キャッシングアカデミー

楽天銀行カードローンの金利と引き下げを解説!利用限度額UPと審査

Cache_03

「楽天銀行カードローンの金利が気になる」「金利を引き下げたい」と思いませんか?楽天銀行カードローンは金利が低水準で、また公式に金利引き下げを申し込むことができます。このページでは、楽天銀行カードローンの金利を他の金融機関と比較し、また金利引き下げの方法についても解説します。

楽天銀行カードローンは金利を低く抑えたい人におすすめ

楽天銀行カードローンは、金利(実質年率)が1.9~14.5%であり、他の金融機関と比べても低い水準です。

ローン名 下限金利 上限金利 無利息期間 詳細
楽天銀行カードローン 年1.9% 年14.5% なし 詳細
三菱東京UFJ銀行カードローン 年1.8% 年14.6% なし 詳細
三井住友銀行カードローン 年4.0% 年14.5% なし 詳細
アイフル 年4.5% 年18.0% 最大30日間あり 詳細
プロミス 年4.5% 年17.8% 最大30日間あり 詳細

また楽天銀行カードローンは、公式に金利の引き下げを申し込むことができる、珍しい銀行カードローンです。
キャッシングの金利を低く抑えたいと思う人にとって、楽天銀行のカードローンはおすすめです。

楽天銀行カードローンは低金利

rakuten-banner

おすすめ度5.0

審査時間
最短即日 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年1.9%~14.5% 

公式サイトで詳細を見る

金利を引き下げる方法は大きく2通り

カードセンターに電話して交渉

楽天銀行カードローンの金利を引き下げたいときは、カードセンターに電話をして交渉してみましょう。その際どう言えばいいか戸惑うかもしれませんが、カードセンターの担当者がでたら、金利を下げてほしいとストレートに頼んでみましょう。後日その結果の連絡をもらうことができます。

利用限度額を増額するのもあり

金利を引き下げる方法として、利用限度額を増額する方法もあります。
ただし、下記の表を参考に、金利引き下げに達するレベルの増額を希望することがポイントです。例えば50万円→60万円へ増額しても金利は変わりませんが、50万円→100万円以上に増額すれば金利は下がります。

ご利用限度額 借入利率(年)
800万円 1.9%~4.5%
600万円以上800万円未満 3.0%~7.8%
500万円以上600万円未満 4.5%~7.8%
350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
300万円以上350万円未満 4.9%~12.5%
200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
10万円以上100万円未満 14.5%

また、専業主婦については利用限度額が50万円が最大なので、増額で金利が下がることはありません。例えば限度額10万円→50万円に増額をしたとしても金利は同じです。

利用限度額の増額はインターネットと電話で申し込める

増額申し込み方法はインターネットと電話です。
インターネットで申込む場合は、メンバーズデスクにログイン後「ご利用限度額の増額」をクリックして申し込みます。
電話は楽天銀行カードセンター(フリーダイヤル)に電話をして申し込みます。

増額にも審査があるので注意

利用限度額の増額をする際にも審査があります。この増額審査に落ちると増額はできません。増額に際しては新規契約に準ずる簡単な審査と在籍確認があります
その間、適度な借り入れをしっかりとした返済をして、信用を高めておくと増額に通りやすくなります。

金利引き下げなら楽天銀行カードローン

rakuten-banner

おすすめ度5.0

審査時間
最短即日 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年1.9%~14.5% 

公式サイトで詳細を見る

金利引き下げと増額交渉は6ヶ月に1回

審査に通らないと6ヶ月間は交渉できない

増額審査は前回の審査より6ヶ月以上経過していることが条件です。そのため、審査に通らなかったらその後6ヶ月間は交渉できません。
また新規申込からの半年間も増額できないと考えたほうがよいでしょう。

審査結果によっては減額もあり得る

審査は増額だけでなく、結果によっては減額もあります。信用状況や取引状況によって限度額は連絡なく減額される場合があるため、この点には注意が必要です。
審査で減額されることをなくすためには、しっかりと取引することが重要です。

いかがでしたか。ここでは楽天銀行カードローンの金利交渉について詳しくみてきました。
楽天銀行カードローンは利用限度額が高いほど金利がさがります。金利引き下げ交渉は電話で申込みましょう。
また、利用限度額の増額をすることで金利が下がりますので、金利を引き下げるには増額申請をすることが早道です。
増額するには、利用に際しての信用を積み重ねることが重要です。楽天銀行カードローンに申し込んだら、しっかりとした取引をしてお得な金利にしてもらえるようにしましょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧