キャッシングアカデミー

モビットの審査で確認される3つの要素はこれ!落ちた時の対応とは?

Cache_36_P0145

三井住友銀行グループの会社の一員であるモビットは、業界初となるWEB完結申し込みなど、独自の審査法を採用して好評を博しています。そんなモビットの審査の進められ方や、また審査に関わる様々な手続きについて詳しく紹介していきます。

モビットの審査時間を徹底解説

世界からも評価されている非常に優秀なスコアリングシステムを利用しているため、審査は所要時間が大変短くなっています。審査結果まで最短30分とされていますが、具体的に他の金融機関とどのような違いがあるのかその詳細について見ていきましょう。

本審査の時間は最短30分

モビットでは郵送以外の申し込み方法なら、本審査にかかる時間は最短で30分です。急ぎの融資を希望する場合は、ホームページから申し込みをした後フリーコールに連絡をすれば優先して審査をしてもらえます。お金が急に必要なときのために、この「技」は知っておくと便利です。

申し込み方法ごとの審査時間

申し込み方法 審査にかかる時間
パソコン 最短30分
スマホ・携帯 最短30分
郵便 書類が先方に到着してから審査へ
電話 最短30分

※郵便・ローン申込機以外は、いずれも平日19:00までに申し込みをした場合

パソコン、携帯・スマホ、電話での申し込みならいずれも審査時間は最短30分となっています。郵便の場合は先方に申し込み書類が到着するのが翌日以降になってしまいますので、即日審査とはなりません。

インターネットで申し込めば10秒簡易審査で結果がすぐにわかる

モビットでは申し込みに際して、10秒簡易審査を受けることができます。他の金融機関によくある「お試し審査」とは異なり、更に詳細な情報を入力していきます。たった10秒であっという間に審査結果が出ますが、極めて精度が高いと評判です。

ただし申し込みの一部として行われる審査ですので、信用情報機関にも問い合わせをしていますし、10秒簡易審査を受けるだけでも申し込みの事実があったとして信用情報機関に登録されます。事前のお試し審査とは全く別のものであることを理解しておきましょう。この10秒簡易審査に通過すると本審査に進むことになるので、「モビットの10秒簡易審査=仮審査」ということです。

モビット

mobit-banner
審査時間
10秒簡易審査 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年3.0~18.0% 

※審査時間は、申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

モビットに申し込み

モビットの審査の結果連絡の方法と流れを解説

モビットの審査結果は、どんな方法で申し込みをしたかによって審査の流れや審査結果の連絡方法が異なります。以下を見てどんな申し込み方法が利用しやすそうか、ご自分に合った申し込み方法を探す参考にしてみて下さい。

モビットの審査の流れ

申し込み後、内容確認の電話が来るところから審査が始まります。スコアリングシステムの審査結果と個人信用情報とを照合し、その後在籍確認が行われます。

    • ①申し込み内容の確認の電話が来る

申し込みフォームがモビットに送られると、内容確認のための電話連絡があります。WEB完結申し込みや電話による申し込みの場合でも審査で確認の必要が生じれば電話連絡があります。はカードローン審査のためと分からないように個人名でかかってきますので安心です。申し込み内容に関して誤りはないか、借入希望金額や他社借り入れなどについての細かい情報をオペレーターが確認することになります。

    • ②申し込み情報をもとに貸し付け可能か判断

申し込み時に申請した情報を基に属性スコアリングをします。過去の申込者の膨大なデータを基に、貸し付けに対するリスクがないかを判断します。

    • ③信用情報で過去のキャッシング履歴を調べる

ここで他の金融機関での現在の借入状況・これまでの借入履歴・返済状況などが調べられます。申し込みの際に申告した内容と合致しているか、またこれまでに金融事故(長期の延滞や未納)などを起こしていないかなど慎重に審査が行われます。

    • ④勤務先に在籍確認の電話が来る

申し込み時に申告した勤め先に本当に勤務しているかを確認するために在籍確認の電話がかけられます。在籍確認は勤務していることが確認できれば良いので利用者本人が電話に出る必要もありませんし、個人名でかかってきますので周りに知られる心配はありません。ただしWEB完結申し込みでは社会保険証などの提出で、この電話の代用を認めています。

  • ⑤審査結果が来る

審査結果の連絡は、利用した申し込み方法によって異なります。
パソコン、携帯・スマホから申し込み⇒電話かメールで、
郵便、電話、ローン申込機で申し込み⇒電話で、
WEB完結申し込みの場合⇒メールで審査結果の連絡が来ます。

モビットの審査に必要な書類

審査に必要な書類は、「WEB完結申し込み」の場合と「カード発行申し込み」の場合とで若干異なります。詳しく見ていきましょう。

    • WEB完結申込の場合

WEB完結申し込みでは、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っていることが条件になります。
また勤務先の確認のため、社会保険証か組合保険証が必要です(国民健康保険証は不可)。

      • 三井住友銀行、または三菱東京UFJ銀行の普通預金通帳
      • 社会保険証もしくは組合保険証
      • 本人確認書類(運転免許証、パスポートのいずれかの写し)
      • 収入証明書類(源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、直近2ヵ月分の給与明細書のいずれかの写し)

以上が必要書類です。

    • カード発行申込の場合
      • 本人確認書類(運転免許証の写し、運転免許証がない場合は、有効なパスポートか健康保険証の写し)
      • 収入証明書類(源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、直近2ヵ月分の給与明細書のいずれかの写し)

以上が必要書類です。

WEB完結申し込みは電話連絡と郵送なしにできるのでおすすめ

モビットのWEB完結申し込みでは、申し込みから借入まで融資に関わる全ての手続きをWEB上で行えます。特徴として来店が不要なのはもちろん、郵送物や電話連絡も一切なく、しかもローンカードの発行すらなしにすることができます。

WEB完結申し込みとカード発行申し込みで結果連絡の方法は違う

カード発行申し込みの場合⇒審査結果が電話かメールでの連絡
WEB完結申し込みの場合⇒メールでの連絡
になっています。
また、WEB完結申し込みではローンカードの発行はないので、審査結果の連絡メールが送られてきたら内容を確認して入会手続きをし、入会完了メールが送信されればすぐにカードローンの利用が可能です。(もちろんカード発行を希望することもできます)

モビットの審査基準と審査で重要視される情報

申し込みに当たって一番の心配は、審査を通過できるかどうかではないでしょうか?審査では何をチェックされるのか、審査通過するために特に重要なことは何か、しっかりポイントを押さえておきましょう。

代表的な審査基準と特にチェックされる3つの項目

カードローンの審査で特に重視されるのは、

  • 他社からの借り入れがどのくらいあるのか(件数、金額)
  • 現在の年収がどのくらいであるか
  • これまでのキャッシングの借り入れ履歴や返済履歴などの信用力

の3項目です。
他社からの借り入れがあるのが悪いという訳ではありませんが、比較的新しい借り入れが複数あると、お金に困っていると見なされて審査に通る可能性が低くなります。
また、年収は借り入れ可能金額の決定や返済能力に直接関わることですので、しっかりチェックされます。
そしてこれまでカードローンの借り入れで延滞や未納などが1度もないことが理想的です。

学生、主婦、自営業が借りるには、安定した定期収入の有無がカギ

学生や主婦ならアルバイトやパートなどで、自営業者の場合も毎月安定して一定金額の収入があることが条件になります。
つまり「収入の多さよりも、収入が安定しているかどうか」に重点が置かれます。よって、アルバイトやパートであっても、勤続年数はできるだけ長い方が収入が安定していると見なされます。
残念ながらアルバイトをしていない専業主婦の方など、収入のない方はモビットを利用することはできません。

審査が不安なら、10秒簡易審査で借り入れ可能かチェックしよう

審査を受けてから結果が出るまでの間、不安な時間を過ごすのがどうしても嫌だという人は、すぐに審査結果が出る10秒簡易審査を受けると良いでしょう。
ただし、先にお伝えしたように10秒簡易審査を受けると、カードローンへの申し込みの事実があったとして個人信用情報に記載されますので、モビットを利用する意思のある場合だけ受けるようにしましょう。

モビットの審査に落ちる3つの原因と対策

こんな場合はモビットの審査を通過することができない、という条件もいくつかあります。審査に先立って該当する点がないかぜひチェックしてください。

審査に落ちる原因とそれぞれの対策

モビットの審査に落ちてしまう大きな原因は3つ。それぞれに該当する場合にはどういった対策をするべきか、あわせて見ていきましょう。

    • ①借入希望額が高い場合

消費者金融であるモビットのカードローンは、総量規制によって収入の3分の1の金額までしか借り入れることはできません。例えば300万円の収入がある人なら借入できる金額は100万円までとなります。

しかし新規で借り入れる場合、モビットに対して信用が何もない状態ですので、限度額まで融資されることはほとんどありません。
また、むやみに高い希望額を申請すると、「返済できないのにお金を集めようとしているのでは?」と疑われ、審査に落ちやすくなります。
必要最小限の希望額で申し込むことが大切です。

    • ②属性が悪い場合

属性とは年収や勤務先、勤続年数、年齢などの個人的な情報を指します。アルバイトやパートよりも正社員、勤続年数は1年以上あれば問題ありませんが、一般に3年以上あるのが理想的とされています。
もちろん年収は高いに越したことはないでしょうが、先ほども述べた通り「安定度」が審査の重要ポイントですので、額面はあまり問題にはなりません。

    • ③過去に金融事故を起こしている場合

属性よりもさらに重視されるのが信用情報です。過去に金融事故を起こした事実が信用情報に記載されている間は、審査を通過できない可能性が非常に高くなります。
長期延滞なら延滞解消後1年から5年、破産や任整理など債務整理の場合だと5年から10年の間、登録情報は信用情報に残り続けます。
「返済するという約束を守らなかった証=事故情報」なので、貸し手からすればわざわざそのような方に融資したくないのは当然ですよね?

審査に落ちると保険会社の信用情報に傷がつく

カードローン審査に申し込みをしたという事実は個人信用情報に登録されます。申し込み履歴があるのに契約した形跡がないと、審査落ちしたのだと判断されるでしょう。しかも審査落ちが短期間に複数あれば、金銭的に困った状態にある方とみなされ、返済能力に疑問を持たれてしまい、審査落ちの大きな原因となります。

審査に落ちたら6か月はキャッシング・カードローンには申し込まないでおこう

カードローン審査の申し込みをしたという記録は最大6ヵ月間信用情報に登録されます。その期間を過ぎれば記録は削除されますので、一度審査に落ちたら6ヵ月間は次のカードローン審査に申し込みをしない方が良いでしょう。

モビットの増額審査の解説

モビットのカードローンの利用限度額をもう少し増やしたい、というのなら増額審査を受けなければなりません。
「増額を希望する=最初に認められた限度額以上の借り入れを希望する」ということなので、審査が最初の申し込みより厳しくなる可能性があります。

  • 毎月遅れることなくキチンと返済できている
  • 定期的に借り入れをしている
  • 最初の申し込みから6ヵ月以上経過している
  • 他社からの借り入れ件数や金額を増やしていない、または減らした
  • 年収がアップした

などモビットからの借り入れに対して信用を積み上げられている場合や、自分の属性が高くなったような場合であれば、増額審査を試みることをお勧めします。

モビットの増額審査はコールセンターに電話する方法と、会員専用サイト「Myモビ」の「目的から選ぶ」→「登録変更」→「増額審査を申し込む」から入力して申し込み方法があります。

モビット

mobit-banner
審査時間
10秒簡易審査 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年3.0~18.0% 

※審査時間は、申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

モビットに申し込み

モビットカードローンはグループ企業の強みを最大限に生かして、手続きの簡素化と迅速化を実現させています。インターネットなら24時間365日、オペレーター対応は土日でも21:00まで可能になっています。融資を急ぐ方や、シンプルな手続きを希望する方、特にWEB完結申し込みの基準を満たす方にはぜひお勧めしたいカードローンです。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧