キャッシングアカデミー

中小企業診断士の資格のため楽天銀行カードローンを利用。

仕事のステップアップのために私が利用した資格取得のためのローン

私は42歳、男性会社員です。通販会社で通販カタログや自社広告の制作業務、販売戦略の立案業務などを行なっています。家族は妻と小学3年生の娘、それから小学1年生の息子です。

私は昨年、中小企業診断士の資格を取得するために、地元の銀行から資格費用を借りました。我が家は今後ますます養育費用がかかるため、はじめは自分の資格取得に対して、諦めることも検討したのですが、仕事上、取得しておいた方がステップアップにもつながると思い、決断しました。

通信教育の10万円コースで中小企業診断士の資格を目指す

私の仕事は通販会社の広告、販売戦略を計画することです。通販の広告や販売は、一般企業にとっての営業であり、また売上のほとんどを占める根幹的な役割を果たす仕事なだけに、経営戦略的な視点も求められるのです。つまり、マーケティングや会計知識、経営論も体系的に学べることから中小企業診断士に興味を持ち、ステップアップに役立てられないかと考えたのでした。

中小企業診断士は、もちろん市販の教材を利用し独学で学び、資格取得することも可能でしょうが、合格者の多くは専門学校へ通うか、通信教育などで勉強しています。私は平日など特に、学校への通学は仕事の関係で難しいことから、通信教育で学ぶことを早くから決めていました。この通学か通信教育かによって教材や授業の価格がピンキリで、10万円もしないものから30万円を越えてしまうようなコースまであり、私は通信教育の10万円ほどするコースを選びました。

楽天銀行カードローンで低金利のローンを組むことができました

資格取得までに早い人で1年程ですが、そうした方は稀な存在で、ほとんどは3年から5年はかかっているそうです。1次試験も7科目あり、合格すると翌年はその教科は免除されますが、7科目合格するまでに年数がかかりすぎると、また合格した科目まで再試験となります。そして二次試験は筆記試験と口述試験があり、合格者は2週間ほどの講義や実習もあります。

このため、二次試験以降にはまた別途費用がかかるのですが、私は住宅ローンや自動車ローンを借りている楽天銀行カードローンからお金をを借り、金利を低く抑えてもらいました。

事前審査はありましたが翌日には連絡をいただき、すぐにネットで手続きしました。私の場合、月々1万円ほどの返済となります。消費者金融等のフリーローンで費用が支払えることは知りませんでしたが、融資をしてくれた楽天銀行カードローンには何かと助かっています。我が家の場合、住宅ローンに自動車ローンもあるため、返済が滞ることのないように注意しながら支払いを行なっていきたいと思っています。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧