キャッシングアカデミー

アコムの利用が同じ債務者の会社の同僚の一言でばれた

270万円の年収をうまくやりくりできずにアコムでキャッシング

某雑貨チェーン店の営業として働き始めて二年が経過する24歳、男性です。年収は300万円にも満たない270万円です。

真面目で厳格な家庭にて育ったためにお金に不自由をした経験も無く、消費者金融にも縁が無かったのですが就職後、8万円もする家賃、円滑な人間関係を築くための飲み会費用、仕事の時間上自炊ができずに外食、弁当続きで食費も掛かり、ストレスから遊興も始め、その末消費者金融に手を出しました。幸い一社だけなのですがアコムだけを利用しています。

アコムの店舗で爽やかにカードローンを契約

どうしてアコムなのかと問われれば自分でも返答に困ってしまいますが、単に他の消費者金融の名前を知らなかったからアコムで借りたのでしょうね。銀行のカードローンは銀行なだけあって利用がし辛そうという印象があり、アコムは金融経験の無い主婦でもOKというイメージがあり手軽そうに見えました。

自宅から電車で数分の所にアコムの店舗があるのを知っていましたので、契約の時は店舗まで行き契約をしました。自分も営業マンですのでやはり生で対面をしてお金を借りたかったですし、インターネット通信で借りるという方法は実感が無くどこか心頼りない感じがしたのです。

アコムで50万円の限度額に3万円を借りて返済も順調だったが

アコムの店舗での契約は簡単そのもの、にこにこした窓口の人が案内してくれアドバイスをされつつ契約しました。家賃の足しにしたかったので三万円だけを希望し、50万円の限度枠がありながらも三万円だけを手に入れて銀行に振り込み、自動引き落としにて無事に家賃が支払えました。契約は窓口なのでそれなりにスピードも早く、数十分で完了した記憶があります。借りる時は楽々、返済時も楽々、けれどもアコムのカードローン利用がばれてしまい恐々、ばれてしまったのは会社の同僚の一言でした。

同僚にアコムのキャッシングカードを見られて会社にもばれた

会社の休み時間に、レシートでパンパンになった財布に危機を感じてこそこそと財布の整理をしていたのですがポイントカードもばらばら、財布の小銭入れに穴が空いている、レシートは無数、とぐちゃぐちゃ状態で整理に躍起な自分は近付いてくる同僚に気付きませんでした。

「お前、借金しとるんか」と後ろから声を掛けられてぞっと血の気が引きました。アコムのキャッシングカードに見覚えがあった債務者である同僚はそう声を掛け、周囲の女性社員もこちらを見て眉をひそめました。会社にはアコムを利用したことをばれたくなかったのです。当然、その後居辛くなりましたね。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧