キャッシングアカデミー

カードローンでお金を借りたい!でも、審査の仕組みが気になる

Cache_36_P0145

お金を借りたいと思ったとき、「どのようなことを聞かれるのだろう?」と不安に思う人もいるでしょう。 銀行系でも消費者金融系でも、カードローンの審査の項目はほとんど同じ。なかでも重視される3つのポイントをクリアすれば、審査に通る確率はぐっと上がります。 そこで今回は、その3つのポイントと審査に通りやすくなるコツについて説明します。

消費者金融系と銀行系カードローンの審査基準の違い

審査のポイントは「一定の収入」「勤務先」「事故歴」の3つ

カードローンの申し込みにあたっては、必ず事業者の審査を経なければなりません。なぜなら、事業者にとっては貸したお金をきちんと返済してもらえるかを、個人の信用状況をもとに判断しなければならないからです。このことは、消費者金融系でも銀行系でも同様です。

消費者金融系、銀行系のどちらに申し込む場合でも、審査のポイントは

・一定の収入があるか 
・勤務先に勤めているか
・事故歴がないか

の3点が基本です。

「一定の収入」とは、継続的な収入を意味します。継続的な収入には給料のほか、不動産の賃料収入や駐車場の収入なども含まれます。継続的な収入が多いほど返済余力があると判断され、借入額の上限は高くなります。継続的な収入が少なくても、ほかの審査項目で問題がなければ借入ができるものの、借入額の上限は制約されてしまいます。

勤務先や勤続年数も審査の対象とされ、公務員や上場企業の社員など、勤務先が安定している人ほど審査に有利に働きます。中小企業の社員やパート・アルバイトであっても、同じ勤務先に長く務めているなど、勤務実績が安定していれば、その点も審査に有利に働きます。

「勤務」の形態は正社員に限りません。派遣社員や契約社員、パートやアルバイトの人であっても勤務とみなされます。「勤務」は「一定の収入」の裏付けとなり、返済が延滞しないかどうかの重要な手がかりとなります。

審査において最も重要なポイントは「事故歴」です。ローンやキャッシングの返済を延滞すると、その事故歴が信用情報機関に登録されてしまいます。通常は事故情報があると、大手の消費者金融や銀行ではお金を借りることはできません。延滞のほか、1ヵ月に3社以上などのように、短い期間で複数の事業者に新規の申し込みを行っていると、その事実も信用情報機関に登録され、審査上は不利に働きます。

申込時には、以下に挙げる項目なども聞かれます。

【申し込みの審査で聞かれる項目】

・氏名
・住所
・性別
・年齢(生年月日)
・勤務先
・勤続年数
・年収
・未婚か既婚か
・同居家族の有無
・住居形態(賃貸か持家か)
・居住年数・資産の状況

住居は賃貸よりも持ち家のほうが、居住年数は短いよりも長いほうが、資産は少ないよりは多いほうが審査に有利です。

これらの項目は、消費者金融系と銀行系のどちらも審査において重視します。なお、銀行系は各項目において、消費者金融系よりも相対的に厳しい審査を行うようです。こうしたさまざまな条件がクリアされると、おおむね事業者の審査基準を満たし、借入をすることが可能になります。

消費者金融では独自の審査基準を設けている

消費者金融系については、銀行系に比べて「審査が甘い」と言われます。個人向けのローン以外のさまざまな金融事業を行っている銀行系は、信用情報を厳しく審査する傾向があります。

一方の消費者金融系は個人への貸付業務が事業の中心で、そこから事業収益を上げなくてはなりません。銀行系よりもリスクをとって借入を認める反面、銀行系よりも金利を高く設定し、リターンを高めて事業を行っています。

しかし、審査が甘いというわけではありません。銀行系と同じように「収入」「勤務先」「事故歴」については、しっかりと審査します。

消費者金融系の審査では、「スコアリングシート」と呼ばれる与信管理の仕組みを活用しています。これは、審査の各項目について評価基準を定めて数値化し、申込内容に沿って点数を付けていくというものです。配点やクリアの基準については各社違いがあるものの、その基準を満たせば審査が通り、借入が可能になります。逆に、「借り過ぎ」「複数申し込み」「高い利用限度額」などはマイナスに評価され、スコアリングシートの判定が悪くなるため、審査に通らないこともあります。

このほかにも、各社には独自の評価基準があります。例えば「○曜日の○時の申し込みは延滞率が高い」といった、これまで蓄積してきた経験値をもとにして、独自の審査基準を設けているようです。

審査のプロセスとチェックするべきポイント

申し込みから借入までのプロセス

申込書類の情報に基づいて、スコアリングシートによる評価結果と信用情報機関の照会結果をもとに、第一段階の審査が行われます。

第一段階の審査が通ったら、申込書に記載されている勤務先に電話をかけて、勤務先と勤務の事実を確認します。そして、勤務の確認が取れ次第、申込者から本人確認書類を送付してもらいます。本人確認書類と申込書記載の内容に問題がなければ、申し込みの手続きは終了です。

審査プロセスで事業者がチェックするポイント

審査プロセスでは、申込書類の記載内容を確認するほか、事故情報の有無がチェックされます。勤務先の在籍については、必ず電話によって確認がなされます。電話連絡の際に本人が不在でも「ただいま不在にしております」など、間接的に在籍の確認が取れれば問題ありません。また、電話連絡は申込者のプライバシーに配慮して個人名でかけられるので、ローンの申し込みが会社に知られることはありません。

審査が通りやすくなるコツは?

申し込む際に審査基準の最低条件をクリアしているか

審査にあたって申込者が気をつけたいのは、内容に誇張や誤りがないよう、ありのままに、正しく記入することです。提出すべき書類の不備にも気をつけましょう。事業者は「なんとかして審査を通ろう」としている申込者の底意は、はじめから見抜いています。

例えば、申込書の段階で年収を実際より多めに記入し、後から収入証明書を提出してそのことがばれるとなると、審査に大きく影響します。最近では、借入の上限が100万円または300万円までであれば、収入証明書の提出を不要とする事業者もあります。借入限度額を高額に設定せずに、収入証明書不要の借入限度額で申し込むほうが、審査も比較的に通りやすくなると思われます。

過去に延滞したことがあるといった事故歴がないことが、審査を通るための最低条件になるものの、事故歴の有無は信用情報機関に登録されているので、申込者が隠し通すことはできません。また、事故歴がなくとも、過去の借入と返済の履歴は信用情報機関に記録されています。審査においては「期限内に返済しているか」「借入と返済を頻繁に繰り返していないか」「上限いっぱいに借りていないか」などもチェックされています。そのため、利用中のキャッシングやカードローンがある場合には注意が必要です。

過去に一度もキャッシングやカードローンを利用したことがない場合

過去に一度もキャッシングやカードローンを利用したことがない人は、信用情報機関にまったく利用履歴がないことになります。こういう人を「スーパーホワイト」と呼びます。実は、スーパーホワイトの人なら審査に通りやすいかというと、そうではありません。利用履歴がないために、逆に正しく借入や返済をしてもらえるかを疑われる場合があるためです。

また、過去に事故歴があっても5年間は借入や返済がなければ、信用情報機関の利用履歴もなくなってしまいます。こういう人を「ホワイト」と呼びます。「ホワイト」の人も「スーパーホワイト」の人と同様に、5年以上前の利用履歴を疑われることがあります。

いずれの場合も、少額で構わないので、正常な利用履歴を作っておくとよいでしょう。

総量規制内か総量規制外かについても確認する

申し込む先によっては、総量規制の対象になる点に注意が必要です。総量規制の対象であれば、年収の3分の1までしか借りることができません。もし消費者金融系など、総量規制の対象となる事業者に新規で申し込む場合、現在の借入状況を確認し、年収の3分の1以内になるように限度額を設定することが必要です。

消費者金融系も銀行系も、ローンの審査に通るためには、最低限「一定の収入」「勤務先」「事故歴」の基準を満たすことが必要です。加えて、正常な利用実績を積みながら信用情報を高めることが、以後の新規借入の審査に有効と言えます。キャッシングやカードローンの利用は最少額で、期限内にしっかり返済していくことを心がけましょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

今日中にキャッシングできる
銀行・消費者金融一覧