キャッシングアカデミー

キャッシング利用時にかかる利息を金融機関・状況ごとに徹底比較

Cache_04

キャッシングに伴う利息は、利用する金融機関や借りる金額によって異なります。 借入先を決める際、利息の存在は大きなチェックポイントとなることでしょう。 どの金融機関だと利息が低いのか、そもそも利息はどのように決められるのかなど、具体的に解説していきます。

金融機関を利息で比較

まずは借入先を決めるため、いくつかの金融機関を利用限度額別に比較してみましょう。

どこで借りるといくら利息がかかるのか。具体例を紹介。

お金を借り入れできる金融機関には、銀行カードローンと消費者金融の主に2つがあります。

銀行カードローンの利息は利用限度額別に設定されているのですが、消費者金融はそうされていないことがほとんどです。

そこで、まずはいくつかの消費者金融の実質年利を見てましょう。

アイフル アコム プロミス モビット
実質年利 4.5%~18.0% 3.0%~18.0% 4.5%~17.8% 3.0%~18.0%

この利率の幅は、利用者の信用度によって決められます。

信用度は信用情報(金融機関を利用した際に残る金融履歴や返済能力に関わる個人情報のこと)と属性(年収・勤務先など)に基づいて測られるので、個人差が生じます。

次に、いくつかの銀行カードローンの利率を見てみましょう。

利用限度額 みずほ銀行カードローン(コンフォートプラン) 利用限度額 オリックス銀行カードローン
10万円以上100万円未満 14.0% 100万円未満 12.0%~18.0%
100万円以上200万円未満 12.0% 100万円以上150万円以下 6.0%~14.8%
200万円以上300万円未満 9.0% 150万円超300万円以下 5.0%~12.8%
300万円以上400万円未満 7.0% 300万円超500万円以下 4.5%~8.8%
400万円以上500万円未満 6.0% 500万円超700万円以下 3.5%~5.8%
500万円以上600万円未満 5.0% 700万円超800万円以下 1.7%~4.8%
600万円以上800万円未満 4.5%
800万円以上1000万円以下 4.0%

こちらの表と、先ほどの消費者金融の表を見比べますと、全体としては銀行カードローンの方が利息は低いということが見て取れるかと思います。

ただし、100万円未満の借入の場合、オリックス銀行とプロミスでしたら、プロミスのほうが利率は低くなる可能性があります。

30万円借りるといくら利息がかかるのかを比較

今度はより具体的に利息をシミュレーションしてみましょう。

30万円借りて12か月で返済する場合、銀行カードローンの三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)(年利=14.6%)ではこのようになります。

回数 返済額 元金 利息 残高
1 27,020 23,370 3,650 276,630
2 27,020 23,655 3,365 252,975
3 27,020 23,943 3,077 229,032
4 27,020 24,234 2,786 204,798
5 27,020 24,529 2,491 180,269
6 27,020 24,827 2,193 155,442
7 27,020 25,129 1,891 130,313
8 27,020 25,435 1,585 104,878
9 27,020 25,744 1,276 79,134
10 27,020 26,058 962 53,076
11 27,020 26,375 645 25,701
12 27,025 26,701 324 0
累計 324,245 300,000 24,245 0

 

同様の条件だと、消費者金融のプロミス(年利=17.8%)ではこのようになります。

回数 返済額 元金 利息 残高
1 27,020 23,370 3,650 276,630
2 27,020 23,655 3,365 252,975
3 27,020 23,943 3,077 229,032
4 27,020 24,234 2,786 204,798
5 27,020 24,529 2,491 180,269
6 27,020 24,827 2,193 155,442
7 27,020 25,129 1,891 130,313
8 27,020 25,435 1,585 104,878
9 27,020 25,744 1,276 79,134
10 27,020 26,058 962 53,076
11 27,020 26,375 645 25,701
12 27,025 26,701 324 0
累計 324,245 300,000 24,245 0

これだけ見ると、やはり金利の低い銀行カードローンの方が優れて見えます。

しかし、消費者金融の中には、無利息期間サービスというものを採用しているところがあります(詳細は後述3-1に記載)。

プロミスもこのキャンペーンを実施しており、初回利用時翌日から30日間は利息が課されないので、これを適用させた場合のシミュレーションをしてみましょう。

借入額は30万円、最初の1か月(無利息)で5万円を返済し終えて、残り25万円を11か月(年利=17.8%)で返済すると、このようになります。

回数 返済額 元金 利息 残高
1 50,000 50,000 0 250,000
2 24,799 21,091 3,708 228,909
3 24,799 21,404 3,395 207,505
4 24,799 21,722 3,077 185,783
5 24,799 22,044 2,755 163,739
6 24,799 22,371 2,428 141,368
7 24,799 22,703 2,096 118,665
8 24,799 23,039 1,760 95,626
9 24,799 23,381 1,418 72,245
10 24,799 23,728 1,071 48,517
11 24,799 24,080 719 24,437
12 24,799 24,437 362 0
累計 322,789 250,000 22,789 0

この場合ですと、銀行カードローンより累計返済額が安くなります。

無利息期間を利用することにより、消費者金融でも銀行カードローンより利息がオトクになることがあるのです。

返済額や返済期間によって、利用する金融機関・プランを決めると良いでしょう。

利息とはどのようなものか。いくらかかるのか。

借りたお金を返済する際、元金に加えて何%か返済額に上乗せされます。これが利息というものです。

この利息はどれくらいかかるのか、どうやって額を決められるのかを知っておけば、オトクな借り入れをすることができることでしょう。

利息が決まる仕組みとはどのようなものか。

利息が決まるポイントは2つあります。

  • 1つ目は利用者の信用度です。
  • 大見出し1でも触れたように、金融機関は融資審査の際に信用情報・属性を参考にします。

    もし安定した収入・勤務先で、今までの金融履歴にも問題がなければ、その人は低金利でお金を貸してもらえるでしょう。

    真逆に、収入が少なく、過去に利用した金融機関で延滞履歴があるなどの場合、返済能力が低いと見なされ金利が高くなるのです。

  • 2つ目は利用限度額です。
  • 利用限度額というのは、「貴方には最高でこの額まで貸し出しますよ」という金額のことをいいます。

    先に触れたように信用度・属性が高いほど返済能力が高いと判断されるので、利用限度額を高めに設定することが可能となり、そして利用限度額が大きいほど金利が低くなるのです。

    特に銀行カードローンでは利用限度額ごとに利率が定められています。

    大見出し1に掲載した表を見ていただくと、みずほ銀行カードローンやオリックス銀行でも、利用限度額が100万円未満のときと500万円のときでは、10%前後の違いがあります。

    つまり、利息が決まる仕組みは「返済能力が高い方ほど低金利でお金を借りられる」という原則に基づいているのです。

    金利が違うとどこまで差が出るのか。

    では低金利と高金利だとどれだけ支払額が変わるのでしょうか。

    まずは大見出し1の例を見直してみましょう。

    30万円を12か月で返済する際の、三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)とプロミスの比較です。

    金融機関名 利率 総返済額 利息分
    バンクイック 14.6% 324,245 24,245
    プロミス 17.8% 329,701 29,701

    このように、利率が3.2%違うだけで、完済までに5000円近く利息に差が生まれるのです。

    利息(金利)シミュレーションとはどのようなものか。

    大手金融機関の多くでは、HPに利息や合計返済額を計算してくれる返済シミュレーションページが設けてあります。

    借入額や利率、返済期間の数値を入力するだけですぐに計算してくれます。

    銀行カードローンなら三菱東京UFJ銀行カードローンや三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、オリックス銀行カードローンで、消費者金融ならアイフルやアコム、プロミス、モビットで、返済シミュレーションを行うことが可能です。

    疑問・お悩みを解決します。Q&A

    ここまでご覧いただき、利息が一体どういうものなのか知っていただけたかと思います。

    しかし、合計返済額を左右するものと知ると、疑問は他にも生まれることでしょう。

    一定にかかると思われる利息にも、思わぬポイント、落とし穴があるのです。

    利息は必ずかかるもの?かからない方法はないのか。

    残念ながら利息は原則必ずかかるものです。
    しかし、金融機関の中には無利息期間サービスを実施しているものもあるのです。

    無利息期間サービスとは、初めてその金融機関を利用する人は、一定期間(主に30日間)利息が課されないサービスのことをいいます。

    特に多いのが消費者金融で、例えばアイフルやアコム、プロミスはこの無利息期間サービスを行っています。

    無利息期間が適用されるのは①契約日翌日からの場合と、②初回利用時翌日(=最初にお金を借り入れした時の翌日)からの場合に分かれます。

    アイフル・アコムは①、プロミスは②に該当します。

    つまり「まだ借り入れる予定はないけれど、契約だけはしておこう」という方にはプロミスがオススメです。

    もし返済を延滞すると、利息はどうなる?

    仮に返済を延滞すると、遅延損害金というものが発生します。利息制限法により、遅延損害金の利率は20%までに制限されています。

    実際のところ、金融機関によって利率は異なり、通常の利息と変わらないところもあれば上限の20%に設定しているところもあります。

    いくつか例に出して確認してみましょう。

    金融機関名 消費者金融 銀行カードローン
    プロミス モビット バンクイック みずほ銀行カードローン
    遅延損害金利率 20.0% 20.0% 借入時と変更なし 19.9%

    延滞してしまっては、せっかく低金利で借り入れしていても、結局高い利息払わなければいけなくなってしまいます。

    そうならないためにも、余裕と責任を持った借入・返済プランを練るようにしましょう。

    利息は利用者及び状況によって変化します。
    とはいえ、前もってシミュレーションをし、一番オトクな金融機関を利用すれば、重すぎる負担とはならないでしょう。
    低利息な金融機関や無利息サービスがある金融機関でお金を借り、きちんとプランを建てて返済していくことをオススメします。

    希望条件でキャッシングを選ぶ

    キャッシングにおすすめの
    銀行・消費者金融一覧