キャッシングアカデミー

アイフルで生活費を100万円借入しました。

30代男性です。東京都内に済みながら、小さな広告代理店で働いています。 広告代理店ともなるとたくさんの業界の方とお会いする機会がありますので、会食や交際費等自己負担の機会もあり、知らずと生活費が減ってしまうことがあります。接待というほどの大げさなものでもなくても、1回につき4,000円?5,000円が軽く出ていくため、2軒行った日なんかは1万円近い出費になってしまうこともあります。週に2回こんなことがあればもうたいへんです。

学生のときの方がまだ貯金があった?同僚もキャッシングを使っていた

独身なのでお小遣い制ではなく自由にやりくりできますがつい浪費しすぎてしまい、給料日1週間前に残り8000円で暮らさなくてはならなくなり、生活費が足りなくなったときがありました。思えば、学生のときのほうがまだ貯金があったような気がします。

そんな時、同僚に相談すると、アイフルなどの消費者金融が便利だという話を聞きました。周りの同僚も同じような給料で同じような生活をしているはずなので、お財布事情もそう変わらないはずだと思い、思いきって相談してみたらそういうことです。周囲の半分ぐらいの人間がキャッシングを利用していることがわかりました。

アイフルで100万円をあっさり借りられて逆にキャッシングが怖くなった

消費者金融と聞いてはじめは抵抗を感じていましたが、法律の改正後は金利が驚くほど高いということがないということだったので、その日にさっそく大手で会社の近くにあったアイフルで借りることに決めました。無人契約機に行ってみると、想像以上に審査も早く、100万円の希望額も、1時間程度ですんなり借りることができました。金額が少なければもっと審査も早かったはずだと後で聞きました。

アイフルで借りたお金はまず生活費に当てました。ただ、あまりにすんなり気軽にまとまったお金を借りられたのでなんだか怖くなってしまい、アイフルの窓口の方に相談しながら返済計画をきっちりたてました。収入がそれなりにあるとお金を借りやすいということで、自分の場合には勤続も10年近く、住んでいる場所もあまり変わっていないので有利だったようです。キャッシングの審査があまりに早かったので驚きましたが、思いのほか様々な情報が関わっているのだと後で納得しました。

消費者金融は貸したお金をしっかり返してほしいため、借りた側の状況をヒアリングしながら返済計画の相談に親身に乗ってくれます。ですので、アイフルのキャッシングでお金を借りるのに不安な方は予め電話やお問い合わせで相談してみることも有効ですね。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧