キャッシングアカデミー

モビットのキャッシングが家族にバレてしまった理由

キャッシングがばれないために私が心がけていたこと

キャッシングやカードローンを利用する際に一番気を使うところって、「他人にバレないようにする」ところですよね。なので、在籍確認や自宅確認の連絡すらも避けて欲しいと思うのが、消費者の心情です。しかし、そうはいかないのが世の常ってもんで、それをいかに掻い潜るかが問題なんですよね。実際にバレずに申し込めたとしても、その後返済までバレずに済むなんて保証もありませんしね。

私がバレないように心がけていたのは、やはり明細書ですね。郵便物は朝すぐに確認するようにしていましたし、なるべく一番最初に帰宅するようにしていました。しかし、カスタマーセンターのクレーム対応をしていると、仕事が長引いてしまうことが多々あります。まあ、封もされていますし勝手に開けるような人間もいないので大丈夫といえば大丈夫だ、そんな認識だったんですよね。

明細書を置きっぱなしにしてキャッシングがバレた

家族に「こんなの来てたけど」と言われても、まあ多少は動揺しますが気にしない素振りでなんとかごまかしていました。キャッシングがばれない方法なんて、みなさんもこんなもんだと思います。しかしある日、私はやってしまったんです。前日にきた明細書を開き、確認した後、あろう事か開いたままリビングのテーブルに放置してしまったのです。これに気づいたのが朝家を出たあとでした。

「あー、やっちまった」なんて思いましたが、まあバレたところで十万円未満だし大丈夫だろう、そう思っていましたが、うまくいかないものなんですよねこれが。帰宅するやいなや父に「話がある」と言われてしまいました。

モビットで借りて飲み代に使い、家族で話し合い

私が使っていたのはモビットなんですが、本来はこいつの「紛失時に電話一本で郵送してくれる」という機能を利用するために申し込んだものでした。私が普段使っている三菱東京銀行のカードは、再発行に身分証以外でも他社のカードがあれば再発行手続きが出来るので、いざという時のために申し込んでいたのでした。

が、まあ魔が差したといいますか、なんとなく飲み代に使ってしまったんですね。このことを正直に父に話したところ「そういった、先を見越しての行動は良い事ではあるが、こういったところから金を借りるのは良くないことだ、信用に関わる」と言われてしまいました。まだ少ない金額だったのが幸いしたのか、雷が落ちるということはありませんでした。

言い訳をしてしまうと、こういった問題は絶対に泥沼になってしまい、相手との関係の修復すら不可能になってしまうことだってあります。なので、バレたら正直に話しちゃいましょう。そのほうが、スッキリしますよ。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧