キャッシングアカデミー

みずほ銀行のカードローンがばれた体験と内緒にする方法

誰にもばれないようにキャッシングしたい方がよく読むページ
【家族や会社に内緒で借りるならこのカードローン】

身内にカードローンがバレた事件

34歳でエステティシャンのアルバイトをしている女です。アルバイトなので、年収はだいたい120万円です。今現在は34歳ですが、カードローンがばれた事件の当時は、29歳のころのできごとになります。今から5年前のできごとになります。

身内にカードローンがばれてしまいましたが、5年前の事件をきっかけに、カードローンが身内にばれない簡単な方法に気が付いてからは、ここ5年間のカードローンは一切身内にばれていません。

合コンのために洋服を買いたくてカードローンを利用

会社関係のお付き合いが理由になります。私の仕事は女性だけの職業なので、合コンの誘いが同じ社内の先輩から高い頻度でありました。毎度断っているのも辛くなってしまって、定期的に合コンに参加するようになりました。

合コンに出るからには、先輩に恥をかかせるわけにはいかないですし、自分自身も合コンくらいは新しい服で行かないと恥ずかしいと思っていたので、合コンに参加するたびに新しい服を購入するためにみずほ銀行のカードローンを利用するようになりました。

いちばん知られたくない父にカードローンがばれた

父親です。一番ばれたくない人でした。指定口座からの毎月の引き落とし額は、きちんと口座に入金していたので、引き落としには何の滞りもありませんでした。

ただ当時は、同じ家に父と一緒に住んでいたので、毎月のカードローンの利用額の明細書が自宅に届いていたので、ポストに郵便物を取りに行った父親がカード会社の封筒を私に持ってきました。カード会社の社名が封筒に書いてあるのでばればれでした。

カードローンがばれた後の父との約束

カード会社の社名入りの封筒なので、一発で利用していることは勘付かれました。ちゃんと返しているの?と聞かれました。怒ってはいなかったのは意外でした。怒っていないのが逆に少し怖いのもありました。毎月の返済額は一切の滞りなく支払っていることを、引き落としの指定口座の通帳を見せて、私の説明で分かったからなのかもしれません。
私が成人している大人だからというのもあるとは思います。身内に迷惑のかからないように返済さえしっかりしてくれればそれで良いというのもあったと思います。

これから借りる予定の人にばれないためのアドバイス

カードローンがばれないようにするためには、利用明細書を自宅に郵送を止めることです。ネットで利用明細を確認できるように手続きすれば大丈夫です。手持ちのカード会社のホームページ上で、利用明細書を郵送ではなくWEB明細書に切り替える手続きができる会社が多いので、WEB明細に切り替えると、支払いさえきちんとしていれば、自宅に明細の郵送は完全にストップするのでばれません。
ただし手元に明細書がない分、請求額を勘違いしないように自発的にマイページにログインをして請求額を確認するくらいの注意深さは必要です。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧