キャッシングアカデミー

最終更新日:

キャッシング申し込みに必要なものって?金融機関で必要書類は異なる

Cache_06

お金が必要になったときにキャッシングはとてもありがたいものです。 しかし、キャッシングへ申し込むときにどんなものが必要か、分かりにくいですよね。 今回は、申し込み時に必要なものについて詳しく解説します。 これで困ることなく申し込みができるでしょう。

キャッシングの申し込みに必要なもの

どのキャッシング申し込み方法でも必要なものは同じなのか

金融機関によってさまざまな申し込み方法があり、例えば来店して申し込みをしたり、WEBや電話や郵送による申し込みが可能なところもあります。
申し込み方法はさまざまですが、必要な書類は申し込み方法によって変わることはなく、同じです。

本人確認書類・収入証明書として使える書類

各金融機関により、本人確認書類や収入証明書として使用できる書類は細かく異なります。
また、必要な書類の種類によっては提出しなければならない数が異なるケースもありますので、それらをキチンと把握した上で書類を用意する必要があります。

本人確認資料の場合は「運転免許証」、収入証明書の場合は「源泉徴収票」があればどの金融機関でも問題ありませんが、それらを持っていない場合には注意してください。

主なキャッシング、カードローンで使用できる本人確認書類を以下にまとめたものが以下の表になります。

各金融機関で使える本人確認書類まとめ


金融機関 本人確認書類
プロミス ・運転免許証
・パスポート
・健康保険証+1点(住民票等)
(外国籍の方)
・上記に加えて
在留カード or 特別永住者証明書
アイフル ・運転免許証
・運転経歴証明書
・パスポート
・公的証明書類
(氏名・住所・生年月日・顔写真あり)
・特別永住者証明書
・在留カード
・個人番号カード
・住民基本台帳カード
アコム ・運転免許証
・マイナンバーカード
(顔写真の無い本人確認資料の場合、
併せて以下のうちどれかが必要)
・住民票
・公共料金の領収書
・納税証明書
モビット ・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
三菱東京UFJ銀行
カードローン
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・マイナンバーカード
みずほ銀行
カードローン
・運転免許証
・運転経歴証明書
・パスポート
・健康保険証
・印鑑証明書
・住民票
・住民基本台帳カード
・在留カード
・特別永住者証明書
三井住友銀行
カードローン
・マイナンバーカード
・パスポート
・住民基本台帳カード

以上のように、顔写真の入っていない本人確認書類の場合、追加の書類が必要になることがありますので、特に注意してください

次に、収入証明書として使用可能な書類をまとめた表が以下のものになります。

各金融機関で使える収入証明書まとめ


・確定申告書

–>

金融機関 収入証明書
プロミス ・源泉徴収票
・確定申告書
・給与明細書
(2ヵ月分+1年分の賞与明細書)
アイフル ・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・給与明細書(2ヵ月分)
・確定申告書
・所得証明書
・納税通知書
・青色申告決算書
・収支内訳書
・支払調書
・年金証書、年金通知書
アコム ・源泉徴収票
・給与明細書
(住民税の記載がない場合は2ヵ月分の
用意が必要。
併せて、1年分の賞与明細書も必要)
・市民税
・県民税額決定通知書
・所得証明書
モビット ・源泉徴収票
・税額通知書
・所得証明書
・確定申告書
・給与明細書
(2ヵ月分+1年分の賞与明細書)
三菱東京UFJ銀行
カードローン
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・納税証明書
・確定申告書
みずほ銀行
カードローン
・源泉徴収票
・住民税決定通知書または課税証明書
・納税証明書
三井住友銀行
カードローン
・年収を確認できる資料

この表からもわかる通り、比較的アイフルではいろんな書類で代用することができるので書類を集めやすく便利です。

アイフル

aiful-banner

おすすめ度5.0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~18.0% 

※はじめての方に限り、最大30日間無利息。

アイフルに申し込み

キャッシングの各種申し込みで必要書類は異なるのか

キャッシングに関わる申し込みには、新規の申し込み以外にもキャッシング枠の増額やカード再発行などがあります。
それでは、それらの新規申し込み以外の申し込みの場合、必要書類に違いはあるでしょうか。

カード再発行の場合

まず、カード再発行の場合には「本人確認資料」は必要になりますが、「収入証明書」は提出する必要はありません

キャッシング枠増額申し込みの必要なもの

まず、金融機関によってキャッシング枠の増額申し込みを受け付けているところと、そうでないところがありますので、念頭においてください。
キャッシング枠の増額申し込みを受け付けていない金融機関の場合は、基本的に金融機関側から増額の誘いが来るのを待つ必要があります。

キャッシング枠の増額申し込みを受け付けている金融機関の場合、増額時にも新規申し込みの時と同じように審査が行われますので、新規申し込みと同様に資料を準備しましょう。

しかし、キャッシング枠の増額申し込み時に気を付けてほしいのは「収入証明書」です。
「収入証明書」は基本的に借入額が50万を超える場合に提出する必要があります

新規申し込み時に50万を超えていないと「収入証明書」の提出は必要ありませんが、増額により50万円を超えることで提出が必要になるケースがありますので、その点に注意してください。

収入証明書は絶対に必要なのか

先にも少し触れたとおり、収入証明書は基本的に借入限度額が50万円を超える場合に金融機関に提出する必要があるものです。

ですので、収入が低い方や、自営業で収入が安定していない方など、収入証明書を提出することに不安がある方は、借入額限度額が50万円を超えないようにすることで収入証明書を提出する必要がなくなりますので、覚えておくと便利でしょう。

ただしこれは「絶対」というわけではなく、50万以下の限度額でも収入証明書の提出を求められる可能性はゼロではありませんので、あくまで基本・基準として考えておくと良いでしょう。

必要書類についての疑問を解決

本人確認書類の住所と現住所が違う際の対処法

本人確認資料の住所と現住所が違う場合、現住所が記載されている書類を合わせて提出する必要があります。

現住所の確認として提出可能な書類としては、公共料金の領収書などです。

公共料金とはつまり電気、ガス、水道、固定電話、NHKなどの料金ですね。

運転免許の住所欄の書き換えなどを行う時間が無い場合は、公共料金の領収書などをあわせて提出することでも申し込みができることを覚えておきましょう。

審査に通りやすい書類はあるのか

各金融機関の審査に関する情報はほとんど公開されていないため、あくまでも「理論的に考えるとそうなるはずだ」という推測しかできませんが、審査において重要視される書類は存在すると考えられます。
「本人確認資料」においては運転免許証、「収入証明書」においては源泉徴収票です。
それは、運転免許証と源泉徴収票がどの金融機関においても提出書類の代表として取り扱われているということからも分かるでしょう。

なぜそれらの書類が重要かというと、運転免許証は「最も本人確認がしやすい資料である(偽装の可能性が少ない)」であり、源泉徴収票は「税務署から発行される正式な書類である」ためです。

つまり、運転免許証は顔写真付きの証明書であることに加え、公的な認識番号が付与されていて変わることがないため、信頼性が非常に高く、個人を特定するのに信頼性が高い資料だと見なされているのです。

また、源泉徴収票も税務署から発行されている公的な書類であるため、会社など一つの組織が発行している給与明細書などよりも、信頼性が高いと見なされているのです。

必要書類が提出できない場合はどうなるのか

では、各金融機関が提出可能な書類にあげている書類を用意できない場合、どうすれば良いでしょうか。
1つの方法としては、問い合わせを行い、手持ちの書類でも申し込みができないか確認することです。
場合によっては複数の書類をあわせて提出することなどで、申し込みが認められることがあるかもしれません。

また、別の方法としては、自分の持っている書類にて申し込みが可能な金融機関を選択することです。

先に表に示した通り金融機関によって提出可能な書類は異なりますので、先の表を参考に申し込み可能な金融機関を探しても良いでしょう。

「収入証明書」の場合は、基本的に借入額が50万円を超えない場合には提出する必要はありませんので、借入希望額を抑えることで、先に触れたように書類の提出自体をなしとすることも基本的には可能です。

書類を出さないで済むケースはあるのか

新規申し込みの場合は、大手の金融機関では「本人確認資料」や、借入額によっては「収入証明書」の提出が必ず必要になります。
お金を貸す側から見れば、申し込み者がキチンとお金を返してくれるかを審査するために、審査の材料となる書類が必要なのは当然のことです。

しかし、中には「提出書類不要!」「審査不要!」などとうたっている金融機関があります。
そのような金融機関はいわゆるヤミ金の可能性が非常に高いので、利用しないようにしましょう。

マイナンバーを提出しなければならないのか

マイナンバー制度の開始に伴い、金融機関の一部ではマイナンバーカードを本人確認資料の一つとして認めています。
しかし、どの金融機関もマイナンバーの提出が必須だというところはありません

マイナンバーの取り扱いは金融機関にとっても慎重に行う必要があるものです。例えばプロミスでは現時点(2017年8月)ではマイナンバーカードを提出資料として扱うようになりました。個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などを提出する際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、提出するように要求しているほどです。
もし金融機関への申し込み時にマイナンバーやそれに関するパスワードなどの聞き取りを行ってきた場合、その金融機関はマイナンバーの悪用を考えているヤミ金である危険性が高いので、絶対に教えないようにしましょう

プロミスの公式サイトへ

書類以外で必要なものは?

必要な書類をそろえたとして、キャッシングの申し込みに必要なものは他にあるでしょうか。
カードローンの申し込み時には、基本的にこれまでに挙げた書類以外に必要なものはありません
必要な書類を集めたら、すぐに申し込みをして大丈夫です。

その中でも三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは比較的金利が低く、アルバイトやパートも利用可能なためおすすめです。
長期的な返済が必要な場合でも、金利が低ければ支払う利息が少なく済み、総返済額を少なく抑えることができます

三菱東京UFJ銀行カードローン

mufg-banner-20170430

おすすめ度5.0

審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※商品名は「バンクイック」です。

三菱東京UFJ銀行に申込

キャッシング申し込み時に必要な書類についてお分かりいただけたでしょうか。
キャッシングは必要な書類さえ揃っていれば、他に印鑑なども必要なしに契約できるのでとても便利な味方です。
必要書類に関しても、「本人確認資料」は運転免許証が、「収入証明書」は源泉徴収票さえあればどの金融機関でも問題なく申し込みができます。
必要な書類が手元にある方・集められる方は、すぐにでもキャッシングに申し込むことができますので、これを機会に検討してみてはいかがでしょうか。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧