キャッシングアカデミー

最終更新日:

キャッシングのブラックとは?お金を借りたい人に向けた解決方法

Cache_19

「ブラック」とは事故情報のこと。そして、「ブラック状態」とは信用情報機関に事故情報が登録されている状態をいいます。 そのような状態でも、お金を借りることができるのでしょうか。また、自分がブラックであるのかどうかを確認する方法はあるのでしょうか。 そこで今回は、結婚による改姓や配偶者の影響にも触れつつ、ブラック状態に関する疑問にお答えします。

「ブラック状態」とは、一体どのような状態か

「ブラックリスト」というものは存在しない

「キャッシングやカードローンを申し込んだが、お金を借りられなかった」というときの理由のひとつとして、「ブラックリストに掲載されていた」「ブラックリストから消えていない」などの話が聞かれます。ここで言う「ブラック」とは、正しくは事故情報のこと。「ブラックリスト」は正式な名称ではありません。

借入をしたお金を期限までに返せないと「事故扱い」となり、「事故情報」としてCIC(株式会社シー・アイ・シー)やJICC(株式会社日本信用情報機構)と呼ばれる信用情報機関に登録されます。事業者は新規の申し込みを受けると、信用情報機関に問い合わせて申込者の信用情報を確認し、審査を行います。事故情報が確認されると、新規の借入はできないことになります。

信用情報機関は貸金業を営む事業者が加盟している団体で、クレジットやローンの利用者に関する取引情報全般を管理しています(※以下の表を参照)。事故情報(延滞・滞納などの金融事故を指す)は取引情報のひとつで、専門的には「異動情報」とも呼ばれます。
この信用情報は消費者金融側も見ることができます。
異動情報とは延滞や貸倒れ、代位弁済(保証人や保証会社等が本人に代わって債務を返済すること)によって生じたもので、契約期間中および契約終了後の5年間は記録されています。

【信用情報機関に登録される信用情報の種類と登録される期間】

信用情報の種類 情報項目 登録期間(保有期間)
申し込みに関する情報 ◯本人識別情報(氏名・生年月日・郵便番号・電話番号など)
◯申込内容情報(照会日・商品名・契約予定額・支払予定回数・照会会社名など)
照会日より6ヶ月間
契約内容や支払状況に関する情報 ◯本人識別情報(氏名・生年月日・性別・郵便番号・住所・電話番号・勤務先名・勤務先電話番号・公的資料番号など)
◯契約内容情報(契約日・契約の種類・商品名・支払回数・契約額(極度額)・契約終了予定日・登録会社名など)
◯支払状況情報(報告日・債額・請求額・入金額・入金履歴・異動(延滞・保証履行・破産)の有無・異動発生日・延滞解消日・終了状況など
◯割賦販売法対象商品のお支払状況に関する情報(割賦残債額・年間請求予定額・遅延有無など)
◯貸金業法対象商品のお支払状況に関する情報(確定日・貸付日・出金額・残高・遅延の有無など)
契約期間中および契約終了後5年以内
利用途上の照会に関する情報 ◯本人識別情報(氏名・生年月日・郵便番号・電話番号など)
◯利用した事実に関する情報(利用日・利用目的・利用会社名など)
利用日より6ヶ月間

※出所:CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)ホームページに基づく。一部加筆。

「自分がブラック状態かどうか」を知る方法

「返済を延滞したことがあるので、お金を借りられないのでは?」と心配なときには、信用情報機関に問い合わせてみましょう。利用手数料(1,000円)を支払えば「信用情報開示報告書」を入手でき、自分の信用情報を確認することが可能です。報告書には延滞履歴なども記載されているので、見れば「ブラック状態」かどうかがすぐにわかります。この手続きを「情報開示」と言います。

「情報開示」はインターネット(パソコンやスマートフォン)のほか、郵送や窓口で行うことができます。ただし、電話での情報開示はできません。

ブラック状態でも、お金を借りられる先はあるのか

基本的に事故情報で判断される

新たにキャッシングやカードローンを利用したい場合、信用情報機関に事故情報が登録されていると、借入は難しくなります。「ブラック扱い」では、原則として大手の事業者では借入ができないと考えてよいでしょう。

また、事故情報がなくても、事業者が信用情報機関に照会を行った事実も信用情報機関に登録されており、事業者はこの照会情報も審査の参考にしています。そのため、同時期に複数の事業者に新規の申し込みを行うことも、延滞などの事故扱いほどではありませんが、広い意味では「ブラック扱い」とみなされます。

夫がブラック状態でも、その妻への融資は可能

5年以内に延滞をしていて、事故情報が信用情報機関に登録されていれば「ブラック扱い」となり、原則として借入はできません。ただし、結婚して改姓した場合、旧姓時の信用情報が多重債務や支払延滞で「ブラック状態」でも、改姓後に事故歴がなければ借入が可能になることもあります。

とはいえ、申込時の書類には必ず旧姓を記入する欄があります。そのため、旧姓時の信用情報が確認されてしまうことになります。

信用情報機関に登録されている信用情報は個人単位です。夫婦の一方が多重債務や支払遅延で「ブラック状態」でも、もう一方に事故歴がなければ新規の借入は可能です。

ただし、パートやアルバイトを含め、定期収入のない専業主婦(主夫)が借入を申し込む場合、配偶者を保証人としなければなりません。そのため、配偶者が「ブラック状態」の場合には、借入ができません。

信用情報機関への登録のタイミングによっては、新たな借入ができないこともありません。例えば、キャッシングやローンをとりあえず新たな借入によって返済するという、いわゆる「自転車操業」をしたい場合は、返済期限が来る前に新規の借入によって返済してしまえば、一時的には延滞を防ぎ、「ブラック状態」を免れることはできます。新たな借入が可能になってしまえば、その後、以前の借入の返済で延滞が生じても、新たな借入が取り消されることはありません。

もしお金を借りようとするなら、どのような方法があるか

正攻法で借りる方法は、ブラック状態が消えるまで待つ

どうしてもお金を借りたい人に向けて、もっとも正攻法だと言えるのは、「ブラック状態」の登録期間がリセットされる「契約期間中および契約終了後5年以内」を待って、再び申し込むことです。ただし、事業者によっては、自社の顧客の事故情報は5年を過ぎても審査に利用することがあります。登録期間を過ぎても気を緩めずに、事故のあった事業者とは別のところに申し込みましょう。

また、「ブラック扱い」だとわかった場合でも、審査通過率は一概には言えないものの、過去の延滞の期間が短期であった、延滞の頻度が少なかった、延滞の金額が少額だったなどの場合は、事業者によっては新規の申し込みを受け付けてくれるケースもあります。現在、信用情報機関(CIC)に加盟している事業者数は943社あります(※平成28年10月20日現在)。

事業者をしらみつぶしに当たっていけば、借入ができる可能性はゼロではありません。事業者は事故情報以外にもさまざまな信用情報に基づいて借入の審査をしています。規模の小さな事業者の場合、営業上の理由から「ブラックOK」として審査を緩めて、顧客を獲得しているケースもあります。一概に審査の甘い事業者を特定できないものの、2・3社で審査が通らなかったからといってあきらめず、多くの事業者に申し込んでみることをおすすめします。審査が通れば通常の申し込みと同じ扱いになるので、最短であればその日に借りることもできるでしょう。
どこからも借りられず、どうしても返済できない場合は「債務整理」を選択肢として加えるのも1つの手段かもしれません。債務整理とは弁護士に相談することによって借金を減額したり、月々の返済の負担を軽くする処置ができる法的手段のことです。債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」といった種類があります。

ヤミ金融などで借りた場合はどうなるか

「多くの事業者に申し込んだが、どれも審査が通らなかった」。だからといって、貸金業として正規の登録をしていない「ヤミ金融」で借りることには、注意が必要です。

貸金業として正規の登録をしている事業者は、法律で「貸金業登録番号」を広告に掲載することが義務付けられています。広告等に「ブラックOK」という文字がある場合や、ほかの事業者で審査に落ちたにもかかわらず申し込みに安易に応じてくれる場合などは、「貸金業登録番号」の有無を確認して事業者の危険性の判断してください。

「ヤミ金融」で借りると、法外な利息と過酷な取り立てに遭います。また、違法な広告などによって、登録事業者と偽って営業し、勧誘するケースもあります。

どのような状況であれ、「ヤミ金融」には絶対に手を出さないように気をつけましょう

三菱東京UFJ銀行カードローン

mufg-banner-20170430

おすすめ度5.0

審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※商品名は「バンクイック」です。

三菱東京UFJ銀行に申込

希望条件でキャッシングを選ぶ

キャッシングにおすすめの
銀行・消費者金融一覧