キャッシングアカデミー

奨学金が借りられないならキャッシングも検討を

今の学生の多くは奨学金を借りながら学校に通っていると思います。 しかし、「奨学金が借りられなくて学費が足りない…」・「奨学金の審査に落ちてしまった…」など奨学金が借りられなくて困っている学生もいると思います。 奨学金が借りられなくて困っているならキャッシングやカードローンを代わりに利用してみるのはいかがでしょうか。このページでは奨学金とカードローンの違いから、キャッシングを奨学金の代わりにするときの注意点を説明していきます。

奨学金とキャッシングの大きな2つの違い

お金を借りるという点で奨学金とキャッシングは同じですが、金利や借り方で奨学金とキャッシングは全く違います。その違いについて紹介します。

奨学金は「給付型」・「貸与型」の2種類がある※給付型なら返済不要

まず奨学金とは何かをご説明いたします。奨学金は一般的に能力のある学生に対して、授業料等に使用するため、お金を給付したり賃与する制度のことを言います。この奨学金制度には大きく分けて、給付型と貸与型の2つに分けられます。

給付型は、能力が優れている学生に給付されるお金のことを言います。給付ですので、将来返済する必要はありません。一方、貸与型は学生にお金を貸す形態をとります。早い話、借金をしている状態です。貸与ですので、将来働いて返済する必要があります。日本の奨学金制度はほとんどが、後者の貸与型となっています。

無利子で借りられる奨学金もある

貸与型の奨学金の中には、無利子で借りられるものもあります。無利子で申し込める奨学金を第一種奨学金といいます。それに対して、利息の付きの奨学金は第二種奨学金です。選考基準はもちろん第一種のほうが厳しくなりますが、第二種でも年利が最大で3%となっており、利息面ではとても良い条件となっています。

学生がキャッシングに申込むときの注意点

今ご説明した奨学金には、学生自身の能力の審査があり当然、奨学金を受けられない場合もあります。奨学金の審査に落ちてしまったり、奨学金が借りられず学費が払えなかったりする場合も大いに考えられるわけです。そんなときに頼りたくなるのがキャッシングサービスですが、学生がキャッシングに申し込む際、どのような点に注意したらよいでしょうか?

未成年だとキャッシングに申込できない

まず覚えておかなければならないのは、未成年はキャッシングに申し込めない、という点です。大手消費者金融の年齢条件を少し見てみましょう。

種類 キャッシング名 申込年齢 詳細
消費者金融 アイフル 満20歳以上70歳未満 ボタン
アコム 20歳以上69歳以下 ボタン
プロミス 20歳以上69歳以下 ボタン
モビット 20歳以上69歳以下 ボタン

ここからわかる通り、未成年は申し込みの段階で門前払いされてしまいます。ですから、未成年の方は親の同意が必要ですが、学生ローンを申し込むか、もしくはクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りるしか方法がないのが現状です。

アルバイトなどで収入がないと審査に通らない可能性がある

学生でも20歳を超えており、アルバイトなどで定期的な収入がある方はキャッシングを受けること可能です。逆に言えば、アルバイトなどで定期的な収入がない学生は、20歳を超えていてもキャッシングは難しいでしょう。

ここで重要なのは、たくさん収入があること、ではなく、安定した収入があること、です。具体的に言うとお金が足りない時に短期バイトで集中して働く学生よりも、稼ぎは少なくても毎月、安定して収入がある学生の方が、審査に通りやすい、ということです。

くわえて、勤務年数も審査を通りやすくする鍵となりますので、いろいろなアルバイトを転々とするのではなく、同じところで定期的に収入を得ている方が得策だといえます。

奨学金と、キャッシングの違いについてご理解いただけたでしょうか?奨学金には学生の能力の審査があり、それに応じて給付型、貸与型の無利息、貸与型の利息あり、を選択できる可能性があります。ですが、すべての人が奨学金の審査に通るわけではありません。奨学金をかりたいんだけど審査に落ちてしまった、でもお金が必要だという場合に、学費や生活費の足しにするためのキャッシングの利用を考えてみてください。20歳以上であることは必須条件ですが、アルバイトによる定期的な収入があればキャッシングの審査に通りやすくなります。ぜひ、条件に合う方はキャッシングを賢く利用し、楽しい学生生活を送れるようになさってください。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧