キャッシングアカデミー

最終更新日:

申し込み前に知っておきたい!三井住友銀行カードローンの審査

Cache_06

普段の生活に使える身近なフリーローンとして便利なカードローン。いざという時には頼りになる存在です。しかし、カードローンを作ろうとすると付きまとってくるのが「審査」の二文字です。審査ってどんなことを調べるのだろう、審査に通るのだろうかと不安に思う人も多いでしょう。そこで今回は、カードローンにまつわる審査についてご紹介します。

三井住友銀行カードローンの審査

審査は申し込み時に入力、又は、記入した情報をもとに三井住友銀行、並びに保証会社で行われ、審査結果は電話又は登録メールアドレスに送信されます。

ただし、審査結果の連絡は午前9時から午後9時までの間となっているので申し込みの時間帯によっては時間がかかることもあります。

また、在籍確認は本人が会社に在籍している事実を確認するためのものなので、当日本人が出社している必要はありません。

この場合は「○○はただいま席を外しております」「○○は本日お休みをいただいております」という対応があれば在籍確認ができたことになります。

在籍確認をする場合、電話をかけるときに個人名か銀行名、どちらでかけるかも選ぶことができます。職場の雰囲気や普段かかってくる電話の傾向に応じて、どちらか選ぶようにすれば安心です。

三井住友銀行に口座を持っていると審査がスムーズ

三井住友銀行に口座がある場合、口座開設時に本人確認をすでに行っているため、免許証などの本人確認書類の提出が必要ありません。

モバイルバンキング(SMBCダイレクト)を契約していない場合でも、手元にキャッシュカードがあれば審査結果の後すぐに借り入れが可能となります。

ただし、審査結果の連絡は9:00から21:00までの間となっているので、申し込み時間帯によっては審査結果の連絡が遅くなってしまう場合もあります。

平日昼間など、在籍確認がとりやすい時間帯に申し込むと審査がスムーズに進みます。

カードローン専用カードを申し込むことも可能ですが、この場合は本人確認書類を持参した上で三井住友銀行ローン契約機(ACM)に行くか、郵送になります。

インターネットバンキング・モバイルバンキング(SMBCダイレクト)での契約方法

  • 1.サイトにアクセス
  • 2.必要事項を入力して送信
  • 3.審査
  • 4.審査結果連絡
  • 5.審査結果連絡と同時に契約可能
  • 6.手元の普通預金キャッシュカードで借り入れ可能
  • 7.ローン専用カードを希望する場合、郵送またはローン契約機(ACM)で受け取り

多種多彩な申し込み方法!やりやすい方法を選んで

三井住友銀行カードローンは、インターネットバンキング(SMBCダイレクト)・パソコン、スマートフォン・モバイル・ローン契約機(ACM)・電話・郵送・窓口から申し込みが可能です。

自宅で待たずに契約したい場合はインターネットバンキング、口座は持っていないけれどすぐにカードを手に入れたい人はローン契約機(ACM)など、自分に合った申し込み方法を選びましょう。

webの申込方法

最も手軽な申し込み方法としておすすめなのがwebでの申し込み方法です。
パソコンやスマートフォンからインターネットバンキング・モバイルバンキング(SMBCダイレクト)もしくはホームページから申し込むことが可能です。

メニューボタンからカードローンを選び、入力画面で必要事項を入力します。

インターネットバンキングやモバイルバンキングを利用中の場合、カードローン口座に返済用預金口座が自動的に登録されます。

また、融資希望額が50万円を超す場合は、別途年収が確認できる書類が必要です。

入力した情報をもとに審査が行われます。審査結果の連絡は、電話またはメールアドレスに届きますが、対応時間が三井住友銀行に口座がある場合、口座開設時に本人確認をすでに行っているため、免許証などの本人確認書類の提出が必要ありません。

モバイルバンキング(SMBCダイレクト)を契約していない場合でも、手元にキャッシュカードがあれば審査結果の後すぐに借り入れが可能となります。

審査が完了すると、手持ちのキャッシュカードがそのままローンカードとして使用できるようになります。

平日昼間など、在籍確認がとりやすい時間帯に申し込むと審査がスムーズに進みます。

カードローン専用カードを申し込むことも可能ですが、この場合は本人確認書類を持参した上で三井住友銀行ローン契約機(ACM)に行くか、郵送になります。

インターネットバンキング・モバイルバンキング(SMBCダイレクト)での契約方法

  • 1.サイトにアクセス
  • 2.必要事項を入力して送信
  • 3.審査
  • 4.審査結果連絡
  • 5.審査結果連絡と同時に契約可能
  • 6.手元の普通預金キャッシュカードで借り入れ可能
  • 7.ローン専用カードを希望する場合、郵送またはローン契約機(ACM)で受け取り

・携帯電話からの申込方法(口座がない場合)

インターネット対応の携帯電話で「http://923923.jp」にアクセスし、申し込みフォームに必要事項を入力後送信します。
カードの受け取り方法は「郵送」または「ローン契約機(ACM)から選ぶことができますが、郵送の場合はカードの到着までに1週間から10日程度かかる場合もあります。

早く受取りたい場合は「ローン契約機(ACM)」を選ぶようにしましょう。一部の端末はモバイル対応ができないものもあります。

・ローン契約機(ACM)の申込方法

三井住友銀行カードローンは、三菱銀行本支店内とSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)店舗に設置されているローン契約機で申し込みから借り入れまで可能です。

ローン契約機で申し込む場合は、運転免許証・個人番号カード・パスポート・住民基本台帳カードなど、顔写真付きの本人確認書類が必要となるので忘れずに準備していきましょう。

各種健康保険証とその他の本人確認書類については一度カードローンプラザに問い合わせが必要となります。

原則土・日・祝日も午後9時まで申込可能なので、平日休みが取れない人でも安心です。

電話での申込方法

申し込みに必要な項目をオペレーターに直接伝えます。電話での申し込みも三井住友銀行に口座がある場合、口座開設時に本人確認をすでに行っているため、免許証などの本人確認書類の提出が必要ありません

モバイルバンキング(SMBCダイレクト)を契約していない場合でも、手元にキャッシュカードがあれば審査結果の後すぐに借り入れが可能となります。

審査が完了すると、手持ちのキャッシュカードがそのままローンカードとして使用できるようになります。

ただし、審査結果の連絡は午前9時から午後9時までの間となっているので、申し込み時間帯によっては審査結果の連絡が遅くになってしまう場合もあります。

平日昼間など、在籍確認がとりやすい時間帯に申し込むと審査がスムーズに進みます。

カードローン専用カードを申し込むことも可能ですが、この場合は本人確認書類を持参した上で三井住友銀行ローン契約機(ACM)に行くか、郵送になります。

郵送での申込方法

郵送で手続きを希望する場合は、三井住友銀行の本支店に設置してあるメールオーダーサービス申込書に必要事項を記入して、本人確認書類と一緒に郵送することも可能です。

ローン専用カードの受け取り方法は「郵送」または「ローン契約機(ACM)」から選ぶことができます。急ぐ場合は「ローン契約機(ACM)」を選ぶようにしましょう。
後日審査結果が指定した電話あてに届きます。

窓口での申込方法

窓口で申し込み希望の場合、本人確認書類を持参の上、三井住友銀行の本支店窓口で契約することが可能です。

書類の記入方法や本人確認書類の種類がわからない場合や、収入証明などが必要な高額のローンを考えている場合は直接相談できて安心です。

ローン専用カードの受け取り方法も「郵送」または「ローン契約書(ACM)」から選ぶことができます。

三井住友銀行並びに保証会社による所定の審査が行われ、指定した電話番号に審査結果が届きます。

何を調べる?三井住友銀行カードローンの審査

審査と言っても一体何を審査するのかわからない、何を調べているのだろうと疑問に思う人も多いのではないでしょうか。実は審査で調べるのは主に次の3つのポイントとなっています。

  • 1.信用情報機関への紹介
  • 2.勤務先への在籍確認
  • 3.収入はどのくらいあるのか

信用情報とは個人の住宅情報や勤務先などの情報、ローンや公共料金の支払い情報のことです。

日本では経済産業大臣が指定する『個人に関する指定信用情報機関』は全国銀行個人信用情報センター・株式会社シー・アイ・シー・株式会社日本信用情報機構の3社と、事業者に関する信用情報機関を扱う株式会社ジェイビックがあります。

三井住友銀行では全国銀行個人信用情報センター・株式会社シー・アイ・シー・株式会社日本信用情報機構の3つに加盟しています。信用情報に登録されているのは主に以下の情報となります。

  • 氏名、生年月日、性別、住所(本人への郵便付着の有無なども含む)、電話番号、勤務先などの本人情報
  • 借入金額、借入日、最終返済日などの契約内容および返済状況(延滞・代位弁済・強制回収手続・解約・完済など)
  • 信用情報機関を利用した日、および契約または申し込みの内容
  • 不渡情報
  • 官報情報(破産情報など)
  • 登録情報に関する苦情などの有無
  • 本人確認資料の紛失および盗難などの有無

これらの情報を指定信用機関に問い合わせることによって審査がおこなわれます。

その後直接勤務先へ在籍確認を取ることによって現時点できちんと在籍しており、安定した収入があるかどうかを調べます。

こうした信用機関の利用により、スピーディーな審査が可能となっています。

審査が通るのはどんな人?

審査に通るためには、記載した書類に虚偽がなく、定職についており、安定した収入が見込めると判断される必要があります

そのため、すでに会社を退職していたり、けがや病気で休職中だったりする場合は審査に通らない可能性もあります。

カードローンでは毎月決まった額を返済する必要があるため、まずは安定した収入が見込めることが大切です。

次に大切なのは過去カードローンやクレジットカードの利用、公共料金の支払いなどに滞納や未払いがないかどうかです。

どんなに収入が多い人でも、過去に延滞があったり、料金の未払いがあったりする場合は審査が不利になる可能性が高くなります。

毎月確実に返済してもらえるという信用のある人しか借りることができません。

また、申込金額が高額になるとその分審査も厳しくなることが予想されます。

無理のない返済計画を立てるためにも、自分の収入に応じた利用限度額で申し込みをすることが大切です。

三井住友銀行カードローンがおすすめなのはこんな人!

三井住友銀行カードローンは安い金利で借りることができるカードローンです。

そのため、なるべく安い金利でお金を借りたい、安心してお金を借りたいという人にはぴったりのカードローンです。

特に、すでに三井住友銀行に口座のある人はwebで申し込みがすべて完結するので非常に便利です。

きちんと返済能力があり、安い金利でお金を借りたい人、三井住友銀行に口座がある人に特におすすめです。

三井住友銀行カードローン

smbc-banner-20170430

おすすめ度5.0

審査時間
- 
融資時間
- 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年4.0%~14.5% 

三井住友銀行に申し込み

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧