キャッシングアカデミー

最終更新日:

在籍確認なしでお金を借りたい!おすすめの消費者金融2つを比較

Cache_05_p0118

金融機関でお金を借りる際には、個人情報漏えいがないように、細心の注意が払われます。そのため、自分が借り入れを行ったことを周囲に知られることは、基本的にはありません。しかし、在籍確認のために勤務先に電話をされるときには、職場の方にバレてしまいそうで少し怖いですよね。今回は、在籍確認とはどのようなものか、在籍確認なしでお金を借りることができるのかどうかを解説していきます。

そもそも在籍確認とは?在籍確認の有無をチェック

在籍確認とは、カードローン・キャッシングの申し込み者に返済能力があるのか、勤務先について嘘の申告をしていないかを確かめるために、勤務先に電話をかけて在籍の有無を確認するものです。

まずは在籍確認の特徴について、学んでいきましょう。

お金を借りるときには必須か

在籍確認は、申し込み者に返済能力があるかを判断する重要な審査項目ですので、お金を借りる際には必ず行われます。本人が在籍確認の際に職場にいなくても、代わりに電話に出た方から在籍していることが確認できれば良いので、「○○は席を外しております。」などと対応されれば問題ありません。

在籍確認は、本当に勤務しているかを確認するためだけに行うため、確認が取れればその後かかってくることはありません。本人が電話に出た際も「この電話で在籍が確認できましたので、審査を進めさせていただきます」などとあっさり終わります。

プライバシーを守りたい場合はなにをすればよいのか

プライバシーを守るため、「△△(消費者金融名)ですが」などと会社名で電話をかけることはなく、「□□(個人名)ですが、○○さんはいらっしゃいますか?」というかけ方をします。

周囲にばれないように配慮はされていますが、個人名でかけてくる=消費者金融の借り入れだと知っている勘の鋭い方は、もしかしたら気づいてしまうかもしれません。

また、銀行の場合は「○○銀行ですが」と名乗るのを基本としていることが多いため、銀行名で電話がかかってくるのを避けたい場合は、個人名でかけてくれるように事前に相談する必要があります。

在籍確認はいつ行われるのか

在籍確認は、借り入れの申し込み後、審査の一環として行われます。そのため、この在籍確認が完了しなければ審査は終わらず、お金を借りることができません。

気を付けなければならないのは、即日融資が可能な金融機関に申し込んだ場合でも在籍確認は行われるということです。

そのため、就業時間後の、職場に誰もいないような時間に申し込みを行った場合、在籍確認ができずに審査の結果が翌日以降に持ち越されます。なるべく早くお金を借りたいという方は、就業時間内に在籍確認が行われるよう、早めに申し込みを済ませておきましょう。

自動契約機で申し込んでも在籍確認はあるのか

近年では、自分の都合が良いときに借り入れ契約を行うことができる自動契約機が日本全国に普及しています。自動契約機の多くは土日祝日も営業しており、即日融資が可能ですが、ここでもやはり在籍確認は行われます。

さらに、自動契約機で申し込みを行うと、審査完了まで契約機のボックスから出られないので、自分が職場にいないときに在籍確認の電話がかかってくることは基本的に避けられません。

クレジットカードのキャッシング枠で借り入れた場合も在籍確認はあるのか

クレジットカードを発行する際の在籍確認は消費者金融・銀行のカードローンと違い、必ず電話されるとは決まっていません。それぞれのカード会社・審査状況によってバラバラです。

つまり、現在手元にキャッシング枠が付いているクレジットカードを持っている場合に、キャッシング機能を使ったからといって在籍確認の電話がくる、ということはほぼありえません。あくまで申し込み時点で行われるのが在籍確認だからです。

どんな勤務先にも在籍確認はくるのか

正職員だけではなく、派遣社員やアルバイトの方の職場にも在籍確認はあるのでしょうか。また、カードローン利用中に勤務先が変わった場合は、再び在籍確認をするのでしょうか。

派遣・アルバイトの在籍確認はどうなっているのか

派遣やアルバイトなどのいわゆる非正規職員でも、在籍確認は例外なく行われます。派遣先やアルバイト先に普段は電話がかかってこない勤務先の場合、周りに不審がられるかもしれませんが、申し込み時の在籍確認電話は基本的に避けて通ることができませんので、まずはかかってくるものだと割り切りましょう。

勤務先変更の手続きをしたら、新しい勤務先にも在籍確認があるのか

借り入れ金額が多く、返済が長期間に渡る場合は、返済期間中に転職などで勤務先が変わることがあるかもしれません。そういう場合、新しい勤務先にも在籍確認の電話があるのでしょうか。

申し込み時の申請内容から変更があった場合には報告するのが義務ですから、手続きを怠らないようにしましょう。金融機関によりますが、勤務先変更の手続きをしても、ほとんどの場合は再度の在籍確認は行われません。

ただし、借り入れ限度額を増枠したい場合に、勤務先が最初と変わっていれば、新しい勤務先に電話される可能性があります。

勤務先への在籍確認の電話は避けられないのか?

繰り返しになりますが、在籍確認は基本的に勤務先に電話をするという方法で行われます。普段は勤務先に電話がかかってこないという方にとっては、借り入れをすることが職場に知られてしまうのではないかと不安になりますよね。そこで勤務先への電話は、絶対に避けられないのかを解説していきます。

電話以外の方法で在籍確認してもらうことは可能か

職場への電話は絶対に避けられないのかというと、実はそうでもありません。消費者金融機関のカードローンでは、職場への電話の代わりに、書類を提出することで在籍確認ができる場合があります。

そこで先ほどから、在籍確認のために「基本的には」電話がある、という言い方をしてきました。

ただし、消費者金融に申し込めば絶対に電話での在籍確認がなくなるというわけではありません。書類での在籍確認は、「勤務先に個人名で電話がくると、個人情報保護の観点から取り次いでもらえない」、「工場勤務のため、誰も電話にでることができない」、「普段は外部から電話がこない職場なので、どうしても避けたい」など、特殊な事情があるときにお願いできる例外的なものだと考えておきましょう。

書類提出で代用できるのか

在籍確認を電話ではなく、書類の提出で行ってくれるかどうかは、借り入れを申し込んだ金融機関に電話をして、担当者に直接相談をする必要があります。

その際、消費者金融は審査にかかる日数が少ないことをウリにしていることが多いため、申し込み後すぐに電話をしないと、すでに在籍確認に進んでしまっていることがあります。

そこで、在籍確認の電話を避けるお願いをするには、電話での申し込みをして事情を話すか、ネットでの申し込みのあとすぐに電話連絡をすると良いでしょう。

では、電話での在籍確認を書類で代用する場合、どのような書類を用意すればよいのでしょうか。当然ですが、勤務していることを確認できるものでなければいけませんので、勤務先と本人名が記載されている書類が必要です。

【在籍確認に必要な書類一覧】

  • 顔写真入りの社員証のコピー
  • 収入証明書
  • 給与明細書
  • 雇用契約書

特に、顔写真入りの社員証と、直近1ヶ月の給与明細書などの提出を求められるケースが多いです。派遣で働いているため、社員証を持っていないなどの事情がある場合でも、状況に合わせた最適な提案を担当者にしてもらえるので、まずは相談をしてみましょう。

電話連絡なしにできる可能性のある消費者金融まとめ

以下では、電話連絡なしにできる可能性のある消費者金融を紹介します。

  • モビット:「web完結申し込み」で、電話連絡なしにする
  • 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っていて、返済に利用すること
  • 本人確認書類として、運転免許証かパスポートの写しを提出すること
  • 収入を証明する書類として、源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、直近2ヶ月分の給与明細書の写しのいずれかを提出すること
  • 勤務先を確認する書類として、健康保険証と直近1ヶ月分の給与明細書の写しを提出すること
  • プロミス・アイフル:個別に審査し、場合によっては認める
  • それぞれの審査状況によって社会保険証・社員証・源泉徴収票などの書類の提出に代えられる可能性あり(電話問い合わせにて確認)

この3社の中でも「モビットのWEB完結」だけが「電話連絡なし(書類で代用可)」と明示しています。どうしても勤務先への電話を避けたい場合には、まずモビットへの申し込みを考えると良いですね。

ただし「審査の際に確認が必要な場合は、お電話させていただくことがあります」とされており、モビットでも例外はあることには注意しておきましょう。

金融機関が確実に返済できる方にのみ融資をしたいのは当然ですので、「在籍確認」自体は避けられません。しかし、事情を話せば電話ではなく書類の提出に代えられることもあるということをお伝えしてきました。具体的には、モビットにまずは的を絞りつつ、プロミス・アイフルへの申し込みも視野に入れておくことで、在籍確認電話を避けられる可能性が最も高まりますね。

希望条件でキャッシングを選ぶ

キャッシングにおすすめの
銀行・消費者金融一覧