キャッシングアカデミー

キャッシングの自動引き落としが反映されるタイミング

キャッシングは申込時の審査に通るかも重要ですが、返済時のの条件も重要です。お金を借りると、その喜びでつい返済のことを忘れがちですが、支払い計画もしっかり立てるようにしましょう。このページでは、キャッシングの返済で、口座から自動引き落としされる際、口座に反映されるタイミングについて解説しています。

キャッシングの自動引き落としが反映される時間、タイミングとは?

キャッシングの返済において便利な方法が、銀行の口座振替による自動引き落としです。これならば、キャッシング会社のATMに行けなかったときでも、確実に返済をすることが出来ます。

そこで気になるのが、キャッシングの自動引き落としが反映される時間やタイミングです。かつては、返済日の前日までに入金しておかないと、翌日の朝イチの自動引き落としのタイミングに間に合わない、ということがありました。

しかし現在では、1日に複数回自動引き落としを実行するキャッシング会社も増えてきています。返済日の朝イチにまず引き落としを実行して、午後3時前にもう1回実行すると言った感じです。

実際に、反映される時間やタイミングはキャッシング会社によって異なるもので、それを公開している会社はあまりありません。どうしても反映される時間やタイミングを知りたいのであれば、直接キャッシング会社に問い合わせをしてみるのがいいでしょう。

口座振替時に、自動引き落としが間に合わなかった場合

では、もし口座振替による自動引き落としのタイミングに間に合わなかった場合、どうすればいいのでしょうか。
キャッシング会社のATMや提携している金融機関のATMをつかって返済することも可能ですし、手動で振込みをして返済することも可能です。

手動の振込みの際に便利なのが、インターネットの会員ページです。ログインして会員専用画面から振込み依頼をすることも出来ます。
このように、口座引き落としのタイミングに間に合わなかったとしても、他の返済方法で返済することが可能なのです。

会社別、月の自動引き落し日一覧

キャッシングの自動引き落とし日に関しては、それぞれのキャッシングがホームページに公開しています。主なキャッシング会社各社の自動引き落とし日は、以下のようになっています。

  • プロミス(※):毎月5日、15日、25日、末日
    (三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座でない場合は、5日のみ)
  • アコム:毎月6日
  • モビット:毎月5日、15日、25日、
  • アイフル:毎月6日、23日、27日

(※)プロミスはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社のブランドです。
各キャッシングでは、以上の日のいずれかの日を選択して自動引き落としをしてもらうことが出来ます。理想としては、自動引き落としに間に合うようにあらかじめ入金しておくことですが、手動で振り込んで返済することも可能です。

最近では、その日のうちに振り込めば大丈夫と言うところも増えてきています。それでも不安であればキャッシング会社に確認すると良いでしょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧