は処分しましょう

連帯保証人になり、プロミスのカードローンで20万円借りました

私は、とある病院に非常勤で勤務している20代の男性看護師なのですが、先日、友人の結婚式のために簡単に借りれるプロミスのカードローンを利用して20万ほど借りました。

普段は、借金などすることやお金に困ることなく、何事もなく生活していましたが、とあるときに、起業をする友人の連帯保証人になってしまい、その事業に失敗した私の友人の代わりに借金を背負いこむ形になってしまっているため、今は急に上記のようにお金が必要だとなると、その額を準備できないのです。今回の結婚式を挙げる友人は古くからの友人でどうしても式に行ってあげたいという気持ちが強かったので、お金を借りてでも行ってやろうと思ってしまったのです。

財布の中の明細書を母に見られてしまい、キャッシングがばれた

そんなこんなで、友人の結婚式は無事に終わってよかったのですが、借金をしたことが親にばれてしまったのです。原因は私の不注意でした。この前に急なことで実家に帰らなければならないようができたので、着の身着のままで新幹線に飛び乗り実家に帰りました。

そこで、実家についたのが夜中くらいだったのですが、やさしい母親はおきて私が帰るのを待っていてくれたのです。疲れ果てて、ようやく家にたどりついた私は、すぐに服を脱ぎすて、お風呂へ直行しました。その時に服を脱ぎ捨てたのが大問題だったのです。財布の中にカードローンの明細をていねいに入れてしまっていたのです。母はいつも通り、私の財布の中身をチェックして、お金が少ないことがわかると黙ってお金を入れてくれるのでした。

しかし、母が見てしまったのは私の借金の明細表でした。ただでさえ心配性の母は私がお風呂から上がると質問攻めにしてきました。次の日には、母から話を聞いた祖父母が私のことを質問攻め。さらに、昼くらいには、親戚のひとから電話がかかってきて、ここでも質問攻め。私はうんざりしてしまいました。

明細書を見て借りたことがばれないように処分しておくべきでした

もちろん、当たり前ですが、自らのお金の問題で家族には迷惑をかけたくないので、友人の連帯保証人になったことは何があっても隠し通しましたが。この20万円のローンでさえ、一両日で親戚中に知れ渡ってしまうくらいの家です。口が裂けてもこのことは言わないつもりです。

こんなことがあったので当面、実家には帰らない予定です。帰っても心配されるだけなので。実家から帰ってくるときに母は私にお金をすぐ返すように20万円を現金で手渡してきました。もう返したからと言い張って意地でも受け取りませんでしたが、本当はほとんどまだ返せてません。とにかく、明細とかは誰にも見られないようなところに厳重に保管しておくことをおすすめします。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧