キャッシングアカデミー

アコムで130万円借りた理由。私の体験談

アコムで趣味のバイクのために130万円借りました

鳴かず飛ばずの中小企業で働く既婚の30代会社員です。

妻と結婚したのは数年前ですが、当初はおしとやかだった嫁も今や鬼嫁。

浪費癖のある自分は、わずかばかりの貯金と年に約450万円ほどしかない給料も妻に握られ、現在は月5~6万円のお小遣いで日々過ごしています。
そんな額なので、会社で飲みに行ったり、趣味のバイクにお金をかけたりすることがあまりできなくなってしまいました…

ある日、会社の昼休みにお弁当を買いに行ったとき、ふとアコムの無人契約機が目にはいりました。いつも潜在的にお小遣いが足りなくて困っていたので、ここで借りてしまおうかなという気になってきました。

結婚する前は気にも留めなかったものだったのですが、お金に一番困っていた時だったので、大手だったこともあり、アコムで150万円の枠のうち130万円を借入れ。アコムの無人契約機とはこんなに簡単なものだったのかと感心すら覚えました。今思うと、130万円という金額は、自分の力だけでは返せない金額だったので思い切ったなという気になります。

借入後はバイクの部品を買ったり、自分の趣味につぎ込みました。いつもより使える額が多いのはとても心地よく、なくなっていうのはあっという間です。お小遣いが僅かなのにもかかわらず、使いっぷりがひどいことが妻に知れてしまうのにそう時間かかかりませんでした。

アコムからお金を借りたことが妻にバレてからは、こっぴどく叱られたうえ、返済のためお小遣いを3万円に減らすことを約束させられてしまったのです。今さらながら、派手に使いすぎてしまい調子にのったなと反省しました。妻にはばれてしまいましたが、私にも省みる点はありました。申し込みをする前に、郵送物や借り方に注意すれば、誰にもばれないカードローンを利用する方法はあるはずです。

そのとき運よく偶然親の土地が手に入ったこともあり、現在ではやっとのことで完済目前のところまでこぎつけました。お小遣いも以前の5~6万円に戻って、ほっとひと安心。

お金というのは使うのはあっという間で、返すために生活を切り詰めるのはほんとうにしんどいものです。さすがの自分も懲りて、今後は無茶をせず、自分の返済できる範囲で借入をしようと思いました。

土地が手に入らなかったら…と思うと、ヒヤッとしますね。アコムなど大手キャッシングでは大きな額も借りられますが、借り入れの際は自分の返済能力とよく相談して借入金額を決めましょう。

もし、返済能力を超えて借りてしまうと、返済できないで自己破産なんてこともありますので注意してください。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧