キャッシングアカデミー

最終更新日:

銀行カードローン、消費者金融・クレジットカードのキャッシングを徹底比較

Cache_27

お金を借りる選択肢として、様々なカードローンやキャッシングがありますが、どれを選べばいいかとなると、使い慣れた人でも迷ってしまいますよね。
それぞれのメリット、デメリットについて、ご存知でしょうか。 細かく比較し、徹底的に検証していきましょう。

カードローンとクレジットカード、それぞれのキャッシングの特徴は?

クレジットカードを持っていても、キャッシング枠を使ったことがない人は多いのではないでしょうか。

いざ必要になった時に慌てず使えるよう、カードローンと比べてどんな特徴があるか、把握しておきましょう。

カードローンとクレジットカードの一番大きな違いは何なのか

カードローンはお金を借りることに特化していますが、クレジットカードのキャッシングは、ショッピング枠と並列に用意されたサービスです。

最大の違いは、その利便性と言えるでしょう

カードローンは借金のために契約する必要がありますが、クレジットカードは広く一般的に使われています。

突然お金が必要になった時でも、クレジットカードのキャッシング枠を使い、面倒な契約無しですぐにお金を借りることができます。

カードローンとクレジットカード、どちらか多く借りられているか

借り入れに特化したカードローンの方が、より高い限度額になっていることがほとんどです。

クレジットカードの限度額は、ショッピング枠とキャッシング枠の合計額を表していますので、クレジット機能を使うと思ったより借りられないこともあります。

例えば、限度額20万円のクレジットカードを持っているとしましょう。
この場合、ショッピングに15万円使ってしまうと、5万円までしかキャッシングできなくなってしまうのです。

カードローンとクレジットカードの比較早見表

様々な金融機関で、多くの借り入れプランが展開されています。

例えばアコムでは、カードローン付きクレジットカードの「ACマスターカード」がありますが、クレジットの限度額よりカードローンの限度額の方が高く設定されています。

その他の大手カードローンと合わせてご紹介いたしますので、ご覧ください。

プラン名 金利 最大限度額
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
年1.8%~14.6% 500万円
アコムACマスターカード
カードローン
年3.00%~18.00% 800万円
アコムACマスターカード 年10.00%~14.6% 300万円

カードローンとクレジットカードの借り入れ方法・返済方法の特徴は?

「手軽で便利」であることがカードローンの最大の特徴の一つですが、クレジットカードのキャッシングの場合はどうなのでしょうか。
借り入れ方法、返済方法についてまとめました。

カードローンとクレジットカードのキャッシング機能、それぞれの借り入れ方法とは

カードローンとクレジットカードのキャッシング機能、2つの借り入れ方法はほとんど違いはありません。

簡単にその手順をご紹介しましょう。

  • ①提携しているATMでローンカード、クレジットカードなどを入れる。
  • ②画面の指示に従い「お借入」「ご融資」などのボタンを押す。
  • ③お金を受け取る。

気軽に現金を借りられるのが、カードローンやキャッシング機能の特徴です。
是非、計画的に利用しましょう。

カードローンとクレジットカードのキャッシング機能、それぞれの返済方法とは

借入方法と同様、返済手続きに関しても、ほとんど違いがありません。

各金融機関ごとに決められた返済期日に従い、以下のような方法で返済ができます。

  • 口座振替
  • ATMでの振込
  • 店頭窓口
  • ネットバンキング

ただしカードローンは分割払いが一般的であるのに対し、クレジットカードのキャッシングは一括払いが基本です。

最近は分割払いに対応しているキャッシングも多く、例えば前述のアコムACマスターカードは、分割のリボルビング払いをすることもできます。

カードローンとクレジットカード、どちらでキャッシングすべきか

ここまでの記事を読んでくださった方は、「結局どちらでキャッシングすると良いのだろう?」と気になっていらっしゃるのではないでしょうか。

それぞれの違いを具体的に比較しつつ、検証していきましょう。

金利にどのくらい違いがあるのか

一般的に、カードローンの方が金利は低く設定されています

金利は限度額に反比例して下がっていきますので、最大限度額の大きいカードローンの方が金利が低くなるのは当然ですよね。

どのくらいの違いがあるか、三菱東京UFJ銀行のバンクイックを例に見てみましょう。

プラン名 金利 最大限度額
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
年1.8%~14.6% 500万円
アコムACマスターカード
カードローン
年3.00%~18.00% 800万円
アコムACマスターカード 年10.00%~14.6% 300万円

それぞれのメリット・デメリット

カードローンにもクレジットカードのキャッシングにも、メリットとデメリットは当然それぞれ存在します。
ここでは簡単に、いくつかの例を挙げてみましょう。

メリット デメリット
カードローン ・最大限度額が高く、金利が低い傾向がある
・分割払いが基本で返済計画を立てやすい
・契約するまでの敷居が高い
・お金を借りる以外の利点・得点がない
クレジットカード ・ポイントシステムや保険など、カードの付帯サービスが多い
・クレジットカードは持っている人が多く、キャッシングの敷居が低い
・ショッピング枠を使うとキャッシング枠も減る
・最大限度額が低く、金利が高めの傾向がある

状況別 キャッシングとクレジットカードのどちらがおすすめ?

それぞれ独自の強みについて、ご理解いただけたことでしょう。
いくつか状況別のお勧め例を、ピックアップしました。

◎散財しすぎてしまい、給料日までお金が持たない
 ⇒ 短期間だけ借り入れしたいなら、クレジットカードのキャッシングがお勧め。
クレジットカードのキャッシングは一括返済が基本なので、利息の支払い総額を減らしやすく、短期間の借り入れに向いています。

◎新しい車やバイクがどうしても欲しい
 ⇒ 高額の融資を受けたいなら、カードローンがお勧め。
カードローンのプランは基本的に最大限度額が高いものが多く、例え審査で希望額の申請が通らずとも、高額の融資を受けやすいでしょう。

◎急な入院でお金が必要! しかしカードローンもクレジットカードも未契約
 ⇒ 急いで資金が必要なら、カードローンがお勧め。
クレジットカードより、カードローンの方が審査が早い傾向があります。

◎せっかく契約するのだから、色々な場面で使いたい
 ⇒ 多彩な特典を希望するなら、クレジットカードのキャッシングがお勧め。
お金を借りる以外にも特典が欲しい場合は、クレジットカードに申し込みましょう。

保険などの付帯サービスがあり、ショッピング枠も使えるのは嬉しいですよね。

クレジットカードを持っていなければキャッシング枠での借り入れはできないのか

通常、キャッシング枠を利用するには、クレジットカードを持っていなければなりません。

ですがアコムのACマスターカードは、ローンカードでありながらキャッシング枠が使えるので、非常にお得に使えます。

銀行カードローンと消費者金融キャッシングの特徴とは

クレジットカードのキャッシングについて検証しましたが、では、銀行カードローンと消費者金融キャッシングについてはどうでしょうか。
それぞれの特徴について、項目別にご紹介します。

銀行カードローンと消費者金融キャッシングの違い・特徴とは?

銀行カードローンは審査が厳しいのでは、そう考えている方は多いと思います。
果たしてそれは本当なのでしょうか。

ここでは二つの特徴について押さえておきましょう

  • 銀行カードローン
  •  最大限度額が高く、金利が低め。
     契約時の審査が厳しめ。
     銀行口座に長く貯金を入れていると、ある程度審査に有利になる。

  • 消費者金融キャッシング
  •  最大限度額が低く、金利が高め。
     契約時の審査が優しめ。
     無利息期間を設けているプランが多い。

いくつか例として、大手金融機関のプランをご紹介していきます。

プラン名 金利 最大限度額
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
年1.8%~14.6% 500万円
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 800万円
プロミス 年4.5%~17.8% 500万円

消費者金融よりも銀行の方が安心なのか

消費者金融に対して不安なイメージを持ってはいませんか?

そういったイメージの多くは、漫画やドラマなどからきたものだと思いますが、あれはあくまでフィクションであり、闇金と呼ばれる違法業者です。

消費者金融はクリーンな業者ですので、銀行と同じく、安心して利用することができます

カードローンとキャッシングを詳しく比較

銀行カードローンと消費者金融やクレジットカードのキャッシング、それぞれの特徴を解説してきました。

そこで、お得に使うにはどちらが相応しいか、具体的なメリット、デメリットにはどんなものがあるのか、まとめていきましょう。

金利が低いカードローンの方が得なのか

銀行カードローンの方が金利が低くお得、それは基本的には間違いありません。

しかし、以下のようにクレジットカードや消費者金融のキャッシングの方が、よりお得に使えるケースもあります。
状況に応じて使い分けると良いでしょう。

・ごく短期間で返済できる見込みがある
消費者金融キャッシングの中には、無利息期間を設けているプランもあります。

その期間内に返済できれば、利息は完全にゼロになるので、銀行カードローンより消費者金融を利用した方がお得になるケースもあります。

・既にキャッシング枠のあるクレジットカードを持っている
カードローンがどんなに早い審査、融資を掲げていても、多少の時間はかかります。

審査の手間や時間を惜しむなら、既に持っているクレジットカードのキャッシングを利用した方が楽に使うことができるでしょう。

それぞれのメリット・デメリットとは

ここまでいくつかの章でご紹介してきましたが、改めてそれぞれのメリット・デメリットを比較してみます。

・銀行カードローン

  • メリット
  • ・最大限度額が高く、金利が低い傾向がある
    ・分割払いが基本で、返済計画を立てやすい
    ・銀行口座に預金があれば、審査に多少有利になる

  • デメリット
  • ・無利息期間を設けている銀行カードローンは余りない
    ・審査が厳しめ
    ・お金を借りる以外の特典はない

・消費者金融やクレジットカードのキャッシング

  • メリット
  • ・消費者金融では無利息期間を設けているところが多い
    ・審査がやさしめ
    ・クレジットカードはポイントや保険など、付帯サービスが多く、敷居も低い

  • デメリット
  • ・ショッピング枠を使うとキャッシング枠も減る
    ・最大限度額が低く、金利が高めの傾向がある
    ・クレジットカードの審査は時間がかかる

金利・限度額・便利度などを比較すると?

銀行カードローン、消費者金融キャッシング、クレジットカードのキャッシングのそれぞれの項目を、わかりやすく一つの表にまとめました。

種類 金利 最大限度額 審査速度 その他の特典
銀行カードローン
※無利息期間も余りない
消費者金融
キャッシング

※無利息期間がある
クレジットカードのキャッシング
※ポイント、保険、ショッピング枠など

一口に「お金を借りる」と言っても、様々な方法がありますよね。
どれが優れている、劣っているということはありません。

どの方法にもそれぞれの強みがあるので、必要に応じて使い分けると、とってもお得に利用することができますよ。

希望条件でキャッシングを選ぶ

キャッシングにおすすめの
銀行・消費者金融一覧