キャッシングアカデミー

米国公認会計士の資格取得のためみずほ銀行を利用しました

家電メーカー勤務の私が公認会計士の資格を獲ろうと思ったきっかけ

私は29歳の男で、現在は家電メーカーの経理部に勤めています。今は独身で、家族は両親と弟がいます。数年前から私にはどうしても取得したい資格がありました。それは米国公認会計士です。

この資格は米国や世界で使われている会計基準に適応した知識を得ることが出来ますし、取得すれば外資系などの企業でより責任のある経理の仕事が出来るようになるのです。私自身以前から外資系の企業で働きたいと思っており、転職の際に有利になるのです。そのため、自分の目標を実現するためにも米国公認会計士の資格は取得したいと思っていました。

米国公認会計士の試験は独学ではかなり難しいです。多くの方は専門学校を利用して勉強をしているようでした。私も独学で勉強をすることに不安を感じていたので、大手の資格専門学校を利用して勉強をしようと決めたのです。しかし、専門学校の学費はかなりの高額になります。

みずほ銀行で50万円を借りて毎月4万円返済しています

私が行こうと思っていた学校の学費は50万円ほどでした。その時の私は年収が300万円ほどで、一人暮らしもしていたのであまり貯金が無かったのです。自分で学費を出すことは難しいと感じていました。

そこで私はローンを利用してお金を借りて学費を支払おうと思ったのです。私が利用することにしたのは銀行のローンでした。利用したのは大手のみずほ銀行のローンです。

お金を借りることに多少不安を感じていた私にとって、みずほ銀行のサービスは安心感を感じました。銀行の場合は審査が厳しいと友人にも言われていたのですが、消費者金融に比べて金利が安かったのでとてもメリットを感じました。

みずほ銀行のカードローンの借入の申し込みをする際は、パソコンからインターネットで申し込みを行いました。カードローンの審査に必要な書類などは郵送でその日のうちに送りました。その後、審査に通ったということを電話で伝えられたのです。

みずほ銀行のカードローン審査に通ってから返済途中で気をつけたこと

審査に通ってお金を借りられるようになるまで1週間ほどの時間が必要でした。私はすぐにローンで学費に必要なお金を借りて、口座に振り込んでもらいました。私の場合は、50万円を借りて1年で返済をしました。

返済していた期間は月々4万円以上の返済を継続して行っており、返済が遅れたことは一度もありませんでした。返済が終わるまでの間は節約をして返済のためのお金を確保しておくことと、家計簿をつけて自分の経済状況を把握するということをしていました。このようにしてみずほ銀行のローンを利用して専門学校に通った結果、米国公認会計士の資格を取得することが出来ました。今は外資系の企業で働くために、転職の準備をしています。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧