キャッシングアカデミー

急な入院・高額な医療費もキャッシングで安心

Dollarphotoclub_61792735

急な入院で医療費が必要というときに、高額の医療費を賄うための「高額療養費制度」があります。 ただし、この制度では治療を受けてすぐに支給されるわけではなく、手続きも大変なときがあります。急な入院でお金が必要になったときは、「高額療養費制度」でなくキャッシングで入院費を借りるのも賢い手段です。 このページでは、キャッシングで医療費を払うときの注意点を紹介します。

医療費が必要になったらまず「高額療養費制度」を考える

高額な医療費は全額払う必要がない

ひと月の医療費を8万円以上支払っていると、「高額療養費制度」により健康保険の方から医療費がいくらか支給される可能性があります。
がんになっても治療費の自己負担額は30万円程度ですが、高額療養費制度を利用すれば一般的な家庭ならばひと月に10万円以上の医療費を払うことはほとんどなくなります。

更に深く説明すると、治療に100万円の医療費がかかった場合、まずは健康保険により医療費は3割負担で済むため100万円の医療費も30万円の支払いで済みます。
ただし、この30万円は全額払う必要がありません。
月収28万~50万円程度の一般的な収入の方であれば、9万円程度の支払いで済むようになるのが「高額療養費制度」です。

所得区分 自己負担限度額 多数該当
①区分ア
標準報酬月額83万円以上の方)
252,600円+(総医療費-842,000円)×1% 140,100円
②区分イ
(標準報酬月額53万~79万円の方)
167,400円+(総医療費-558,000円)×1% 93,000円
③区分ウ
(標準報酬月額28万~50万円の方)
80,100円+(総医療費-267,000円)×1% 44,400円
④区分エ
(標準報酬月額26万円以下の方)
57,600円 44,400円
⑤区分オ(低所得者)
(被保険者が市区町村民税の非課税者等)
35,400円 24,600円

ただし、保険適用外の医療費やベッド代などは負担してくれないので注意が必要です。

医療費目的だとキャッシングしやすい

利用目的が医療費だと審査に通りやすい

「高額医療費制度」が適用されず、キャッシングを利用しようと思ったときに医療費目的のキャッシングは審査に通るのかどうかが心配だと思います。
こちらに関しては、医療費目的に限らず「学費が足りない」など利用目的が明確な場合は通常の審査よりも有利になる場合があります。
また、「高額療養費制度」を利用して、数ヶ月のうちに返済するというように返済計画がしっかりと考えられているならば、より審査に通りやすくなります。

キャッシングの審査の際には、「医療費目的であること」と「返済計画を立てていること」を申告しましょう。

高額療養費は支給まで3ヶ月かかるので急ぎなら即日融資のキャッシング

高額療養費が支給されるまでの3ヶ月間

この高額療養費がすぐに支給されれば良いのですが、申請してから3ヶ月以上支給されないこともあります。
特に医療費は急な出費となることがあるので、3ヶ月も支給されなければ支払いできません。
この場合、「高額医療費貸付制度」を使えば支給される額の8割を無利息で借り入れられます。
ですが残りの2割+支給されない分は自分で払っておかなくてはなりません。
医療費が100万円であったならば、15万円程度は支払う必要があります。

こういった場合はキャッシングを利用して補うと良いでしょう。

保険適用外・高額療養費支給対象外の医療費

がん治療の中でも先進医療であれば保険適用対象外となり、高額の医療費もすべて自己負担しなくてはなりません。
また、保険適用対象であったとしても8万円以上の自己負担になります。
8万円でも十分大きな出費です。
全額自己負担の医療費もポンっと出せる金額ではないでしょう。

この時には医療費をキャッシングせざるを得ません。

医療費はキャッシングし易いですが、キャッシングをする前に高額療養費支給制度が適用できるかを把握してから、最低限キャッシングすると無理のなく返済できます。
ただし、必ず医療費が支給されるわけではありませんので多額のキャッシングをする心構えも必要です。
いくらかかるのか、いつ必要になるのかもわからない医療費にあたふたしないように、日頃から少額でも銀行カードローンを利用しているといいかもしれません。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧