キャッシングアカデミー

三井住友銀行カードローンのATMについて解説

Cache_11

結婚式のお誘いや旅行のお誘い、嬉しい反面、お金にこまってしまいますよね。こんな時に便利なのが、目的を選ばずいつでも使えるカードローンです。使いこなすためには、現金自動預け払い機(ATM)の使い方をマスターすることが大切です。そこで今回は、カードローンの現金自動預け払い機(ATM)の使い方についてご紹介します。

三井住友銀行カードローン!ATMでできること

ATMでは主に、借り入れ・返済・残高照会の3つを行うことが可能です。

よくローン契約機(ACM)と現金自動預け払い機(ATM)を混同している人もいますが、ローン契約機ができるのはカードローンの契約・審査・カードの発行までであり、実際に現金を引き出したり返済したりする作業は現金自動預け払い機(ATM)を使って行います。

三井住友銀行のカードローンは、三井住友銀行のATMのほか、E-net(ファミリーマートほか)、ローソンATM(ローソン)、セブン銀行ATM(セブンイレブン)、ゆうちょATM、提携金融機関のATMで契約限度額の範囲内で繰り返し利用することが可能です。

このほか、インターネット(SMBCダイレクト)・モバイル・テレホンでの借り入れ、自動融資(バックアップ)でのカードローン借り入れを利用できます。

ATMを利用して借り入れる場合は提携金融機関のATMを除いてATM利用手数料・時間外手数料が無料となっています。

次に返済方法ですが、三井住友銀行カードローンの返済方法は大きく分けて3つあります。
それは、

  • ①インターネットバンキングに返済日までに入金する
  • ②毎月口座から自動引き落としする
  • ③返済日までにATMを使って入金する

インターネットバンキングや口座振替は口座がある人は便利ですが、口座がない場合は利用することができません。

一方、ATMを使って返金する場合、三井住友銀行に口座を作らなくても利用可能です。

ATMを使って返済することの最大のメリットは、「いつでもどこでもお金に余裕があるときに気軽に返金できる」ということです。

ATMを利用する返済方法は以下の手順になります。

  • 1.近くにあるATMを公式ホームページで調べる
  • 2.ATMにローンカードを挿入する
  • 3.「ご返済」ボタンを押す
  • 4.端末に現金を挿入する
  • 5.返済明細を受け取る

三井住友銀行カードローンの利息は残高スライド方式となっており、約定返済日の借り入れ残高に応じて利息がつく仕組みになっています。

利息=毎日の最初の残高×年利率÷365×「初回借入日の翌日または前回返済日の翌日から返済日当日までの利用日数」
毎日の最初の残高は付利単位100円、年365日の日割り計算

このため、少しでもはやく残高を減らしておくことで利息を支払う金額も少なく済みます

コンビニATMでも残高確認が可能なので、買い物のついでにまめに残高を確認し、余裕のある時は臨時返済を積極的に行いましょう。

なお、臨時返済は返済時の利息金額以上であればいつでも入金(返済)可能です。

三井住友銀行カードローンで利用できるATMは?

三井住友銀行カードローンで利用できるATMは、三井住友銀行ATM・コンビニATM・ゆうちょATM・提携金融機関ATMになります。

ローン専用カードで借り入れる場合と、普通預金キャッシュカードでの借入れの場合は一部扱いが異なるので注意が必要です。

・キャッシュカード一体型カードで借り入れ可能なATM

三井住友銀行ATM
E-netATM(ファミリーマートなどに設置)
ローソンATM(ローソンに設置)
セブン銀行ATM(セブンイレブンに設置)

・ローン専用カードで借り入れ可能なATM

三井住友銀行ATM
E-netATM(ファミリーマートなどに設置)
ローソンATM(ローソンに設置)
セブン銀行ATM(セブンイレブンに設置)
ゆうちょATM
提携金融機関のATM
提携金融機関のATMを利用する場合、所定の利用手数料と時間外手数料が必要。また、一部サービスは利用できない場合がある。

コンビニATMはE-netATM(ファミリーマートなどに設置)・ローソンATM・セブン銀行ATMの場合ATM手数料がかかりませんが、コンビニにはE-netATM・ローソンATM・セブン銀行ATM以外のATMが設置していることがあります。

その他のATMではサービス内容が異なるため、対応したATMであることを確認してから使うようにしましょう。

また、ローン専用カードは、提携金融機関のATMで借り入れ・残高確認は可能ですが返済はできません。

1日に利用できるATMの限度額は、契約限度額を上限として出金300万円、振込と振替は合計で300万円までとなっています。

手数料無料で利用できるATMはどこ?

三井住友銀行カードローンで利用可能な現金自動預け払い機(ATM)は三井住友銀行ATM・コンビニATM・ゆうちょATM・提携金融機関ATMです。

三井住友銀行カードローンで利用できるATMの取り扱いは以下のようになっています。

ATM名 利用可能サービス ATM利用手数料 ATM時間外利用手数料
三井住友銀行ATM 借り入れ・返済・残高照会 無料 無料
E-netATM(ファミリーマート等) 借り入れ・返済・残高照会 無料 無料
ローソンATM(ローソン) 借り入れ・返済・残高照会 無料 無料
セブン銀行ATM(セブンイレブン・イトーヨーカドー・デニーズ) 借り入れ・返済・残高照会 無料 無料
ゆうちょ銀行 ローン専用カードでの借り入れ・返済・残高照会 無料 無料
提携金融機関でのATM ローン専用カードでの借り入れ・返済・残高照会 有料 有料

三井住友銀行ATMとコンビニATM、ゆうちょ銀行の場合手数料は無料ですが、提携金融機関のATMを利用する場合はATM手数料・ATM時間外利用手数料の両方が必要となるので注意しましょう。
なるべく家の近くや職場の近くで利用しやすいATMを何台かチェックしておくと安心です。

ゆうちょATMとその他提携先は注意

普通預金キャッシュカードにカードローン機能を追加する場合、三井住友銀行ATMとE-netATM・ローソンATM・セブン銀行ATMは利用することができますが、ゆうちょATMと提携金融機関のATMは利用することができません。

ゆうちょ銀行ATMと提携金融機関のATMを利用したい場合はローン専用カードを作るようにしましょう。

全国のゆうちょ銀行のATMで三井住友銀行のキャッシュカードを利用することができますが、カードローンによる取引以外は所定の手数料が必要です。

この場合の取り扱い方法は、以下のようになります。

ゆうちょATMのサービス内容 手数料
預金の引き出し・預け入れ 平日 0:05~8:45 216円
8:45~18:00 108円
土日祝日 0:05~23:55 216円
残高照会 無料
カードローンの利用 無料

また、ゆうちょATMでは通帳を伴う取引・振込便利帳による取引・硬貨を伴う取引は利用できません。

そのため入出金は1000円単位での取り扱いになりますが、借り入れ残高を上回る返済はできないので、完済したい場合の利用は不向きです。

さらに当座預金のキャッシュカードや法人キャッシュカードも利用できないので注意しましょう。

各サービスの利用時間は店舗によって営業時間が異なるため、最寄りの郵便局の営業時間も確認しておくと安心です。

平日・土曜日の23:55から翌日0:55の間と毎週日曜日・祝日の21:00から翌日7:00の間は休業となります。なお、12月31日から1月3日は祝日扱いとなっています。

三井住友銀行の提携金融機関にはBANCS提携金融機関とMICS提携金融機関(地方銀行・第二地方銀行・信用組合)があり、BANCS提携金融機関であるみずほ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・イオン銀行は三井住友銀行が手数料を定めている提携金融機関ATMとなっています。

この4つはカードローンの取引で金額が1万円以下の借り入れをする場合、時間外手数料の108円が無料です。(他行利用手数料108円はかかる)

キャッシュカードとローンカード…どっちが便利?

三井住友銀行カードローンでは、キャッシュカード一体型とローン専用カードのどちらを作るか選択することができますが、どちらがいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

キャッシュカードの利点としては、ローンカードとキャッシュカードの機能を1枚のカードで利用できるため利便性は高くなりますが、利用できるATMがローンカードに比べて少ないというデメリットがあります。

一方で、ローンカードの場合は、利用できるATMの数は多いですが、ローンカードを作るのにローン契約機(ACM)に出向くか、郵送で送ってもらう必要があります。

このようにキャッシュカードとローンカードの主な違いは、カードが1枚になるか2枚になるかと、利用できるATMの数の差になります。

ゆうちょ銀行ATMや提携金融機関ATMなど、より多くの場所で取引をしたいという場合は取引利用できるATMが豊富なローンカード、キャッシュカードと一体型にしてお財布をすっきりさせたい、すぐにカードを使いたいという場合はキャッシュカードを選んでみてはいかがでしょうか。

あとからカードの種類を変更したい場合、キャッシュカード型からローンカードへの変更、ローンカードからキャッシュカードへの変更も可能です。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧