キャッシングアカデミー

最終更新日:

オリックス銀行カードローンの審査に不安な人!審査落ちの4つの理由

Cache_36_P0145

オリックス銀行カードローンでは、申し込んだけど時間がかかってなかなか審査結果がこない、落ちてしまったらどうしよう、などと不安になる利用者は多いようです。オリックス銀行カードローンなど銀行カードローンは、消費者金融と異なることも多くあります。 ここでは、オリックス銀行カードローンの審査について詳しく説明していきます。

オリックス銀行カードローンの申し込みから借入までの流れ

オリックス銀行カードローンの申し込みはインターネットからのみ可能です。申し込みのあとに一度審査があり、この審査に通ると本人意思確認のために本人宛の電話と、勤務先へ在籍確認の電話があります。このタイミングで必要書類も提出します。

その後最終審査があり、審査にパスするとカードローンが発行されます。借り入れは、指定口座への振り込みをしてもらうか、カードを使ってATMから借り入れをすることもできます。申し込みから借入までの流れは以下の通りです。

  1. インターネットから申し込み
  2. 審査
  3. 本人意思確認と在籍確認(本人と勤務先へ電話確認)
  4. 必要書類提出
  5. 最終審査
  6. ローンカード発行
  7. 指定口座への振込かATMから借入

オリックス銀行の審査の必要書類とは?

必要書類は免許証だけで良い場合も

オリックス銀行カードローン申し込みの必要書類は以下の通りです。

<本人確認書類一覧※1>

  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • 日本政府発行のパスポート
  • 在留カードまたは特別永住者証明書

※1上記の写しいずれか1通をご用意ください。
またご利用限度額により所得証明書類が必要になります

<所得証明書類一覧※2>

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その2)
  • 確定申告書(付表含む)

※2所得証明書類のご提出が必要となるのは、原則、ご利用限度額が300万円超の場合となります。また審査の結果、限度額300万円以下の場合でもご提出をお願いする場合があります。

<その他>

  • 預金口座振替依頼書※3

※3ご返済方法が口座引落の方のみ必要になります

書類はEメールで送信する

必要書類の提出は、登録したE-mailに必要書類アップロード用URLが送られてきますので、指示に従って書類をアップロードして提出します。

審査の申し込みはインターネットから24時間OK

オリックス銀行カードローンの申し込み方法は、インターネットから24時間申し込むことができます。ネット以外の方法で申し込むことはできません

審査には2~3営業日かかります。土日を挟むと5日間程度かかります。

審査結果は基本電話か書面。登録すればメールでも

審査結果は基本電話か書面で送られてきます。登録すればメールで審査結果を受け取ることも可能です。メールで審査結果が来るようにするには、申し込んだ後にEメールが届くので、メール文中にある「Eメールアドレス確認用URL」をクリックし受信確認を行います。この受信確認ができると、審査結果等の連絡をEメールで受け取ることができます。

審査完了時には電話での意思確認と在籍確認がある

オリックス銀行の審査の完了時には電話での意思確認と在籍確認があります。まずは、審査の結果を確認しましょう。

まずは審査結果の確認から

審査結果を待っている間は不安になるものですが、そもそもオリックス銀行から審査結果がきているかどうかチェックをしてみましょう。

審査結果は電話かEメール、または郵送で伝えられますので、これらの確認は必須です。

オリックス銀行カードローンの審査結果がくるまで2~3日程度

オリックス銀行カードローンの審査期間は比較的長めで、申し込みから審査結果がでるまでに平日で2~3日程度、その間に土日を挟むと5日程度>かかるとされています。そのため、なかなか連絡がこなくても、申し込みから5日以内である場合はもう少し連絡がくるのを待ってみましょう。

オリックス銀行カードローンの審査結果の連絡はメールか電話か郵送で伝えられます。メールで審査結果をもらうには、申し込みの際に登録したEメールアドレスに「Eメールアドレス確認用URL」が送付されてきますので、Eメールアドレス確認用URLをクリックし受信確認を行います。Eメールアドレスの受信確認が終わると、審査結果等の連絡がEメールできます。

審査結果はEメール以外には郵送や電話で連絡がきます。そのため郵便物がきているかどうか、また電話の着信履歴のチェックも忘れずにしてみましょう。

審査完了時に希望の連絡先に電話がある

オリックス銀行カードローンの申し込みでは、審査完了時に本人意思確認の電話がきます。これは申込内容の確認をするもので、本人宛に電話がかかってきます。

電話は希望の連絡先にかけてもらうことができます。この電話に本人がでることで、申し込み者の本人確認ができたとみなされ、申し込みの際に申告した内容に相違がないか、本人に質問をすることで申込内容確認終了となります。

勤務先への在籍確認は必須

審査が完了すると、勤務先に在籍確認の電話があります。これは必須事項で、必ずかかってきます。申し込みの際には、勤務していることがわかる電話番号を申請するようにしましょう。

オリックス銀行カードローンの審査に落ちる4つの理由

オリックス銀行カードローンの審査に落ちるときには必ず理由があります。審査基準は非公表となっていますが、落ちる理由としてはいくつかの事が考えられます。以下が審査に落ちる理由の代表的なものとされています。

<審査に落ちる理由一覧>

  • オリックス銀行カードローンの申し込みに必要な書類の不備
  • 雇用形態や収入、住居形態、勤続年数などの属性が基準に満たない
  • 希望限度額が高すぎる
  • 自己破産などの金融事故情報がある

オリックス銀行カードローン落ちても連続申し込みは絶対禁止

連続で申し込むと申し込みブラック状態に

オリックス銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合には、連続でもう一度申し込むことは避けましょう。連続で申し込むと申し込みブラックとみなされ、以後の審査も通りにくくなります。

申し込みブラックとは、何度も申し込んで落ちた結果、その記録が信用情報機関に残ってブラック認定されることを指します。申し込みブラックに認定されると以後の審査が一層厳しくなります。

他社との同時申し込みにも注意

また他社との同時申し込みも避けたほうが良いでしょう。同時申し込みをすると、その申込情報が信用情報機関にいきますので、審査で信用情報を照会する際に同時申込はバレます。利用者の多重債務は好ましくないことから、オリックス銀行カードローンの審査自体が不利になります

オリックス銀行カードローンで落ちても消費者金融に申し込んでみて

銀行カードローンの審査は比較的厳しい

オリックス銀行カードローンに落ちた場合でも、まだ消費者金融に利用するという選択肢があります。銀行カードローンの審査は消費者金融の審査に比べて比較的厳しく、銀行カードローンで落ちても消費者金融なら審査に通る可能性が残っています

銀行カードローンの審査が厳しい理由として、銀行カードローンには保証会社が付いていることがあげられます。保証会社には、破産、遅延などの債務不履行になった場合、銀行に対して残りの借入金と利息を一括で債務者に代って返済する役割があります。

融資に際しては、銀行と保証会社のふたつの審査があるため、保証会社が付いていない消費者金融会社に比べて審査が厳しくなる傾向にあります。

このページではオリックス銀行カードローンの審査に落ちる理由をご紹介しました。
オリックス銀行カードローンの審査の結果が分かるまでには長くて5日程度かかるとされていますので、その間、審査結果通知のEメール、電話、郵便物がきているかどうかこまめにチェックしてみましょう。
審査に通らなかったとしても、何度も申し込むことはやめましょう。申し込みを連続ですると申し込みブラックとされ、以後の借り入れが一層厳しくなります。
審査に落ちた後、どうしても申し込む場合は、比較的審査の通りやすい消費者金融に申し込みましょう。
オリックス銀行カードローンに申し込むときには、まずは審査に落ちない条件を揃えましょう。そして万が一落ちてしまっても、消費者金融などここでご紹介した方法を検討してみるのもオススメです。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧