キャッシングアカデミー

消費者金融、銀行カードローンの返済日を徹底解説!

キャッシング・カードローンを利用している人は融資を受けている金融機関の返済日を知っておく必要があります。返済期日を把握しておけば、返済期限を過ぎることなく、スムーズな返済ができるでしょう。またキャッシング会社によって指定の返済日や返済期間が異なる場合があります。ここではアコム、プロミス、モビット、アイフル、新生銀行カードローンの返済日と返済日の変更、延長について紹介します。

消費者金融・カードローンの2つの返済方法

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンには大きく分けて約定日制サイクル制の2種類の返済方法があります。約定日制は毎月の返済日を固定する方式でサイクル制は返済を行った日から35日後を返済期日にする返済方式です。これらの返済方式について詳しく紹介します。

支払日を固定できる約定日制

約定日制の返済方式は「毎月5日」など毎月支払う日にちを指定して支払う方法です。メリットとしては返済日が決まっていますため、返済計画が立てやすいことです。また、給料日直後を返済日に指定すれば、お金がなくて返済が滞るということも避けられます。返済方法を約定日制にして口座振替にした場合、返済日に自動引落になります。
yakutei
※アイフル公式ホームページから抜粋

借入日から35日周期で返済日が決まるサイクル制

サイクル制は返済日の翌日から35日後が次回の返済日になる制度です。(初回の返済日は借入日の翌日から35日後)

メリットとしては、返済期日以前ならいつでも返済可能なので、自分のペースに合わせて返済ができることです。「臨時ボーナスが入ったから早めに返済しておこう」など、その時の状況に合わせられるのいいですね。また、返済中に追加で借入もしても返済日は前回返済日の35日後は変わらないので安心です。

cycle
※アイフル公式ホームページから抜粋

どちらの返済方式がいいかはお金を借りた人の生活によりますので、上記の内容を確認して自分がいいと思う方法で返済して下さい。約定日制・サイクル制の両方に言えることですが、返済期日が土日・祝日の場合は翌営業日が支払期日になるのも注意して下さい。

返済日は指定できる!各金融機関の返済日

各金融機関のキャッシングの利用残高の返済日は毎月希望の返済日を指定できる会社があれば、毎月5日・15日・25日、末日のどれかに指定できる会社もあります。金融会社によっては返済日の指定日が違うので、自分が融資を受けている金融会社の返済方式・返済日・利用残高を把握しておきましょう。またスムーズに返済するために返済日の指定は給料日後をおすすめします。

消費者金融のキャッシングや銀行カードローンの返済日

アコム

支払い方式 返済日 内容
サイクル方式 35日ごと 初回借入日、前回返済日の翌日から35日間が返済期間
約定日制 毎月指定日 毎月一定の返済日を指定
毎月6日 支払い方法が口座振替の場合、毎月6日に自動引き落とし

プロミス

支払い方式 返済日 内容
約定日制
(サイクル制なし)
毎月5日、15日、25日、末日 毎月5日、15日、25日、末日のどれか1日を返済日として指定可能
毎月5日 指定口座が三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外で支払い方法が口座振替の場合のみ、毎月5日が返済日

モビット

支払い方式 返済日 内容
約定日制
(サイクル制なし)
※毎月5日、15日、25日、末日 毎月5日、15日、25日、末日のどれか1日を返済日として指定可能。

※ATM返済型の場合、前回返済日の翌日から指定した返済日までに返済すれば、返済期日は翌月の指定した返済日に繰りのべます。

※支払い方法が口座振替の場合、指定した日(5日、15日、25日、末日のどれか)に引き落とされます。

アイフル

支払い方式 返済日 内容
サイクル制 35日ごと 初回借入日、前回返済日の翌日から35日間が返済期間
約定日制 毎月指定日 毎月一定の返済日を指定

新生銀行カードローンレイク

支払い方式 返済日 内容
約定日制
(サイクル制なし)
毎月指定日 毎月一定の返済日を指定

プロミスの初回返済期日は初回借入日と指定した返済期日によって変わる

プロミスは初回借入日と指定した返済期日によって初回返済期日が変わります。

指定した返済期日 借入日 初回返済期日
毎月5日 1日~19日 借入日の翌月の返済期日
20日~末日 借入日の翌々月の返済期日
毎月15日 1日~末日 借入日の翌月の返済期日
毎月25日 1日~9日 借入日の同月の返済期日
10日~末日 借入日の翌月の返済期日
毎月末日 1日~14日 借入日の同月の返済期日
15日~末日 借入日の翌月の返済期日

モビットも借入残高がない状態で借入した場合、上記の返済期日になります。ボーナスなどの臨時収入が入って追加返済をすれば、今月分追加で返済したことで支払う利息が低くなります。お金に余裕がある時は追加返済も視野も入れましょう。

また、どの金融機関も毎月の指定した返済日が土日、祝日の場合は、翌営業日が返済期日となります。例えば返済日を7日(土)に指定すると、返済期日は翌営業日の9日(月)となります。

消費者金融、銀行カードローンの返済日の変更方法

給料日の変更が原因でどうしても返済日を変更したい人はネットや電話から返済日を変更することが可能です。ここでは各金融機関の返済日の変更方法を紹介します。

プロミス

自動契約機、お客様サービスブラウザ(店頭窓口)、郵送にて返済日の変更が可能です。またネット上の会員サービス内にある「ご返済日変更申込」にアクセスして変更の申し込みができます。また変更内容によっては変更できないケースもあるので注意しましょう。詳しくはプロミスコール(0120-24-0365)にお問合せましょう

新生銀行カードローンレイク

お客様専用フリーダイヤル(0120-09-09-24)へあらかじめ連絡しましょう。その後会員ページ、レイクATM、自動契約機、郵送にて返済日の変更が可能です。

モビット

モビットコールセンター(0120-24-7217)←営業時間9:00~21:00にお問合せしましょう。

返済日を延長する場合は絶対に返済日前に手続きをする

指定した返済期日までにお金を用意できなかった時は消費者金融、銀行カードローンに問い合わせて相談すれば、返済日を延長できる可能性があります。しかし返済日を延長すると遅延利率(実質年率20.0%)が加算されるので、きちんと返済日までに返済をするのがベストです。

もしお金を用意できずに返済日の延長をやらざるを得なくなった人は必ず、返済日前に延長の手続きを終わらせましょう。<ここでは各金融機関の返済日を延長する手続き方法について紹介します。

プロミスの場合

返済期日から30日以内に支払いが可能なら、自動音声応答で対応してくれるので、プロミスコール(0120-24-0365)まで連絡しましょう。

しかし先ほど説明したように返済日の延長は遅延利率が発生します。プロミスの場合、実質年率20.0%の遅延利率が加算されるので、返済日の延長はやめましょう。

新生銀行カードローンレイクの場合

新生銀行カードローンレイクの会員の方は、会員ページの「ご返済予定日の登録・確認」メニューにてご返済日の3日前から返済予定日を入力していただくことができます。プロミスと同じく実質年率20.0%の遅延利率が発生するので注意しましょう。

キャッシング、カードローンを利用する人は延滞や遅延利率を避けるために返済日を明確に知っておく必要があります。「返済日はいつなのか」「返済期間は何日間なのか」など返済日について把握しておけば、返済が滞ることなくスムーズな返済が可能です。指定できる返済日や支払方法は借り入れしている消費者金融、銀行カードローンによって異なるので、ご利用の消費者金融、銀行カードローンのホームページなどを確認する、また電話で問い合わせしてみましょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧