キャッシングアカデミー

「お金を借りたい理由」のNGワードには気をつけよう

68752154

カードローンでお金を借りたいのであれば、審査のときには正直に答えることが賢明です。そうでなければ、お金を借りることは難しいでしょう。 審査の項目は実によくできていて、嘘をつくと簡単にバレてしまいます。 そこで今回は、比較的に審査に通りやすい借入理由や、絶対に認められない借入理由について説明をします。

カードローンでお金を借りたい理由として無難なもの

カードローンに申し込む際には借入の理由を「借入目的」として申込書に記入しなければなりません。その場合、どのような理由であれば審査は通りやすいのでしょうか。

カードローンは資金使途自由のフリーローン

カードローンは、借入の目的が定まっているマイカーローンや教育ローンと違って、資金使途自由のフリーローンです。

とはいえ、カードローンを貸し出す事業者の立場としては、お金がどのような目的に使われるのかを確認しなければ貸せません。

なぜなら、過度な遊興費やギャンブルの元金、ほかのローン返済のための返済資金などが目的の場合は、期限までにしっかりお金を返済してもらえるかが疑われるからです。遊興費やギャンブルだと、借入がさらに膨らんで返済が不能に陥る可能性もあるわけです。

事業者は借入の目的を確認すると同時に、返済の意思も確認しています。その判断材料としても「借入目的」はたいへん重要です。

お金を借りたい理由としては、まとまった金額が必要となる費目を書くと無難

まとまった資金が必要な出費として、主なものには、

  • 家具購入費用
  • 家電購入費用
  • 海外旅行費用
  • 結婚費用
  • 葬儀費用
  • 入院費用・医療費

などがあります。これらを借入の目的とした場合は、費目としては問題視されないと思われます。

なぜなら、一般的には数十万円程度の高額のイメージがあり、滅多にそのようなことはないものの、事業者が借入の目的を確認するために、領収書などの提出を求めることも可能だからです。

何に使う予定か、実際にいつ、いくら使ったかの履歴を残しておくことは、カードローンの審査のためだけでなく、事業者に対してしっかりと信用情報を残しておく意味でも大切です。もし、借入の目的や金額が申込者の生活実態にそぐわない場合は、審査に影響するので気をつけましょう。

申込書には常に正しい情報を記入しよう

申込書の記載で、借入の目的や金額に加えてぜひ注意してほしいのがほかの金融機関からの借入の有無についてです。事業者は申込者がすでに借りているローンの残高を見て、総合的に借入が可能な金額を判断するので、正確に記載する必要があります。もし「ほかの金融機関からの借入の有無」を意図的に「なし」と回答しても、事業者が信用情報機関に照会すれば、すぐにわかってしまいます。

申込書の記載内容と信用情報機関の利用履歴が異なると、審査上は大きなマイナスとなってしまいます。そのため、申込書には必ず正しい情報を記入しましょう。

借入の理由で避けるべきNGワード

カードローンの借入目的を記入する際、気を付けるべき点とNGワードはどのようなものでしょうか。

借入目的と、借入金額や生活水準に矛盾があってはいけない

カードローンの申込の審査においては、原則として「借入目的」で100%判断されるわけではありません。しかし、年齢や勤務先、年収、家族構成などの個人情報から類推される生活実態に対して「借入目的」が矛盾している、あるいは不自然であれば、目的について再度確認を受けるなど、審査に時間がかかる場合や、借入額の上限を低く抑えられる可能性もあります。

例えば、

  • 元気で働いているのに、高額の医療費用が必要になった
  • 収入が少なく、独り住まいなのに、高額の家具購入費用やリフォーム費用を目的として借りようとした
  • 結婚費用や葬儀費用で、一般的とされる金額以上を借りようとした

などの場合は、事業者は再度確認を行う可能性があります。

また、「借入目的」の確認にあたっては、やむを得ない事情で借りるのかどうかも判断されます。
例えば、

  • 家族のけがや病気による入院費用
  • 遠距離に住む親族が急病で看病しなくてはならないときの帰省費用

などは、「借入目的」として妥当であると判断される可能性が高いでしょう。

ギャンブルや借入金の返済、他人に貸すためなどの理由は要注意!

「借入目的」は正直に記入しなければいけません。しかし、絶対に書いてはいけないNGワードもあります。

先に触れたように、

  • ギャンブル費用
  • 借入金返済費用

と書いてしまうと審査に通りません。銀行から見ると、どちらも返済計画を立てにくく、借入額が膨らむ可能性があるからです。

「友人や家族にお金を貸すため」といった理由もNGです。借りたお金を他人に貸すという行為は、事業者から見るとお金の又貸しに当たるためです。又貸しをすることは、銀行では禁じられています。

  • 飲食費用
  • 交際費用

も避けましょう。使い方によっては金額が大きくなり、頻度も増えるという理由からです。

カードローンの利用は最小限の金額を、やむを得ない場合のみ

カードローンは、必要なときにすぐにお金を借りられる便利な金融サービスではあるものの、使い方を間違えると借入過多で返済がつらくなる、借入が膨らんで返済そのものができなくなるという恐れがあります。

そのため、カードローンは「最小限の金額」を「やむを得ない場合にのみ」利用するように心がけたいものです。そうした使い方であれば、「借入目的」として審査上は問題にならないと考えられるでしょう。

カードローンの中では、月々の最低返済額が2000円(200万円までの借入の場合)と低水準であり、返済過多・返済不能となる心配の少ない三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)は特におすすめです。

カードローン名 審査時間 金利 最低返済額 詳細
バンクイック 最短30分 年1.8%~14.6% 2,000円 詳細
みずほ銀行 最短即日 年3.0%~14.0% 10,000円 詳細
オリックス銀行 最短即日 年1.7%~17.8% 7,000円 詳細

またバンクイックは、審査時間が最短で30分、即日融資も可能である点も特徴です。

三菱東京UFJ銀行カードローン

mufg-banner-20170430

おすすめ度5.0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※商品名は「バンクイック」です。

三菱東京UFJ銀行に申込

希望条件でキャッシングを選ぶ

今日中にキャッシングできる
銀行・消費者金融一覧