キャッシングアカデミー

小遣いが足りずアイフルで計150万円キャッシング

小さな機械系の会社で正社員として働いています。ですが20代前半で年収250万と決して余裕があるわけではありません。しかも僕は結婚をしていて、月3万のお小遣い制で過ごしています。 このお小遣い制が思いのほかしんどいです。昼食もお弁当を持たせてもらえることがなくはないのですが、同僚や上司とランチに出かけることもしばしば。簡単に1,000円ぐらい飛んでしまいます。さらに、接待や飲み会などが頻繁にある会社なので、交際費がさらにかさんでいきます。 なので当然毎月の少額のお小遣いで足りるはずもなく、お金はどんどん無くなっていきました。学生時代の貯金もあっという間になくなってしまった記憶があります。

アイフルを知ったのはインターネットでした。

どう乗り切ろうかインターネットでいろいろ検索していると、キャッシングが便利そうということが分かりました。そして、ある日家からも勤め先からも少し離れた場所にちょうどアイフルの無人契約機を見つけたので、これ幸いと利用しました。そのままインターネットでの申込も考えたのですが、銀行口座に振り込まれてしまうと妻にばれてしまう可能性があったので避けました。無人契約機はその場ですべてが完結するということだったので、安心して利用することができました。

アイフルを選んだのはやはり大手で信頼できるという点でした。無人契約機は本当に無人で、あっさり契約することができました。アイフルではとりあえず50万円借りることができたので、お小遣いの足しにしました。実際、交際費で毎日こつこつ数千円の出費があったので、この50万円はとても助かりました。

しかし、よくよく考えればこの50万円は自分のお金ではないはずなのですが、貯金が50万円増えたような気がしてしまったところがよくなかったかもしれません。結局すぐに底をつき、すぐさまアイフルでまた100万円の融資を受けました。
アイフルの詳細はこちら

アイフルの100万円の審査もあっさり通過した

正社員ということもあり、アイフルはまたあっさり貸してくれました。キャッシングの審査で不安な人が多いというのはインターネットで検索して知っていたのですが、正社員で勤続年数がそれなりであればあまり難しくないものなのだとよくわかりました。借りたお金はまたお小遣いに当てました。

ところが妻にも次第に怪しまれ、このままではダメだと思い、自分の趣味である釣りを余裕ができるまでやめることにし、交際費以外の支出をできる限り抑え、返済に充てています。交際費はどうしても削ることができないためなんとかそれ以外のところで賄っています。ボーナスも業績に応じて大きく出ることがあるので、このまま少しずつ返済を続けてたまに大きく返せたらと思っています。

この方のように最初からまとまった額を借りてしまうと返済が難しいので、少額から借りるのがおススメです。
また2社以上の借入は楽天やオリックス銀行やオリックスVIPなどでおまとめでき、返済が減る場合があります。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧