キャッシングアカデミー

最終更新日:

50万円借りた場合の毎月の返済額を公開

キャッシングをする際に、最も気になるのは何といっても毎月の返済額だと思います。返済額をどのぐらいに設定したらいいか迷っているという方は、各会社で提供している返済シミュレーションを利用してみるとよいでしょう。このページでは、レイクで利用できる返済シュミレーションを紹介しています。

50万円借りた場合の毎月の返済額と返済総額

消費貸借についての利息制限法によると、借りたお金に対する上限金利はこのようになります。

借入額 上限年利
10万円未満 20.0%
10万円以上100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

これを見ると、50万円は10万円以上100万円未満ですから、50万円借りた時の上限年利は18%となります。

プロミスの返済総額を返済期間ごとに比較してみる

大手消費者金融会社のSMBCコンシューマーファイナンス(株)プロミスの情報によると、実際に50万円借りたとして月の返済額を仮に算出した場合、多少金額が異なる場合も有りますが、このようになります。

返済期間 月々の返済額 返済総額 利息総額
5年以上(58回) 13,000円 746,160円 246,160円
4年以上(47回) 15,000円 694,862円 194,862円
3年以上(34回) 19,000円 638,578円 138,578円

また、各返済期間における利息総額を比較してみました。


graph_promise_hensai


これを見ると分かる通り、返済期間が短ければ短いほど返済総額と利息総額が減っていくことがわかりますね。プロミスにかぎらず、他の消費者金融から借りる際も、できるだけ返済期間は短くしていくことでお得になることが多いようです。

もし、プロミスから借りるときは、できるだけ返済期間を短めにし、お得に借りられるように調整しましょう。

プロミスの公式サイトへ

返済シミュレーションを使ってみよう

お金を実際に借りる前に返済シミュレーションを使えば、月々の返済額や返済期間、返済総額を簡単に知ることができます。返済シミュレーション機能をホームページ上に掲載している消費者金融(消費者ローン)会社があり、会社によって入力方法は若干異なりますが、自分の返済能力に合わせ入力すると大体の返済イメージをする事が出来ます。

返済シミュレーションによって、希望の借入額とどのくらいの期間で返済を終わらせたいかを入力し月々の返済金額を計算するものと、希望借入額と毎月一定の金額で自分の返済可能な金額を入力し、返済期間(月数)を計算する方法があります。

また、毎月の返済金額と返済期間を入力し、どれくらい借入可能かを調べる方法などもあります。

返済額・返済日を決める時のポイント

自分の収入から月々どのくらいなら返済が可能か、どれくらいの期間で返せるかなどをきちんと考えることが大切です。返済日は各社によって異なりますが、プロミスの場合5日、15日、25日、末日と選択可能になっていて、その中から自分の給料日などに合わせ返済日を決める方法があります。

また、アコムの場合は前回の返済日翌日から数え35日目に返済する、35日ごとの返済と毎月希望の日にちを指定できる毎月指定期日返済を選ぶことができ、口座振替の場合は毎月6日に自動引き落としされます。給料日すぐの日にち指定返済は、計画的に返す方法として良い方法かもしれません。

返済額は、収入の30%を超えないようにするのがポイントのようです。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧