キャッシングアカデミー

性格が災いしアコムで計50万円借りました

断れない性格でキャッシングを決意

地方の高校を卒業後、上京してとある飲食業界にフリーターとして飛び込みました。どうしても、東京に住みたくて、何でもいいから働いて生活したかったからです。

努力をかってもらい社員になったのですが、年収は30代で280万円ほどとけっして高くない上に、数年前に結婚し、月3万円のお小遣いでやりくりしなくてはいけなくなりました。

月3万円だと、同僚や友人と飲みに行ったりすることを考えるととても足りる額ではなく、ちょっと外食したり服を買ったりするといつもすぐになくなってしまいます。

そんな風に暮らしていたある日、いつものように同僚から食事に誘われました。しかし困ったことに、財布にはお金が千円札1枚と小銭しか入っていなかったのです。

自分で言うのもなんですが、僕はノリの良い性格なのでそれでも断ることができませんでした。

どうするか仕事が上がるまで考えた結果、やはり断るという選択肢はなくお金を借りることにしました。

アコムで計50万円の借入

とはいえ知り合いに言うのは恥ずかしかったので、CMでやっているような大手のキャッシング会社で借りることにしました。

大手なら利息もそこまで高くないだろうと考え、アコムで3万円借り入れました。窓口で申し込みをしたのですが、女性の受付の方の感じがよかったのは印象的でした。

アコムがあっさり融資してくれたことで嬉しくなった僕はその日の食事で早速使いました。

明細の郵送もなくWEB上で見られるので、妻にもいまだにばれずに済んでいます。

簡単に借りれて気軽に返せることが分かったので、その後何度も借入をし、結局借入はアコムで50万円までになってしまいました。

さすがにこれ以上借りるとマズイと思い、お金を借りていることを店のメンバーに正直に打ち明け、食事の誘いもお金がないと断るようになりました。

すると、意外にも店長や先輩がご馳走してくれることも増えて、返済のペースが整うようになりました。

出費の少ない月には多めに返すことで、全体の利息が減り、やっと完済までもう少しのところまで来ました。

最近ではアコム等の大手消費者金融では借入・返済がとても簡単なので油断してついつい借りてしまいがちです。しかし、大きいお金を借りず少額を借りて返すを繰り返す方が、余裕のある時に返済額も増やせて完済しやすくなりますよね。借りたら返すの当たり前のことができるようにしましょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧