キャッシングアカデミー

キャッシングの審査には年齢制限がある!

お金を借りたいと思っても、誰でもお金を借りられるわけではありません。 キャッシングやカードローンの審査条件で特に注意が必要なのが「年齢」です。 ここでは、キャッシングの審査の年齢条件を説明していきます。20歳未満の方、65歳以上の方はこのページを参考にして自分でも申し込める消費者金融を見つけてください。

60歳を超えると審査に厳しくなる

60歳を超えると審査基準から外れる金融会社もある

消費者金融では、キャッシングの審査に通りやすい年齢と通りにくい年齢があります。ざっくりというと、働き盛りか、そうでないかです。やはりしっかり働いてある程度安定した収入があることは評価につながってきますので、20代後半から30代前半の方は特に評価が高いようです。ここ、日本においては60歳定年制がまだ主流ですので、やはり60歳を超えると審査基準から外れてしまうことがあります。もちろん、年齢制限は金融会社によって多少異なります。大手消費者金融の取引対象年齢を簡単にまとめてみましょう。年齢だけに絞ってご紹介します。

キャッシング名 取引可能年齢 その他の詳細
アイフル 満20歳以上、取引中に満70歳になった時点で新たな融資は不可能に ボタン
アコム 20歳以上69歳以下 ボタン
モビット 満20歳以上69歳以下 ボタン
プロミス 20歳以上69歳以下 ボタン
楽天銀行カードローン 20才以上62才以下 ボタン

70歳以上は新規融資はほぼ不可能

以上の申し込み条件から見てわかる通り、70歳以上の高齢者となると新規融資はほとんど不可能となります。調べていくと20歳以上で定期的な収入があればOKという消費者金融もあることにはありますが、基本的には返済状況や借り入れの有無などの情報が載った「信用情報」などに問題がなかったとしても関係はなく、70歳以上の方がキャッシングを利用することは非常に難しいといえます。キャッシングの年齢上限は70歳と思っておくと良いでしょう。

20歳未満がキャッシングする2つの方法

先ほど述べた大手消費者金融の年齢条件を見てわかるように、20歳未満、つまり未成年者もキャッシングを受けるのは難しいといえます。普通、未成年は消費者金融に申し込みさえできないのが現実です。しかし、次に紹介する2つのワザを使えば、未成年でもキャッシングが可能になることがあります。

1.学生ローンなら18歳から借りられる会社もある

消費者金融や銀行カードローンなど通常のカードローン会社を利用することは非常に難しいですが、学生ローンを申し込むことでキャッシングを受けることができます。親権者の同意が必要ですが、学生という特権を最大限利用したテクニックです。大手のプロミスや中小消費者金融にはこうした学生ローンを取り扱っているところがあります。

2.クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる

クレジットカードであれば18歳以上の未成年でも作ることができますので、そのキャッシング枠を利用することで、お金を借りることができます。クレジットカード会社の中でもライフカードのような学生向けカードであればクレジットカード審査にも通りやすいですし、そのカードでのキャッシング審査にも通る可能性が高くなります。もちろん、そんなに大型融資を受けられるわけではありませんが、未成年の方にとってはとても強い味方ではないでしょうか?

今回は、キャッシングと年齢というテーマで情報をシェアできました。20代後半~30代前半の働き盛りの方であれば、申し込みをすることに関して問題はありません。ですが、やはり返済能力という点で学生や70歳以上の方は不利になるのは否めません。60歳代の方はまだ大手の消費者金融でキャッシングを受けることが可能ですが、100%審査に通るわけではないということを覚えておきましょう。また未成年の方もキャッシングに関しては厳しい、といわざるを得ません。もしもの時に備えて、キャッシングに代わる代替案を知っておくのはよいかもしれません。今回挙げたような学生ローンやクレジットカードのキャッシング枠の利用を考慮してみてください。
どの年齢層の方でも、いきなり申し込みをする前にまずは、一括審査サービスや簡単審査を受けることをお勧めいたします。

希望条件でキャッシングを選ぶ

審査に不安だけど借りるのに
おすすめの消費者金融・銀行