キャッシングアカデミー

最終更新日:

お金を借りたい母子家庭の母必見!審査に落ちた時のただ1つの解決策

Dollarphotoclub_61506587

統計データを見ても、母子家庭の収入が低いことがわかっています。 それでは、お金を借りる場合、一般の家庭と母子家庭では、審査の基準に違があるのでしょうか。 このページでは、母子家庭がお金を借りる場合の注意点を解説するとともに、女性向けのカードローンや都道府県で実施している公的な制度を紹介します。

母子家庭の母親がカードローンを利用する3つの条件

基本的にカードローンを利用する条件は母子家庭や学生、主婦その他の属性によりません。母子家庭を理由に差別をすることや優遇をすることはありません。

金融機関が融資をする際にチェックする項目は、基本的に次の3つです。

<キャッシングをする際に特にチェックする項目>

  • 安定した収入があること
  • 信用情報に金融事故の履歴がある
  • 複数の金融機関で借り入れをしていないこと

1つ目の安定した収入とは、「毎月パートやアルバイトなどで、一定の収入を得ている」ことを指します。安定した収入が認められないと審査に落ちる可能性がグッと高まってしまうので注意が必要です。

金額の大小には関わらず安定の収入を得られるようになってから借り入れの申し込みをするようにしましょう。

2つ目の信用情報に金融事故の履歴があるとは、過去に他社でキャッシングをして延滞や滞納したことがあったり、他社の利用が4件を超えるような場合はブラックリストに登録される可能性があります。ブラックリストに登録されてしまうと他社の利用でも当然、お金を借りることができなくなってしまいます。

本当にお金を借りたい場合は、むやみにたくさんの金融機関で審査を受けて借り入れをするのはやめておきましょう。

3つ目の複数の金融機関で借り入れをしていないこととは、ブラックリストの項目で記載に通り、具体的には他社での借り入れが4件を超える場合のことを言います。また借り入れ時の利用金額も高すぎる場合も審査に落とされる可能性が高くなります。

母子家庭や父子家庭に関して特別な審査基準はありませんが、審査に申し込む際はしっかりとこの3つの項目を確認してから審査を受けるようにしましょう。

母子(父子)家庭は待遇を受けられる?

借入をする場合、母子(父子)家庭であっても、基本的に一般家庭と変わらず、事業者が設けている条件をクリアしていることが前提になります。インターネット上では、母子家庭は借入が不利になるといった噂が流れているものの、条件をクリアしていれば問題ありません。

例えば、正社員の母子家庭の場合、申込書に「勤務先」をしっかりと書くことが可能だし、「一定の収入」を得ているので、借入ができる最低条件はクリアしています。過去に滞納などの「事故歴」がなければ、お金を借りることは十分に可能です。

また、パートやアルバイトで生活している母子家庭でも、「一定の収入」を得ているし、「勤務」の実態があるので、お金を借りることは可能です。ただし、限度額については、総量規制や年収に応じた上限額が事業者ごとに設定されるので、希望額どおりの借入ができるかどうかはわかりません。申し込みの際に、事業者に確認してみるとよいでしょう。

審査に落ちたら公的制度の活用をという選択肢も可能

このように、母子(父子)家庭の場合でも毎月一定の収入があり、申込書に勤務先を書けるのであれば、借入をすることは可能です。

なお、現在は仕事についていない、失業中といった母子(父子)家庭の場合には、正社員や派遣、パートやアルバイトなど、何らかの定職についてから申し込んだほうがよいでしょう。事情があって仕事に就けないという母子(父子)家庭の場合、消費者金融や銀行など、民間からの借入は難しくなります。

しかし、そのような場合には、国や地方自治体の貸付制度の利用を検討してみてはどうでしょうか。例えば、各都道府県には「母子父子寡婦福祉資金貸付金」という制度があります。これは、母子(父子)家庭で、生活資金・医療介護資金・就学支度資金・修学資金・住宅資金・転宅資金などが必要な場合、住んでいる地域の自治体に申し込むと無利子で借入ができるという制度です(※ただし、連帯保証人が必要)。

また、収入が少ない世帯を対象とした「生活福祉資金貸付制度」もあります。

さらには、生活に困窮し、最低限の生活を維持できないという場合には「生活保護制度」を利用することもできます。民間の事業者に借入を申し込む前に、これらの公的貸付制度の活用を検討してみてはどうでしょうか。

【母子家庭を支援する公的制度】

制度名 貸付金額 概要
母子父子寡婦福祉資金貸付金 資金の種類や自治体によって異なる
(例)生活資金:月額10.3万円
ひとり家庭の父母が、就労や児童の就学などで資金が必要となったときに、都道府県や指定都市、または中核市から貸付を受けられる資金。
修学資金や修業資金、就職支度資金などがある。
返済時の負担軽減のため、貸付利率は無利子だが、連帯保証人がいない場合には有利子となる。
生活福祉資金貸付 資金の種類によって異なる
(例)就学支度金:50万円以内
低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉および社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度。
総合支援資金や福祉資金、教育支援資金、緊急小口資金などがあり、一部については、連帯保証人が必要となる。
生活保護 扶助の種類に応じて実費を支給。地域や状況によって異なる 資産や能力など、すべてを活用してもなお生活に困窮する人に対し、困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障し、その自立を助長する制度。
日常生活に必要な費用や家賃、医療・介護サービス、葬祭費用、義務教育の学用品費などが支給される。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧