キャッシングアカデミー

みずほ銀行カードローンで中央出版の学習教材を購入

息子の学費とみずほ銀行カードローン

自分には中学生になる息子がいるのですが、その息子には良い学校に行ってほしいので、習い事や学習塾に頻繁に通わせていました。しかし、その欲がたたってしまったのか、次第に学費と学習塾の費用に苦しむようになってきました。金銭的に苦しくなった我が家では妻とも話し合い、妻も働きに出ることにしました。

しかし、働くとはいったものの、スーパーのパート勤務だったので、自分たちが望むような給与ではありませんでした。そんな中、息子が中学校に入学し、その際に、とあるセールスマンが家にやってきて、話を聴く機会がありました。

そのセールスマンの話を聴いていると、どうやら中央出版という会社のセールスマンで、中学生の学習教材を熱心に勧められました。

かなりの高額で自分も妻も悩んだのですが、何よりも息子の将来のためにと思って当日に購入しました。その金額は100万円以上で、今を思えばもう少し考えればよかったと少しだけ後悔しています。

教材やテキストが届き分割払いで返済していきます

その教材を一括で支払う能力は当然なかったので、分割払いで注文をしました。中央出版のローンを組み込めたので、そういう点では助かりました。金利が12%に設定されていて、金利は大して高くなかったので、そういった側面も即決で買った要因だと感じています。

購入を決意してから数ヶ月が経ち、我が家に大量の教材やテキストがやってきました。息子は優しい子に育ってくれていたので、文句のひとつも言わずに受け取ってくれました。息子の方は問題なったのですが、今度は自分たちの経済的問題に直面しており、やはり分割とはいえ毎月の支払いは徐々に苦しくなっていきました。

みずほ銀行の教育ローンで150万を借り、教育ローンとして使っています

どうしても自分たちの給与では余裕のない家計になってしまうので、もう最終手段としてキャッシング会社のキャッシングサービスを受けることを決意しました。そのときに自分たちが選んだキャッシング先は、みずほ銀行のカードローンです。

自分たちがみずほのカードローンを選択した理由は、ローン期間が10年間と、長期間であった事と、学校の費用として扱うだけでなく、その他教育費用全般の出費にも理由として構わないという点でした。

自分たちにとっては、正に願ったり敵ったりの好条件で、このカードローンを見つけたときはとにかく嬉しかったです。みずほ銀行のカードローンは最大300万円まで借り入れが可能で、自分たちは150万円を借り入れできました。今後は返済しつつ、何よりも息子のために両親ともども頑張っていくつもりです。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧